橋の下の野宿の翌日。

しばらく走るとこのような看板がある。

サッビオネータという町のようだ


左下にユネスコのマークがかかれている。

別に世界遺産ハンターというわけではないが、

寄らない訳にはいかない。



この街も城壁で覆われていて、小さな門から街に入る。




城門はこんな感じ、階段は見張り櫓に登る為だろうか?

しかし、前日といい、城壁に覆われた町が多い、

かつて争いが多かったのだろうか?



この日は日曜日という事もあり、

露店が街中に出店されていた、

これは良いタイミングに訪れたようだ。



絵画が売られている。

バイオリンで、フニクリ・フニクラを弾いてる人がいて、

いかにもイタリアらしいメロディーを感じながらのんびり見て回る。



教会の時計塔。

しばらくすると、大きな音を立てながら鐘の音が響きはじめる。

街中に響く鐘の音はいいものだ。


モスクのアザーンもそうだったが、

教会の鐘の音も、聞いていて心落ち着く感じになる。


この後、パルマという大きな街を通り過ぎた後、

コレッキオという小さな町のベンチで休憩してたところ、

ネパール人たちに声をかけられて、彼らの家に行く。



そして、気付けば・・・3泊していた。

イタリアでネパール人の優しさを知る。



イタリアでは、とても多くの黒人やアジア人を見かける、

移民として来てる人や、ワークビザで働きに来ている人がいる。

彼らもそのうちの一部だった。



一緒に酒飲んだり、

ネパール式に、ご飯を手で食べたり。

これまでに経験したことのない、ネパールの文化をイタリアで経験しました。


みんな!!

デレデレダンネバード(=゚ω゚)ノ



コレッキオの街を出発してから、山道になる。

えっちらおっちらと登っていく。



道路標識に落書きってのは、色んな国で見かけたけど、

イタリアで見かけたこの落書きは、センス高すぎて笑った。


Bercetoという町に寄ってみる。



村の教会



内部はとてもシンプルだった、

飾り気もあまり無く、機能特化型の教会だなと思った。



峠の手前から、追いついたり、追い越されたりしていた、

ジョン&ルーシー

ミラノからローマを目指して夫婦で旅をしているという。

お互い仲良しやんけね。


彼らから、明日は大雨がくると、教えてもらった。

良い情報をありがとう。

そうすると今日、テントを張る場所を考えなくては・・・


グッドラック!!(20分後に再会)



峠の標高は1041mでした。



この峠の横には、教会が建っているので寄ってみる。

おぉ、とても良い雰囲気の佇まい。



内部もとても美しい、

そして、初めて見るタイプの間取りの教会だった。

えっと言葉じゃ説明しづらい・・・



こぢんまりとした峠の教会。
これまで訪れた教会の中で一番美しいと思った。




イタリア語分からないけども、

恐らくここらへん一帯は巡礼の道になってるらしい。

実際、ザックを背負って歩いている人を沢山みかけた。


四国のお遍路みたいに、ここらへんも、巡礼者が訪れる場所なのだろう


そして峠から、一気に下り坂。

明日は雨なので、

街に近く、人目に付か無い場所を探してテントを張る。



良い場所みっけ!!

こんなに空は晴天なのに、明日は雨か、

願わくは晴れてくれ。


さて、結果はいかに??


次回へ続く。






















AD

メストレのキャンプ場にいたとき、

ネットに接続して、今年のニュースを一気に読んでみた。


安い給料で過酷に働く人もいれば

政治金を私用に使う政治家もいるし、

五輪のエンブレムパクリ問題やら、

賄賂の問題やら。

事実を隠蔽する報道の自由やら・・・



今の日本を見てると将来に希望を持てない。


今年上半期に、(日本死ね)という言葉が話題になったが、

現状じゃ、ほっといても勝手に死ぬ国だと思う。



保育士の賃上げのニュースを見た。

ほんのわずか給料が上がったと思えば、

税金を私用で使うバカ共がいる。


これなら、若い頃に遊びまくって、

後は生活保護を受給して生活するほうが、

賢い生き方なのかもしれない。



さて、冒頭から暗い話すみません・・・

あまり書きたい内容でもなかったんですけども、

ニュース見てたら、今の日本ってオカシイなぁと思い、

ついつい書いてしまいました。

上の内容については、無視してくれると助かります。





さて、メストレのキャンプ場を出発した。

そして俺は非常に困っていた。


ストーブのガスがねぇ!!

ヨーロッパでは、こういうガスをよく見かける。

スーパーマーケットにも売られてるぐらいだ。

しかし、俺のストーブには対応していない(涙)



とにかく、アウトドアショップを探しながら走るも、

結局見つからず、

しばらくは、食パンとシリアル生活だな。




思いのほか、メストレを出て以降は走りやすかった。

スロベニアからメストレまでが走りづらく、

嫌だなぁと思っていたが、メストレ以降は結構楽だ。


サイクリングコースもチラホラ見かける。



最近、天気に恵まれない。

この写真を撮った後、2分間ほどのゲリラ豪雨により、

パンツまで浸水。




途中にお城があった、

雨宿りついでに観光していこうと思ったが、

入場料が8ユーロと激高なので、先へ進む。


走ってると、ドライブ中のイタリア人から、

お菓子とドリンクを貰う、グラッチェ!!



