だめ男のだめブログ

日頃の出来事、映画、時事ネタ
たまにマラソンの話を
適当につぶやきます


テーマ:
オスプレイ、平均より低い事故率
 オスプレイは事故が多発している印象が強い。だが実は、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)に配備される海兵隊仕様のMV22は、海兵隊が所有するヘリを含む航空機の平均事故率より低い。
 オスプレイは開発段階で4回の事故を起こしているが、(1)整備ミス(2)エンジン出火(3)操縦ミス(4)システム不具合-と原因は異なる。うち平成12(2000)年に19人の死者を出した事故は、米軍の要員が初めて搭乗した「お披露目飛行」だっただけに衝撃が広がった。
 普天間飛行場への配備通告目前にはモロッコと米フロリダ州でも事故を起こした。ただ、モロッコで墜落したのはMV22だが、フロリダ州の事故は空軍仕様のCV22。両機の機体は9割方は同じだが、運用はMV22が人員・物資輸送、CV22は特殊作戦という大きな違いがある。フロリダ州での事故後にまとめた10万飛行時間あたりの事故件数を示す「事故率」はCV22で13・47。一方、MV22は1・93にとどまり、海兵隊所属のヘリを含む航空機の平均事故率2・45より低い。
(一部記事抜粋)

オスプレイ
MV22: 事故率 1.93
CV22: 事故率13.40

ハリア(垂直離着陸機)
AV8B: 事故率 6.76

ヘリコプター(海兵隊大型輸送機)
CH53D:事故率 4.15 

海兵隊所属航空機(ヘリ含む)
平均値:  事故率 2.45

普天間への配置のオスプレイはMV22である
事故率が高いというイメージ先行で
思考停止しているのではないか?

動画が見れない方は こちら

対中だけではなく
対韓に対しても
しっかりと国防を考えなければいけない

韓国、自国の大陸棚延伸申請へ…沖縄トラフまで
 韓国外交通商省当局者は5日、東シナ海の自国の大陸棚を、沖縄近海の海底地形「沖縄トラフ」まで延伸することを認めるよう求める申請書を、月内にも国連の大陸棚限界委員会に提出すると明らかにした。
 石油や天然ガスなどの開発権を確保する狙いだが、日本と中国が自国の大陸棚とする海域と重なり、今後、日中韓の外交摩擦に発展する可能性がある。
(一部記事抜粋)
PR
いいね!した人  |  コメント(0)

[PR]気になるキーワード