2010-06-01 20:13:21

マイク音質比較!SM58とSENNHEISERe945 聴き比べ

テーマ:♪ボーカルお役立ち
皆さんはマイマイクはお持ちですか?


スタジオライブハウスに置いてあるマイクをそのまま・・・」


って方が多いのではないかと思います。



そして、スタジオライブハウスでは定番のSM58SHURE58)が、


どこにでもある定番マイクとなり、お馴染みの方も多いかと思います。





SM58は、実は40年前に発売されたSHURE社(シュアー)のマイクで、


他のマイクに比べ、耐久性に優れているのと、


定番化している為にイコライジングがやり易い理由から、


大くの場所で定着し使用されているようです。(お値段もお手頃!)


しかし、発売40年のこの代表選手!



音抜けが悪い・・・



と、プロボーカリストの間では毛嫌いされている現状もあります。


やはり、時代の進化と共にやはり無理が出ているように思います。


同じSURE社であれば、改良版のBETA58Aの方が、


音抜けも良く評判も良い感じです。



人によって声質が違うため、ベストマイクが決められませんが、

中には主に楽器録音用のBETA57Aを使われる方もいらっしゃいます。




そんな私は最近、ドイツ製のSENNHEISER e945を購入しました。




このマイクは、高クオリティマイクですが「人を選ぶ」とも言われており、


同社の「SENNHEISER e935」の方が無難!との評判も高いです。



そして、e945より少し割安ではあります。


近くの楽器屋でも試す事が出来ず、1種の賭けではありましたが、


思い切って購入して大正解!今までのマイクとは全然違います!!


そこで、実際に同じ歌のフレーズをアカペラ録音しましたので、


是非、参考にしてみてくださいね!


同じ歌い方で歌いましたが、違いはありますのでご了承ください。

※少し重いファイルになりますので、
ブロードバンドの方のみダウンロードしてお聴きください。
※再生音量にご注意ください。

(無圧縮のwavファイルを使用致しました。)


SM58


SENNHEISER e945


"Billy Joel Honesty」(オネスティ)"のサビの部分より



聴き比べると、違いがよ~く!お分かりになるかと思います。


高域の抜けがとてもクリアなのが分かります。



手に持った感触も、e945はズッシリと重さが伝わりますが、


58マイクを手で握る際のノイズが全く無く


上級クラスのマイクらしさを感じさせます。(お値段は張りますがあせる



コチラのマイク!「ゆず」の北川さんも愛用しているとか?


テレビ番組を見ても、今や58マイクではなく、


ほとんどのシンガーが、”SENNHEISER製のワイヤレスマイク”


を使っているのをよく見かけます。評判いいのですね!




ボーカリストに取ってマイクはとても重要!


「取りあえずコレでいいや!」では、


大事な皆さんの個性も発揮されてないかも知れません。


★皆さんも、ご自分に合ったマイマイク!選んでみませんか?
PR
2010-04-03 07:52:43

ボーカル録音練習(録画)の重要さ

テーマ:♪ボーカルお役立ち
皆さんは歌の練習をする時に、録音練習をされてますか?

ライブなどをする時は、録音録画はされていますか?




先日、私も久々に自分のライブを録画して見てみました。



全然あかん・・・ショック!



ピッチ、リズム、バランスなど自分で予想もしていない箇所が失敗!



さらに、ビデオ動画で見たステージでの動きやMCなど・・・



気持ち悪いです!(笑)



ステージ中の細かな動き一つも、演奏以外の気を抜いたところなど・・・



若い頃に、何度もこのショックを経験してますが、久々に味わいました。



やはり・・・



自分で自分が歌いながらでは分からないものです。



改めて、客観視の重要さを感じました。



誰もが自分で自分のモノを見る時は怖いと思います!





恥ずかしいし、傷つくのが怖いからでしょう。





でも、逃げたらダメです!





成長がありません。





ずっと、そのまんま!





さて、どうします?





脅しではありません。(笑)





実は、こうやって自分に言い聞かせてますにひひ





関連記事

手軽にデモ音源制作とボイトレ練習が出きる最強アイテム!

PR
2009-12-12 23:34:43

バックコーラスを自動でやってくれる便利な機械

テーマ:♪ボーカルお役立ち
先日、バックコーラスのハモリに関する記事・・・

バックコーラスのつけかた(アレンジ編)
バックコーラスのつけかた(歌い方のポイント編)

をご紹介しましたが、


ソロ活動のアーティストの方や、

バックコーラスを頼める友達がいない!(笑)
     (上手くハモレる人がいない方)など・・・


もちろん、生身の人間でバックコーラスをするのが理想ではありますが、
ライブ時に行えるひとつの方法として、あれば便利な機械のご紹介です。


                それがコチラダウン


TC HELICON ( ティーシーヘリコン ) / VoiceTone Harmony M



ボーカル専用のハーモナイザーです。
さて、この機械、一体どうやって使うのかというと・・・



この機械にマイクとキーボードをMIDIで接続、演奏を始めればキーボードのコード進行に追随し、リアルタイムでハーモニーを付けてくれるというものです。通常のハーモナイザーに比べ、コード追随型なら応用が効きますよね!


私の様な弾き語りアーティストや、打ち込みバックのソロアーティストの方
キーボード&ボーカルのデュオでもいけちゃいますね。


わざわざ人間連れてこなくても、
手っ取り早く一人で合唱ができます(笑)



「いやいや!俺は、ギター&ボーカルだ!」


と、言う方にもコチラがございますよ↓

TC HELICON ( ティーシーヘリコン ) /
   VoiceTone Harmony G

TC HELICON ( ティーシーヘリコン ) / VoiceTone Harmony G




★you tubuにデモ演奏があったのでご覧ください↓



「タ・カ・ミ・ネェ~?」の発音がイマイチ!(笑)
PR

[PR]気になるキーワード

★何でも揃い便利ですよ↓


★ボーカリストアイテム①
MIDI&スピーカー内臓
携帯にとても便利な
ミニ鍵盤キーボード
車内での発声練習や
戸外での作曲にも♪
(僕も10年使ってます!)
紹介ブログ記事へ

★ボーカリストアイテム②
発声練習の必需品!
声の音程が計れる♪
音も出せて・・・
メトロノーム付☆☆
紹介ブログ記事へ

★ボーカリストアイテム③
コレ1台で簡単デモ制作!
4トラMTR&カラオケ搭載
紹介ブログ記事へ

★音楽制作に関する本