障害者支援の衆院委 ALS患者の出席拒否 与党側が反対
2016年5月11日 東京新聞朝刊 
 衆院厚生労働委員会で十日に行われた障害者総合支援法改正案を巡る参考人質疑で、当事者として意見を求められていた難病の筋萎縮性側索硬化症(ALS)男性患者の出席が拒否された。関係者によると、民進党が男性の出席を要求したが、与党側が反対した。障害者のための法案を審議する国会の場で、差別とも受け取られかねない対応があったことに批判が集まりそうだ。
(一部記事抜粋)

『国会審議にALS患者の出席拒否』の真相と本質的な問題点
投稿日: 2016年05月13日 07時48分 ハフィントンポスト
私は事実が知りたくて、先ほど岡部さんと電話とメールで話しました。
以下が事実です。
『当初、本件の参考人陳述者は陳述内容から岡部副会長が適任との判断から、参考人出席依頼(4月28日衆議院厚生労働委員会委員長より)を承諾し、5月10日の委員会出席を準備予定しておりました。
その後、連休中日の5月2日に、民進党議員より
「委員会内で各政党の参考人に対する質疑に岡部副会長では時間がかかり質疑が十分できないので別の人に代わって欲しい」との意見があり、調整が難しいので、申し訳ないが常務理事に代わって欲しいとの要請がありました

最終的に岡部副会長より
法案審議で当協会の意見陳述を優先することから参考人変更を受け入れたい意向が示され、了承しました。
但し、参考人陳述者の選考において
看過できない障害者差別があると判断し、10日の意見陳述の冒頭に岡部副会長のコメントを紹介しました。』
(一部記事抜粋)

いさ進一@isashinichi(公明党衆議院)
委員会の場にいましたが、事実は異なります!
民進が難病患者の方を呼びたいと理事会にはかり、委員長はOK。すでに出席登録されてたものをなぜか、民進党みずから差し替えました。
与党側が障がい者を排除したかのように言う「関係者」って誰?
17:20 - 2016年5月11日

浦野靖人 衆議院議員@uranoyasuto(おおさか維新)
事実と違いますね。理事会でも委員長一任となり、渡辺委員長が了としました。その後に参考人を差し替えたのは民進党自身。仮にですが、意図的にこの様な報道を狙っての事なら許されない。
障害者支援法:審議にALS患者の出席拒否 与党が反対
0:29 - 2016年5月12日


山井氏のツイートは削除済み

マッチポンプかな?

出席登録していたが
民進党からの要請で差し替えたというのが事実

結局、
日本ALS協会の金沢常務理事が出席したわけで
これを単純に与党悪と報道するマスコミもどうなのだろうか?
問題があるとすれば
質疑に十分な時間が割けなかったということだろう


報ステも結局
体質が変わらないのかなw
AD