携帯を変えない理由

テーマ:

b

ケータイってどれくらいのサイクルで換えるものだろう。


今年中にはナンバーポータビリティがはじまるから、きっと多くの人が

キャリアが変えるだろうけど、


TAKEが学生だった頃、

クルマを換えられない奴、逆に変えたい奴ってよくいたものだった。

クルマが生活を支えていた時代だったのかも。

今ではそれほど必需品じゃないのかもしれない。

クルマはコミュニケーションの場で、あれがなければ簡単には彼女を

作ったり、あわよくばエッチなことまで・・・なんて無理だった。

完全必需アイテムだったわけだ。


今は携帯電話なんだろうな。

でもこれも年代によるんだ。

僕の年代にはもう携帯は便利だけど、要らないと思うこともしばしば。


電話がかかってこなくなったらおしまいだ


なんていわれちゃうけど、TAKEの会社では携帯はセキュリティで

殆どの場面で使えないし、公衆の面前で出してはいけないアイテム

になっている。ネットではWEBメールも繋がらなくなっている。

アメブロみたいばブログやSNSも使えない。

身をおく場所が変わればスタンダードも変わる。


着信音みたいのはウザくてやってられないし、音自体もうるさい。

最近では会話自体が面倒だ。必要なことは会ってから話せばいい。


だいたいそれほど緊急な要件がどれだけあるってんだ。


これはケータイが出た頃に真っ先に飛びついたTAKEが

父から言われた言葉。これが今になって、その通りって分かった。

でも父はメールが不得手だから、話専門だけどね。


携帯を使いたがるのは10代や20代が多いんだろう。そのうち

メールだって面倒になっていくよ。結局、会って直接伝えなくちゃ

伝わらないことがたくさんあるって気がついていく。

究極的には言葉だってあまり意味がなくなっていく。

おバカなお笑いに支配されている割には、「言葉力」が強くなって

きたわけじゃない。オコチャマにも通じる低いレベルの笑いが

いまだに浸透していっているだけだ。

とはいえ、周りはまだまだ携帯をやめるところまではいっていなくて、

Wilcomだったら話し放題だから、携帯と2台持つ人も増えている。


Takeが変えない理由、それは機能は十分だし、過去2年半分の想い出

がSDカードやメールに入っているってことかな。


元カレにあったらまだあの同じクルマに乗っていて、懐かしく想う

女性がいるとしたら、この気持ち分かるかな。

AD

Y子との付き合い⑭

テーマ:

as

2人はGWの予定に思いをはせる。

東南アジアから戻ったばかりのTAKE。まだどこへも行く気はしないな。

まったりと温泉旅行・・・か。それもいいか。


私 お母さんとバンコクへいくかも


えー、また?


彼女はこれで5回目のタイ訪問


だって母が行きたいっていうから、チケットもとってくれたんだよ。


それと真剣にインテリアショップのために買出しでもしたいと思うんだ

まずは個人輸入して、それをフリマかヤフオクで売ってみるの

面白いと思わない?


家具もどれだけの大きさだったら持って帰れるかな~

洋服だったらたくさん持ってこれるよね。


彼女の母親は東京から電車で1時間くらいのベッドタウンで

スナックと喫茶店を経営していて、喫茶店は倉庫状態になっている。

そこを改装して店にしたいんだって。


Takeにあれこれと専門的な輸入書類について聞く彼女。

どうやら一枚噛んでもらいたいらしい。

サラリーマンも長くやってくるとそういった道楽的商売には

懐疑的になってくる。

でも仕事をやめて買い付けにいって、本格的にはじめたいらしい。

東洋的なアロマの匂いがどうも苦手で、食べ物もエスニック料理を

不得手としている自分には合わない気もするが、自分ではじめる

ことじゃないと割り切ると楽しそうな気もしてくる。

個人輸入じゃ、限界がありそうだけどね。



AD

Y子との付き合い⑬

テーマ:

A

Y子の家に直接訪問して、お土産を渡して2人で寛いでTVを

見る。彼女の家のケーブルTVはなぜかアニメなかりかかって

いて、いつも見るのは押井 守  作品だ。

やたらドンパチして、人が人形だかアンドロイドだか分からず、

ゲームみたいに簡単に殺されるシーンが多くてtakeは魅力が

よく分からないんだが、あのペットの犬はかわいいと思うよ。

いたらウザいけどさ。


なんて本音でいったら彼女に簡単に殺されちまうよ。


彼女は泡盛をロックで飲みながらエスニック家具に囲まれながら

アニメを見るんだ。


彼女は一通り飲まないとエッチができない。平日にあったって

純粋にエッチだけってわけにはいかず、酒のフルコースにつきあう。

酒に強い彼女だけにこれが結構厳しい(^^;

