かけぽん

ホント日々ツイテル!


テーマ:

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
自分は今、恵まれた環境にいたんだ。

この本を読んでみてふとそう思ったわけです。

漫画家の山田玲司さんの書いた書籍 

「年上の義務」

ー数々の有名人への取材から導いたわずか3つの義務
「愚痴らない」「威張らない」「ご機嫌でいる」
世代間の溝が深い現代の人間関係を円滑にするために必要なことー


という本。

読んでみて、自分の【今の】周りには愚痴らないし、威張らないし、ご機嫌でいる上司や先輩が多いから。
後輩もそう。少なくともパッと見た所にはいない。
遠くを見るといるけどな!

でも、近くにはいない。
これがどれだけ恵まれているか。痛感した。
自分の人生振り返って社会人として働いた間を振り返ってみて。
多分今が一番「愚痴らない」「威張らない」「ご機嫌でいる」大人に囲まれている。
最高じゃない?


実は作者の山田玲司さんとは以前お会いして食事を一緒にしたことがある。
舞台の「ノブナガザフール」という作品の3部作中の1作目の公開時に音楽を担当した作曲家の吉俣良さんの控え室で初めてお会いしたのです。

その後みんなで近くの中華屋さんに行ってワイワイと話をしたのです。

もっとたくさん話しておけばよかった。
この本を読んで本当にそう思わされた。
その時話した内容はこの本の内容とかより、山田さんのゼブラーマンの漫画の話が多かった気がする。
これは自分が山田さんの傑作「絶望に効く薬」を読んでいなかったから。
読んだ後であればこの本に近しい話で盛り上がれたのだろうなと思うとちょっと悔しいねw

いずれまたお会いする機会があると思うので、お会いしたら色々お話したい。

とにかくこの本、おじさんたち読んでくれ。
おばさんも読んでくれ。

若いやつも読んでくれ頼む。

世の中には年下の義務ばかりがある…
確かに。

「バカにされる年長者」
確かに。

「愚痴る年長者」「威張る年長者」「不機嫌でいる年長者」は周りが相手にしないので情報弱者になる。
確かに。

ネットとかでの情報強者とかって話じゃないからね。身の周りや仕事上の情報弱者って話だからね。
ここ、間違われそうで怖いけど、身の周りや仕事上の情報弱者って終わってるでしょ?
そんな上司や先輩嫌だよね?っていう話。

その他にも当然色々書いてあるのだけど、年下は駄目だと思った年上へは接待として接して実際はいない物としてしまうわけですよ。

多分みんな経験あると思うけどw

でね、本の中に出てくる一文で本当に心底共感したのは

” 努力を放棄した人は、最低限「頑張ろうとしている人の邪魔」だけはしないでいただきたいものです。”

超絶に共感した。
悶絶した。部屋で悶絶した。
電車の中でこの一文を読んでたら多分不審者扱いされるくらいには悶絶した。

自分の立ち位置の保護だけが余生の人は、本当に頑張ろうとしている人の邪魔だけはしないでくれ。
もうそこに居ていいから。なるべく関わらないから。空気程度に感じるから。頼むから若いやつが頑張ろうとするのを邪魔だけはしないでくれ。頼むm(_ _)m

あと、個人的に

「愚痴らない」「威張らない」「ご機嫌でいる」
これに1つ付け加えたいのは「興味を持つ」というところでしょうか。

本の中でも触れられていますが、同世代で一緒にいるのは心地いい。
しかし、他の情報が入ってこないことで最終的には先細りする…

確かに!

自分は色々な世代と比較的話をしている方だとは思うのだけど、それでも全然足りてないと痛感している次第です。

”楽な同世代と付き合っていると、人生は確実に先細りになっていく。新しい物が入ってこない人生は、新展開がない退屈なドラマみたいになるのだ。”

そうなんだよね。これなんすよね。
ただ、若い世代と接していても偉そうに接してしまっては意味がないわけですよ。
こういうところもちょっと勉強したいなって思いました。

あんまり偉そうに接してるつもりはないけど、それはあくまで受け手の問題だからね。

あと「オフライン老人」って言葉が凄い刺さった次第。

詳しくは読んでくれm(_ _)m
宣伝とかじゃなくて、めっちゃ共感出来たので長文書いてみました。

久しぶりに良い本と巡り会えたと思います。
年上の義務 (光文社新書)/山田 玲司

¥799
Amazon.co.jp
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。