shake's countrylife

新たな音楽的展開を求めて富士山麓に移住したshakeが、自然から受けるインスピレーションを綴ります。

web siteリニューアル。12月よりブログもリニューアルしたweb siteの方へ移行します。
>>>木暮"shake"武彦 web site<<<

ニューアルバム 「儚」 10/9 in store.
web siteにて発売中。
→  WEB SHOP

最新のライブ情報はこちら → LIVE SCHEDULE

12月18日~木暮“shake"武彦・小川清史 TOUR"オンボロの車、転がして"2013

>>>前売メール予約<<<

  作曲家、R&Rギタリストとしてレベッカ、レッドウォーリアーズで一世を風靡した後、渡米。30代前半の5年間をカリフォルニアで過ごす。
 様々な音楽的、思想的追求の後、「人はもっと自然と通じ合うべき」という結論により、新たな音楽的展開を求めて2003年、富士山麓に移住。2011年、自然から受けるインスピレーションをもとに水と光の魔法発表。
 その後2年間に渡り、数々のライブツアー、野外フェス等を経て、本作2ndアコースティックインストゥメンタルアルバム「(はかない)」リリース
$shake's countrylife

通販ご希望の方は → 
取材等のご依頼はこちら → 
Twitterボタン
Twitterブログパーツ

mixiページ





テーマ:
以前にもご連絡したように、web siteの大幅リニューアルに伴い、ブログもweb site内へ移行します。
http://www.psychodelicious.com/

こちらのブログは閲覧可能にしておきます。
しばらくの間、スケジュール等informationはアップして行く予定ですが、shakeのブログはweb siteよりご確認下さい。

新しいブログにもコメント可能です。

またweb shopに2014カレンダーを追加しました。
http://takehikokogure.cart.fc2.com/
お支払い方法に、新たにpay-pal機能を追加しました。

お問合せは >>>こちら<<< からお願いします。

shake宛のメッセージは >>>こちら<<< からお願いします。

今後ともよろしくお願い致します。
AD
いいね!(29)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
「儚」のツアーも佳境、今週は東北の旅。

去年の春に初めて一人で東北全県を回ったツアーを思い出す。
郡山、仙台、石巻、山形から月山、鳥海山を見ながら日本海側を通って秋田、十和田湖、八甲田山を回って青森、そこから大船渡でチャリティーをやり、陸前高田経由で家に戻った。

最後はやっぱり疲れたが、今も強烈に記憶に残っている。
これだけツアーをしていると、旅としてはすべてが心に残るわけではない。

震災の事もあったが、心の中の旅も移動した時間、距離に比例してるみたいだ。
大変な事こそ、思い立ったときはやるべきなんだろう。

しかし毎回思い立てるわけではない。
今回は石巻、秋田、仙台の3カ所だけ。

石巻ラストラーダは震災でビル後と使えなくなり、前回から新たに別の場所に移っている。
前回、チャリティーをやりたいと言ったが、通常のライヴとしてやって欲しいという事だった。
被災地で音楽を仕事にしている人の気心意気なのかもしれないと思った。

終演後、何人かで飲みに行き震災の話を聞かせてもらった。
みんな先が見えない中で、大変な体験を笑い飛ばそうとするのが印象的だった。


秋田の地理はまったく把握出来ていない。
前回は郊外でやったようだったけど、今回は街中なのか?

昔は頻繁に行っていたけど、いつも連れて行かれていただけだったし。
イヴェントの時に男のファンの車に乗りこんで、夜の町をドライヴした事があって、それが一番強く記憶に残っている。
今回少しは街を把握したい。


仙台はこの夏のジャズフェスに出たおかげで、ぐっと身近な街になった。
街中が音楽に浮かれている中、仙台のバンド、化石の森に混ざって野外ステージでエレキギター弾いたり、ガス局中庭の芝生の上で一人、アコースティックギターを弾いた。

思えばこの日はふたつとも野外だった。野外での演奏は何かが確実に違う。
エレキギターをグチャグチャに弾いてハイになったあとで、ガス局の中庭は雨上がりの灰色の世界の中で緑だけがやたらと濃かった。
たくさんの人に見つめられてスローにアコギを弾き、妙にアンニュイな気分で不思議な気持よさだった。

今回も、各地当たり前にやらずに、毎晩何か違った楽しさに出会いたい。


shake's countrylife

山の上に魔人が。

shake's countrylife


shake's countrylife

ドラゴンに変身。

shake's countrylife


shake's countrylife
AD
いいね!(32)  |  リブログ(0)

テーマ:
週末、金曜日は久しぶりにラママでイージーウォーカーズのライヴにゲスト出演した。
ゲストと言っても、一緒にセッションするわけではなく、いつものアコースティックで。

イージーを見に来た人には突拍子も無かったと思うが、みんなちゃんと聴いてくれたし、俺も良い気持ちで魔界を披露した。

久しぶりに会ったリュウは相変わらず礼儀正しかったが「ずいぶん遠い所に言っちゃったんやなあ」と言っていた。そういわれるとそんな気もして来たが、俺からするとずっとそこにいたのかとも驚く。久しぶりのイージーは華やかさは失わず、ますます年期が入って、バンドの歴史の中でも一番カッコ良かった。リュウやジミーと久しぶりに会えてうれしい時間だった。


木暮人映画祭の方は大きなスクリーンで映像作家の中野裕之さんの自然映像と共に演奏した。
いつもとまったく違う映像との演奏で曲のつなぎなどもまったく違って新鮮だった。

うまく行ったと思うが、
もう少し内容に関しての打ち合わせする余裕があったら、もっとエンターテイメント的に面白く出来たかもしれない。
美しさと気持よさに寄り過ぎた気がした。



ここのところ、ビートチャイルドの映画が上映された事で、会う人に良く昔の話しをされる機会が多い。WOWWOWでの尾崎の特集番組ではレコーディングに呼ばれたときのエピソードを話した。

自分にとって80年代は振り返ろうとすればすぐそこという感じだが、もう歴史の中なんだと感じる。そして今度はポニーキャニオンからまたレッドのベスト盤が出る事になった。もういくつもベスト盤は出ているが今回のは珍しい曲のライヴテイクがいくつか入っているのでそれは良いと思った。

2013年もあと1ヶ月。
時間はどんどんスピードアップしている感じだが、今週末は久しぶりの石巻と秋田。
そして夏のジャズフェス以来の仙台ヘヴンでのライヴ。

俺も年末に向かって突っ走れだ!



shake's countrylife

イージーのリハを見ながら指ならし。

shake's countrylife

良く人には以上に指が長いと言われるけど、実際長さは普通。
指が細いので見る角度によって長く見えるのだが、この写真、まるでチンパンジーの指みたいだ。

shake's countrylife

どこでも魔界。
魔界は魂の故郷なのだ。

shake's countrylife

木暮人映画祭。
中野さんの映像を巨大なスクリーンで見ながら演奏。

shake's countrylife

楽屋の親子。

AD
いいね!(36)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。