ビールを缶で3本空けてから、ワインも酒も行くわけだ。たまに

ウイスキーやウオッカにも手を出す。酒は毎日飲んでも楽しいという。

また、酒を飲んでからのエッチはサイコーだと、酔ってくると本音も

聞こえてくる。

こっちはそこそこがいいんだよな。半立ちではすっきりしないもんだ。


ここ数週間で持ち込む酒が増えた。表で飲むと食事も飲みもTAKE負担。

エッチお預けの日だってある。ついつい酒とエッチと支出について

考えてしまう。結局からだだけが欲しいのか。


彼女はエッチもフルコース欲しがる。必ずバックから付いて欲しいとも

言ってくる。こんなエッチな女は今までいなかった。


エッチだ


と言うと彼女は逆に燃える。もっともっととおねだりするようにハート型の

お尻を向けて振ってくる。

終わったあとの一服。それも彼女の楽しみ。


今晩も彼女の家で泊まっていくことにした。

お酒が汗に変わって急に冷えていくのが分かる。

それと同時に、心と体がついていっていないことを自覚する。



AD

東南アジアの夜⑤

テーマ:

A

バンコクといえば多くの旅行者が埋没する街。

何がすごいって、物価が安い、変化に富んでいる、多国籍な雰囲気、

風俗が安くて容易に女を買える、ドラッグが比較的簡単に入手可能

ってところが人気なのだろう。安宿もたくさんある。


特にここで風俗にはまるとなかなか抜け出せなくなると聞く。

ここでのキーワードは「マッサージ」「カラオケ」

マッサージは国営のお寺でマッサージを専門で教えているわけだから

いかがわしいというわけではなくて、きちんと学んだ人多い。

でもその実態は予備校みたいな感覚で教わったことをやっている

だけで、誰でも資格は取れるらしい。うまい、下手はピンきりだが、

しっかりマッサージやってもらおうとすれば2時間コースでそれなりに

満足できる。2時間やってもチップ含めて5000円弱といったところだろう。

もっと安くあげればいくらでもといったかんじだ。


外国人にも知られているのはMPで訳されるマッサージパーラー。

ここは言ってみればセックスありの風俗店なのだ。女性達はひな壇上の

ガラスケースの中に入れられて、男達はそこから胸についた番号で

気に入った女性をチョイスする。そこから個室に連れられていって、

マッサージ30分、セックス30分といったプレイが待っている。

明らかにルックスがきれいな子は別のショーケースがあって、金額が

違っていたりする。


大抵の女の子がエビちゃんみたいなルックスしてみたりして、かなり

「惜しい!」くらいに似ている・・・日本人好みのかわいい子もかなりいる。

サービスもソープランドなどで研究している様子。

チップ込みでも、5000円ほどでフルコースで楽しめるといった具合だ。


タイの子は貧しい家の出身が多く、人になつきやすいという。

女性を買うという響きはいかがわしいし、余り気がすすまないが、これで

貧しい親兄弟を食べさせている若い女性もいるという。

また、学生や別の仕事との掛け持ちで、学費や生活費を身体を稼ぐ子も

多いんだ。びっくりするくらい勉強熱心で、小さいメモ帳に日本語や英語の

勉強をしている子も少なくない。


まだまだ知らないことも多いと感じる東南アジアの夜。

東南アジアの夜④

テーマ:

3

バンコクの夜は異様なほどの熱気がある。

日本人向けの区画があって、そこでは

流暢な日本語を話すお姉ちゃんたちが店先で

お出迎えしている。


今回はその話じゃなくって、外国人向けに詐欺が

横行しているって話。

日本人がまず向かうのはスクンヴィット周辺にある

ショッピングセンターはさておき、寺院周辺だと

思う。ワットポーってタイ王室の寺院があるんだけど、

そこはしょっちゅう、外交上の理由とか、高官や

王宮の理由で閉まる。その間に観光客は締め出される

んだけど、そこで売り込みがはじまる。

下手ではない英語で、話かけられて日本には知り合いが

いるだの、歴史に興味があるだの、友好的なことを

言い出す。今日はワットポーしまってアンラッキーだったけど

代わりにラッキーブッダっていうのがあるよ。それに

今はタイシルクのバーゲンも近くでやっているよ。

それから、タイにきたならこの2つは見ておいたほうがいいよ。

って言ってくれる。

親切にトゥクトゥク(低排気量のバイクを改造したタクシー)

