ポルトガルがEURO2016で優勝した翌日、

俺はMontijoを出発する。



町外れのフェリー乗り場。

リスボンには陸路でもいけるのだが、かなり大回りになってしまうので、

フェリーを使うことにした。



時間にして20分ぐらいだったかな。

船はリスボンの市内に到着した。

海岸線をひたすら走っていく、


町中がEURO2016の優勝で賑わっている。

国旗を靡かせた沢山の車が、盛大にクラクションを鳴らしながら、

あちこちを走り回っている。


広場では人が集まり、騒いでいる。


なんだか俺はめだたい日にゴールするんだな、

これも何かの縁だろうか。


Cascaisという街で買い物を済ませ、海岸線ではなく、

内陸を突っ切ってロカ岬を目指す。


このCascaisという街から、ひたすら登り坂だ。


風が強い、

時折押して歩く、

今回の旅で5本の指に入るぐらいの強風が吹き荒れる。

最後にとんでもないステージを用意してくれたものだ。


本線からロカ岬への分岐を曲がると、

下り坂が始まる。



そうして、遂に灯台が見えてきた。



ロカ岬の看板、



観光客が多い、

おかげさまで、最果てという感じは全く無い。

ただの観光地。

自撮り棒を持って、写真撮ったり、

キャーキャー騒いでるのを眺めながら。


正直、車とかツアーで来て、何が楽しいんだ?

と、そういう目で他の人を見てしまう。



別に自転車で来た事が凄いとか、

そういう事を自慢したいわけじゃないと言いたいが、

そう思う自分がいたのは確かだ。


かと言って、それをその場の人に自慢したところで、

凄いと思われる前に、俺の品格が下がるだけだろう。



とりあえず・・・風つぇぇ。



上海を出たのが2015年の6月15日だった。

この日が2016年7月11日。


実に393日を費やして、この日、俺はユーラシア大陸横断を達成したのだった。



中国の上海から、ロカ岬までは17779kmあった。




【ここに地終わり、海始まる】


と、石版に書いてあった。


さて、奮発して買ったお酒。

オリエンタルな装飾に味わい。

東からやってきた俺には旅のゴールに相応しいお酒だ。


風に吹かれながら、最果ての地にてグイっと喉に流し込む。

くぅぅぅぅぅ!!最高ッ



この日はロカ岬でキャンプ、

とはいえ、灯台周辺にはキャンプできそうな場所が無いので、

数百メートル戻り、わき道に入ったところでキャンプ。

風も防げていい場所だ。


そしたら、ストーブに火をつけて、お湯を沸かし、タコをゆで、

それをつまみに、酒を飲む。


そして、ギターを取り出し。ストラップを肩にかけ。

弾き始める。

この歌を歌うのは、今回の旅では最後だろう。


【深夜高速】


この1年間の出来事を思い出しながら歌った。



翌朝、先日とは打って変わり、静かなロカ岬に戻ってきた。

やはり風は強く、自転車を立てかけるにも一苦労だった。



逆光・・・


折角なのでギターを抱えて写真を撮ってみた。

写真を撮った後、ギターを地面において、カメラを撤収しにいった隙に、

ギターが風に吹かれ、地面を滑ってフェードアウトしかける。

すぐさま追いかける。


朝っぱらから何してんだか(笑)



さぁ、大陸横断は終わったけど、

リスボンに戻らなきゃな、

後50kmほど、最後まで集中を切らさずに行こう。



ではでは次回へ続く。


AD

ユーラシア大陸横断の最後の国、ポルトガルに入国したRYOです。

のどかダナー。


交通量は皆無、流れている時間もどこかゆっくりしている。

途中でMouraという街により、スーパーマーケットに寄る。

物価はあまりスペインと変わらないが、ビールは高くなったと感じた。


Mouraの先に湖があったので湖畔でキャンプ。




えへへへへ、ポルトガル産のワインとビール。

いつもどーりだね。



翌日もひたすら走る。暑いよぉ。

馬が日陰から、こんな暑い日に自転車で走るなんて・・・

というような眼差しで見つめている。


EN521号線を走る。

途中にTorre de coelheirosという小さな村があり、

カフェがあったので、そこで一休み、


キンキンに冷えたビールを注文する。

330mlで85セント。

過去最安値を更新しました。


しばし休憩してから再び走り出す。


アップダウンに加えて、直射日光の下では50度を超える気温の中

民家もなく、日陰も少ない道を汗まみれになって走っていく。

そうして、Evoraという大きな町に着く。


宿を探す、しかし翌日は土曜日、更に

ここは世界遺産にも登録されている、

故にホテル10件ぐらい回ったけど、全て満室。


高めのホテルが空いてたけども、泊まれる額じゃなかった。

うーん、やっぱ観光地は事前に予約しておかないとダメだな。


町外れにキャンプ場があるが、面倒になったので、

この日はそこらへんの公園で寝ることにする。


そうと決まれば観光。




サンフランシスコ教会。



おぉ、なかなか良い感じ。



人骨堂、

教会の壁に生みこまれた5000体にも及ぶ骸骨。


メメント・モリ

人は必ず死ぬ、それを忘れるな


という意味の元つくられたとかなんとか。


英語の説明書もあったけど、

長文の英文は苦手だし、知らない単語だらけだった。

それを読む努力・・・は俺には無いようだった。

とりあえず、考えるな、感じろ!!



