「心のバリアフリー」のススメ! ~目指そう、「さりげない配慮」と少しの「勇気」~

生きていく中において、障壁になることやもの、また人間関係での障壁など、様々な「バリア」がありますが、その克服法として僕のいろいろな気付きや情報を紹介しています。よろしくお願いします。


おはようございます。
竹倉です。

本日は、
[その人にしか分からない、「ちょうどいいいポジション!」]
ということで、
お話したいと思います。


◇◇◇◇◇

靴下とか靴って、
誰かに履かせて貰うと、
履き心地が
ちょっとイヤな時が多いですよね。


っていうか、

そんな誰かに履かせて貰う場面なんて
ないですよね...



僕は左手が麻痺の具合で使えないので、

5,6年前の入院中だとか、
リハビリでベッドに寝転ぶ時とか、

装具や靴下とかを
その担当者に履かせて貰う場面が
あるんですね。

(現在は基本的には自分でやるのですが、
 やや時間が掛かるので、
 急ぐ時とか環境によっては
 履かせて貰っています。)



先程も言いましたが、

その誰かに何かを履かせて貰った
履き物の履き心地って、

けっこうな確率で、
ちょっとイヤというか、

シックリしていないことが
多いんですね...(@_@)


マジックがユルユルじゃねーかとか、
靴下が
足の小指に引っ掛かっているよとか...etc.


「そんなもん、言えばいいだろ!」


まぁ、そーなんですが、


細かいヤツだと思われるのも嫌だし、

その場で自分で直してたら、
なんか文句あるみたいで...(T_T)

また、
担当者がコロコロ替わって、
その都度言うのも
まぁまぁおっくうなんですよ...(--;)


だから、
人目につかないところで、
後でこっそり直しています...(--;)

「かなわんな~!」と思いながら...


◇◇◇◇◇

さて、

片手で靴下を履く際に、
必需品になるものがあります。


「ソックスエイド」

というものです。





これは、
僕が使っているものなんですが、

これで、どうやって靴下を履くんでしょう。



はい、

使い方は至ってシンプルで、

まず起き上がって、
ベッドに座った状態になり、
この「ソックスエイド」に、
靴下を履かせます。

(これは、なんとかして片手で履かせます)


そして、
足にセットしておいて、

この付いているヒモを
一気に引っ張って、
靴下とソックスエイドを分離することで、

靴下だけ足に残って
履ける感じというか...


実際にやってみると、
「な~んだ」って思うんですが...



でもこれも、

一気にヒモを引っ張った時に、
引っ張る方向や
ソックスエイドに履かせた靴下の加減が
少しでも悪いと、

足の小指に靴下が
引っ掛かってしまって
やり直しになるんですよ...(T_T)


でもこれなら、
自分のちょうどいいポジションで履ける!



このように、

ちょうどいい「ポジション」って
けっこう重要なんですよ...(^-^)





ちなみに僕は時々、

息子とミニカーで遊んでいる時、
これを「トンネル」にしています...(笑)



◇◇◇◇◇



最後まで読んでいただきまして、
ありがとうございました。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

たけちゃんさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。