フィリピンに目を向けろ

テーマ:

フィリピン南部マラウィ、軍と過激派が激戦 死者300人以上に

6/18(日) 9:08配信 AFP

 フィリピン軍は17日、同国南部ミンダナオ(Mindanao)島のマラウィ(Marawi)の一部を占拠しているイスラム過激派武装勢力に空爆と砲撃で攻撃した。1か月近くに及ぶ戦闘でこれまでに軍と過激派、民間人を合わせて300人以上が死亡している。

(中略)

 マラウィの北東に位置するブトゥアン(Butuan)の軍駐屯地を訪れたドゥテルテ大統領は記者団に対し、「(マラウィには)シリア、インドネシア、マレーシア、スリランカ、そしてアラブ人のISIS(ISの別称)戦闘員が存在する」と述べ、「火あぶりや斬首など残酷な殺人法を習得した中東の戦闘員を相手にしているため、航空兵力を使う必要がある」と付け加えた。 

(中略)

 外国人を含む数百人規模の武装勢力は先月23日、ISの黒い旗を掲げて、イスラム教徒が多数を占める都市マラウィを襲撃。ドゥテルテ大統領は、襲撃はISが同国内に拠点を作る作戦の一環だとして、掃討作戦のためミンダナオ島に戒厳令を布告した。専門家によるとISの拠点設立は東南アジアに「カリフ制国家」を築きたいISの野望実現のため重要だという。
 フィリピン軍はマラウィの戦闘に関し、これまでに少なくともチェチェン、イエメン、マレーシア、インドネシア出身の過激派戦闘員8人が死亡したと明らかにしている。フィリピン政府によると、マラウィではこれまで過激派戦闘員225人、軍兵士59人、民間人26人の310人が戦闘で死亡した。

(一部記事場抜粋)

 

フィリピンのミンダナオ島では

テロからの大きな戦闘行為が起きているにもかかわらず

TV等での扱いに疑問に思う
欧州のテロには過分に報道するのに
なぜ、同じアジアである
フィリピンのテロには反応しないのだろうか

 

対話で解決しないから

このようなことが起きているのだろうけれど

武力でも解決できないという矛盾

負の連鎖は永遠に続くのか・・・

AD

リブログ(1)

リブログ一覧を見る