一通り見終えたら、町外れの公園に向かう。
小さな公園だし、すぐ近くに民家があるが、まぁいいや。

逆に安心かもしれない。


芝生の上に寝っ転がり眠る。


朝6時、


望まない目覚めを余儀なくされた。



至る所でスプリンクラーが作動し、あっというまにびしょ濡れ。

畜生!!俺は急いで寝袋を仕舞い、荷物をまとめ、

眠たい目をこすりながら走り出す羽目になったのだった。


そんな日の夕方には、

リスボンのすぐ横のMontijoという街に着いた。

とうとうココまで来た。



1泊25ユーロ

この日は宿を取り、ネットに接続して、

リスボンの宿を予約する。


エヴォラで学んだのだ、シーズンの観光地では、

ネット予約しとかないと大変だということに。


夜、


定期的に町中が賑やかになる。

そうか、この日は、EURO2016の決勝戦、

ポルトガルVSフランスの試合だったな。


そして


23時ぐらいだったろうか、

一斉にクラクションが町中に鳴り響き、

町中の人が歓声をあげる。

大勢の人が外に集まり、歓声をあげながら街を巡回する。



試合結果を見なくても分った、

ポルトガルが優勝したんだな。


しかし、とんでもない大騒ぎだ、

気づけば夜通し、町中でクラクションが鳴り響いていた。

ホテルの前の道も人びとが行列を作り歓声をあげながら歩いていた。


ヨーロピアンのサッカーにかける情熱は凄いなと思った。





そしてそんなEURO2016決勝戦の翌日、

俺は旅のゴールにたどり着くことになる。







次回、遂に大陸の終わりに・・・



AD

スペイン第4の都市のセビリアに着いた。

そしてクロアチア以降初めて、自腹で宿に泊まった。

あぁ、ベッドで眠るなんてフランスの友人宅以来だなぁ。


宿に荷物を置き、軽く散歩する。

泊まった宿はThe Nomad Hostel

日本人にも有名な宿だし、スタッフが新設で設備も綺麗なので、

過ごしやすいホステルだ。



セビリア大聖堂にやってきた。

世界で2番目に大きな大聖堂。

あのアメリカ大陸を発見した、コロンブスのお墓もここにあるという。



イスラム教が支配していた時代には、この場所には大きなモスクがあったという。

レコンキスタ以降、モスクを壊し、その場所にこの大聖堂を作ったらしい。



大聖堂の横にあるヒラルダの塔は昔、モスクのミナレットだったという。


チケットを買えば、大聖堂内部にも入れる、

観光客がかなり多いので、気合を入れていこう。

俺にはその気合が無かった・・・




夕方のスペインは陽気だ、バスカーが道端で本場のフラメンコを披露していた、

その音を聞きながら、バルに赴き、ビールを飲む。

この賑やかな雰囲気がとても好きだ。

騒がしいんじゃなくて、賑やか。いかにもスペインだ。



夕方、街に灯り。

夏は暗くなるのが22時近い。



これを見たかったんだ。夜のライトアップされた大聖堂。

かっけー。




満足、満足、大満足。

さて宿に戻る。



翌日もダラダラ散歩、

のついでに昼間っからバルに行き、冷えたビールを流し込む、

夕方からはバスキングに行くも、思うように行かない。

うむむ、セビリアのバスキングのレベルは皆高いよぉ。


結果的にバスキングは2日で3時間演奏して、

収入は11ユーロ。


はい頑張ります。




とりあえずビール。


宿の屋上がバルになってるので、夜はここで酒飲んでた。

とても良い環境じゃないか。




この宿はネットも早いので、最近の出来事を調べていたら、

ZABADAKの吉良さん亡くなってしまったんですね、ご冥福お祈りします。

とても好きなミュージシャンで、

たまたま流れていた(五つの橋)を聞いたときの衝撃はいまだに忘れられない。

俺もこんな音楽をやりたいと思ったんだ。


さて、


セビリアには3泊してからポルトガルに向けて出発。

宿から4kmほど走り、スーパーマーケットで買い物をし、

財布を開けると、宿のカードキーを返し忘れていて、

膝から崩れ落ちそうになった。


たかが4km、されど4km、

僕は来た道を戻り、市内を走り、宿に戻り、

カードキーを返却し、再び4km走り、スーパーマーケットに戻ってきたのだ。



この日は山道、N433号線は、常に道の横に柵があり、

野宿できそうな場所が全く無い、困ったナァ。

標高650mほどのAracenaという街を通り過ぎる。


丘に城がありカッコいい。



柵が無い横道があったけど、横道の横にも柵がある。

このN433号線、本当に野宿できる場所が少ない。



ファームの入り口の横に伸びてた小さな道で野宿。

まぁ車は入ってはこれなそうだし、平気だろう。


明け方に労働者の車が何台かファームの入り口を通っていたが、

こっちには気づいてなかったようだ。


ふぅ、よかった。




スペイン最後の街、Rosa De La Frontera

この街からN433号線を逸れて国境を目指す。


そして、

看板も何も無いけど、国境。

GPSを見ると間違いなくここが国境。

なんもねーぜ。


とりあえずポルトガル入国。

実感ねぇ。


けども、最後の国ポルトガル。

さぁ、ゴールに向けてラストスパートだ!!


AD