エステという街に到着、

アウトドアショップに行くも、俺のストーブに対応したのは無かった。

あらためてガソリンストーブの便利さを思い知る。

やはり旅をするなら、ガスよりガソリンの方が便利だ。


街には、城壁があったので、観光していく。




城壁の中は公園になっていたので、自転車を置いて散歩して、

時間を潰す、


エステの街の横には、コッリエウガネイ州立公園があるので、

この日はそこで野宿する予定だ。



そういう訳で野宿、

もそもそと、ハムと食パンを食べる、

早くガスを手に入れたい所だ。

翌日は晴れ、

モンタニャーナという町は、城壁が入り口になっており、

要塞っぽくてかっこよい。



城壁の中は、至って普通なイタリアな光景。



教会前にて。




街の出口。




ミンチョ川を渡った先にある、マントバという町。

面白そうな街っぽさそうだが、交通量が多く、

この日の野宿予定地までまで距離があるので、

寄らずに先へ進む事にする。



予定ではもう20km先に行こうと思ったが、

雷鳴が響き始めたので、近くの橋の下で野宿することにする。

しばらくすると雨と雷がやってくる。


空に沢山の閃光が走る。

風が強く、木の枝が大きな音を立てて折れて落ちて行く。


大雨なのだが、橋の下はあまり雨がこなくて、

快適な睡眠をとることが出来た。



翌日は快晴快晴、超快晴。

荷物を積んで走り出す。



次回へ続く。






AD

漫画、ワンピースの、偉大なる航路(グランドライン)に位置し、

造船業の盛んな都市、


(水の都 ウォーターセブン)


そのモデルになったベネチアに来たのだ。



泊まっているキャンプ場からベネチア島までは9kmあるので、

バスで行く。


チケットはキャンプ場レセプションにて購入、

片道チケット1.5ユーロ

往復チケット3ユーロだ。


流石はイタリア、デザインに凝っている、とてもかっこよい。

バスに揺られて10分ちょっとでベネチア島に到着。




どん!!


うぉぉ。スゲー、マジで水の都やん。

大きな水路から小さな水路まで、まるで血管のように、

ベネチアの島中をめぐっている。


そのため、車両は一切なく、

交通手段は、船か歩きのみなのだ。



街並みもイタリアって感じ!!


黒髪の長髪の背の高い女性がいたら耳元で

(CP9です)って呟きてぇー。




島を流れる最も大きな水路。



水路を自由に走り回る船。

この街では警察の巡回も、救急車もすべて船なのだ。



小さなキオスクからお土産屋まで、あちこちで仮面が売られている。



さて、イタリアといえば、ピザ。

そして俺も宅配ピザ屋で2年3か月働いていた経歴を持つ男。

ふふっ、本場のピザの味を味わおうじゃないか。


ん・・・

お・・・

あ・・・


美味しい!!特にチーズが。

(食レポ下手)



けど、日本人の口に合うように作られてる分、

ピザーラのピザの方が、日本人としては馴染みやすい味だったなぁ。


中華料理とイタリア料理は、

全く最高すぎるぜ。



小さな水路は生活感が溢れていて好きだ。

裏町のマイケルとホイケルがいそうな雰囲気だ。



この日は一旦キャンプ場に戻る。

3泊分の料金を支払ってあるので、

またベネチアに来よう。



さて、夜飯作るか。

このナイフとも、もう10年以上の付き合い、

毎日毎日ありがとー。


2日目は天気がいまいちなので、

のんびりキャンプ場で過ごす。


3日目の午前中に再びベネチア島に訪れる。

海鳥・・・コイツ、他の鳥の死骸食ってるんだけど、

意外と雑食なんだな、



ベネチアの水路は意外と汚く、ドブ臭い。


ふと思ったのだが、ベネチアでは、上下水は一体どうしてるのだろう?

海抜0mに等しいこの島で下水処理は難しそうだし、

飲み水の確保も難しいだろうし・・・


飲み水は本土から運んでくるとして、

下水はどうやって処理しているのだろうか。

海中に下水道を通すのは難しそうだなしなぁ。

かといって海に垂れ流しだと、衛生的にアレだしなぁ



物流もすべて船。


楽器店があったので立ち寄る

そうか、マンドリンってイタリアの楽器だったなぁ。


店頭に並ぶ、ラウンドマンドリンに、フラットマンドリン。

ラウンドマンドリンを弾かせてもらう、

久しぶりだなぁ、このフレットの狭さとか・・・


サムピックを3つ購入、



世界3大カーニバルの1つ、ベネチアカーニバルでは、

仮面が使われる訳で、仮面のお土産屋とか、本格的な仮面屋が

多くあるわけだが、


とにかく、


ゼルダの伝説、ムジュラの仮面(なんと懐かしい・・・)

久々にやりたいなと思いました。



ベネチアの中心地、サンマルコ広場に到着です、

とんでもないほどの人混みです。



建物に入るには入場料がかかるし、

行列が長く、待ち時間も長そうだったので、スルー。



古代ローマを彷彿させるような建築。






サンマルコ広場を散歩してたら雨が降り始めてきた。


しまった・・・キャンプ場に洗濯物干したままだ。

明日出発予定だから、それまでに乾かすのは無理だなぁ、

しくった。


まぁいいや、雨に打たれながら歩く。

雨が降り出すと、路上の物売りが傘を売り始める。



ベネチアの街は、地図が無いと、行きたい所に辿り着くのが大変だ。

いや、地図を持っていても現在地を探すのに一苦労だ。


町全体が迷路のようで、水路に陸路を阻まれ、通行止めの路地も多い。


この島を歩いて思った事は、


ここをスマホで、SNSやGPSを駆使して、

大人数でドロケイしたら面白そうだなと思った。


ドロケイやらポコペン、缶蹴り、

最後にやったのいつだろうか・・・



キャンプ場に戻り、雨音を聞きながらブログを書く。

かなりの土砂降りだ、

結局その雨が翌日も降り続き、延泊することにする。


さてワインを飲みながら、ブログを一気に更新して・・・

後は、イタリア語を勉強しようと思いきや、気づけばギター弾いてたり。

平常運転の5月12日でした。



さて、5月13日には出発しよう。




ではでは次回へ続く。

AD