本日、自由民主党の中小企業・小規模事業者政策調査会の幹部会が開かれ、今後の方針が話し合われました。

当政策調査会も新体制で改めて活動をスタートします。

会長は今期も私、竹本直一が続投させていただきますが、新たに課題に取り組むために、生産性向上小委員会、事業承継小委員会を設置しました。

これにより当政策調査会の新体制は以下のようになります。

 


中小企業・小規模事業者政策調査会

会長 竹本直一
幹事長 西村康稔
事務局長 木原誠二

経営力強化小委員会
小委員長 平野達男、事務局長 福田達夫

事業承継検討小委員会
小委員長 伊藤達也、事務局長 福田達夫

中小企業金融のあり方検討小委員会
小委員長 山口泰明、事務局長 村井英樹

下請中小企業・小規模事業者検討小委員会
小委員長 山際大志郎、事務局長 宮本周司

(敬称略)


ベテランの先生方から、元気ある優秀な若手議員の先生方までが揃った、面白い調査会になりました。本日の幹部会でも専門的な意見が飛び交う活発な議論がなされましたし、今後が非常に楽しみです。






安倍総理も先の所信表明演説で述べられたように、「経済の好循環」の成否は全国の中小・小規模事業者のみなさんの元気にかかっています。今後は下請法の運用基準を抜本的に改革するなど、下請取引の条件改善に努めて参ります。
とりわけ事業承継の問題や、信用保証制度の改善などは、今期の重要課題に掲げて勢力あげて取り組んでいきたいと考えています。各先生方の知恵・お力を合わせつつ、一丸となって活動を進めていければと思います。

 

 

もちろん目標は現場の方々にとってのより良い制度設計です。中小企業・小規模事業者の方々に十分にヒアリングし、生の声をすくっていく必要があります。本ブログをお読みになった事業者の皆様方も我々のところにどんどん課題・問題点などをお寄せください。