まで取ってくれる。


そこから悪の連携がはじまる。別の寺院は15分くらいの

距離にあり、そこには別の仕掛け人がいて、信仰深げに

お祈りをしている。こいつは話しかけてくるなと直感したら

案の定近づいてきて、どこからきたのか、私はタイの

ビジネスマンだが、近くでシルクのバーゲンやっていて

自分は5着買って、2割割りびきしてもらった、だの

話をしている。これが話がうまい。

どこも仕掛け人はただのパスする人で、あとは巧妙に

後工程に携帯ででも連絡しているのだろう。


最後は工場直営といわれるタイシルク屋でスーツや

コートを作るという嘘話にひっかるかどうか。

ここでは巧妙な英語で、いかにも有名ブランドに

卸しているのだと、雑誌や商品タッグだけを

見せながら嘘話を展開させる。


こうして騙されて購入する人も多いのだ。

一着5万円。本来価格は20万だといわれ、クレジットカード

は使えず、キャッシングで引き出させようとする。

商品は届くが、シルクには程遠く、安物ののヨレヨレで

寸法も適当な品が2-3ヶ月で届く。


仏様の前で嘘を平気でつく。これだけ英語が出来るなら

別の仕事もできるだろうに詐欺行為に加担する。


高いところから水は流れる

といった発想のもと、金がある人からはふんだくって当然。

それが詐欺や嘘もあり。こう思っている東南アジア人は

たくさんいる。素敵な笑顔で純朴な性格で日本のことを

尊敬している・・・だなんて日本人が勝手に作った幻想だ。

金や資本が物を言わせているだけだ。

戦争が生んだ憎しみだって簡単には消せはしない。

東南アジアの夜③

テーマ:

u

カラオケ店のテーブルで店のお姉ちゃんがストリップショー

をしている。その脇で女性たちが盛り上げてチップを請求

する。お姉ちゃんたちも男性陣で指名して選んだ相手。

ママさんが仕切っていて、途中でチェンジも出来る。

ストリップはギリギリまで頑張って、演技して、ペアの

男性を壇上にあげて一緒に踊ろうとする。

これもやんやの喝采となる。

店内でのプレイはこれぐらいまでと限られているらしい。

その後はママがやってきて料金交渉になる。


ショートとロング。ロングでUS$50-100くらい。タイでは

相場が1500バーツくらいからだろうか。要はおねえちゃんを

ここで買ってホテルにお持ち帰りするわけだ。

欧米人の出張者もよく連れ帰っている。これが5つ星ホテル

だっていうのにホテルも容認している。


いい女にあぶれたら、ホテルのディスコへ行ってみると

(バーが大抵併設されているから別に踊らなくてもいい)

カラオケで男を捕まえ損ねた女たちがたくさんいて、

ほっておいても向こうから声をかけてくる。

そこはフロントを通らなくてもいいのだから、そのまま

部屋へ直行できる。


東南アジアの女性たちはファッションにも気を使い、

眉だって細くして書いているし、日本のファッション雑誌を

回し読みしている。日本語歌詞の歌だって10曲は歌える。

欧米人は乱暴で、奴隷のようにエッチを仕掛けてくるので

嫌いだという。それでいてチップ払いも悪い。

女性達は大体20代に見える。郊外にたくさんの兄弟と

住んでいるケースもあり、一家の稼ぎ頭になっている。

男と一泊して帰ることでタクシー代も浮くし、収入にも

なる。これがODAといえるとは到底思えない。肯定論者では

ないが、ここまでセッティングされて、事情も知ると断りきれ

なくもなってくる。


東南アジアの夜②

テーマ:

pika

東南アジアの夜はまずは接待で料理を食べることに

なる。ご当地の料理は辛いか甘いかの両極端。

唐辛子を使いたがるのはなんででしょう。

パクチーも苦手。

あまり食べないのも失礼なので、薦められるもの

食べることになるが、これが大変だ。ホテル住まい

で運動もできないし、朝早く夜遅いからホテルの

フィットネスなんかにもいけない。

そんなにゲテモノが出てくるわけではないけど、

ツバメとかでてきたっけ。なんでも挑戦してみよう

と思うのは20代くらいまでで、食に関しても保守的

になるものなんだよね。ちょっときつい。


それから2次会なんだが、東南アジアで

カラオケといったら、女性がサービスしてくれる

店という解釈でほぼ間違いない。

日本でカラオケにいくという意味とちょっと違う。

国際クラブやらキャバクラみたいな入り口の

店も大差はない。中は個室から10人くらいまで

入れる部屋があって、カラオケを楽しみ、

おしぼりをもった女性が横で接待してくる。

日本人通しは女性を大して構うこともなく、普通に

日本語で会話する。

それから誰かが歌っている時におさわり自由時間

となる。女性も平気でキスしてきたり、男性のものを

触ってきたりする。


東南アジアの夜

テーマ:

a

なぜか先日から東南アジアづいているのか、出張でも

東南アジアへ行くはめになった。

だいたい東京本社のやっている仕事なんて、なんかの

手伝いやサポートばかり。だって、連結で収益上げている

んだから、業務になって当たり前。

今回のミッションは市場が不安定になってきているので

販売店を回って、今後の戦略を立てるといったもの。


アジアの従業員は大抵、日本人を見ると尊敬してくれる。

中国や韓国と違って、敵対的な感情はむき出しにして

こない。フィリピンはちょっと危険だけど、タイ、マレーシア、

インドネシア、シンガポールはいたって安全・・・なんて

油断していると、タイで邦人が殺されたり、インドネシア

では武力集団が外国人を誘拐したりする。

歴史的な背景をすることも大事だし、貧富の差が思わぬ

危険を生むから油断できない。


赤道直下で熱い。じめじめするし、建物は冷房がききすぎる。

贅沢や豪華な象徴。冷房は最大のサービスと思っている節

がある。日本じゃ弱冷房になってきているんだけどね。


そんな中、夜のサービスはまたまた熱かった。


R


やっぱり子供ちゃんだったか・・・

おじさんに好かれるような優等生ちゃんの

子供ちゃんだったらもう少しスマートに

立ち回ってよ。


テニスマンガをドラマ化したHappy!は

4/7金曜TBS系で2時間ドラマとして放送されて、

どうやら一回完結だったらしい。

ほっときましたが、どーも、マンガをドラマ化すると

くさいというかつまらないというか、

そいつは無理だろうって絵がどうしても出てくる。

わざとらしい。

最近では花より男子(だんご)がそうだった。


大人がまじになって見てはいけません。

見せたい対象が違うんだから。

小学生と、その子供を持つ親に向けて作っている

んだから大人の恋愛もお色気もあるわけがない。

一体何を期待して録画してまで見るわけなんだ?


兄の借金を抱えさせられた海野幸はプロテニス選手

として借金を返していくわけです。追いかけるヤクザが

逆にファンになって応援してくれる・・・

雨上がり決死隊の宮迫の演技は嫌いじゃない。

肝心の相武紗季はまぁまぁがんばっていましたね。

近頃の20歳の中でははっきり言えていいんじゃないですか。

次のドラマは上戸彩との共演でスチュワーデス役だそうです。

女優としての経験が浅いから演じられるのは自分より

年下役まで。上戸彩でって世間一般よりも子供ちゃん。

「高校教師」の頃から何も変わっていない。成長ない。


世間的にはかわいくてばかっぽいくらいのほうが受ける。

ばかかわいいって言ってみるか。

その路線をわざと狙う女優もいるだろう。私は世間知らずの

バカな女だけど、かわいいでしょ、って。

じゃないと、ドラマやCMで使い続けてもらえないものな。

あとは脱いで箔を付けるか・・・・辛い世界だな。

Y子との付き合い⑫

テーマ:

me

花見はさながら宴会と化してきて、

結構当たり構わず、火器を使ったから

管理人がやってきて注意されたけど、

料理も美味しくできあがった。


参加男性陣が増えてくると、女性争奪戦が

にわかに浮上する。


よぅ、take! Y子とはその後どうなったんだよ?


こいつさ、やる時はやるじゃんかよ。

先輩とその友達に冷やかされる。

余り嬉しくない光景なんだが、Y子は嬉しそうにも

見えた。先輩らの関心は後から加わった若い

ナースに移ったように見えた。


飲みが好きだという共通点は誰とでも友達に

してしまうらしい。ただ酒におぼれてしまう点は

誰にでもキスくらいなら許してしまうのかもしれない。

別の男に×ゲームと称してキスを迫られて、キスして

しまうシーンはちょっと信じられなかった。


おまえ妬いているのかよ


と冷やかされても、やはりなれたものではない。


こんなのは序の口って、これから酒池肉林はじまるって

わけですかい?


飲み屋の延長は飲み屋までしかたどり着かない。

シラフになってまた一から恋愛が考えられるのかい。

エッチがしたいだけなのかもしれないし。。。


悩んでいるように見えるとすぐさまに周りが酒を次いで来て

一気飲みを要求する。


そうそうY子はローリングストーンズが好きな女(いまどき?)

3月の来日にも行ったんだよね。

シンパシー・フォー・ザ・デヴィルで踊るんだってさ。

分かるかな。フラワームーヴメントを体験したかったって。

いないよな、こんな女。


昔、レニークラヴィッツが大好きな女と付き合ったことがあったけどさ。


takeはメレンゲなんて聞いている。純情な青年役さ。

宴会では危ない薬の持ち出し方法なんて話題になっている。

それから患者の幹部のお掃除や剃毛なんて話題・・・。

付いていけてないな。