ほいみんの のんびり日記

人生は旅である。誰もが言っているつまらない言葉だけど
本当なんだからしょうがない。


テーマ:

去年の夏ぐらいだろうか、ぴこちゃんのフンが
おかしい、と奥さんが気付きました。

 

その時は、挙動は特におかしな事もなく、病院に連れて
行っても特に問題となる菌が出るわけでもなく、様子を
みましょうという事になりました。

 

それが始まりでした。

 

秋から冬にかけて、ぴこちゃんの挙動や調子が徐々に
おかしくなってきたらしいのですが、先生に診せても
様子をみましょうという返事。私がみても、確かに
言われてみればおかしいかもしれないけど、今までも
たまにあることだし、単に調子が悪いのではないかと
やりすごしていました。

 

奥さんだけは、絶対にそんなことはない、毎日見て
いるのだから間違いがない、おかしいと言っていて、
気になってはいたのですが・・・

 

12月位からか、ぴこちゃんの体調が悪い日があるのが
少しわかるようになってきました。

 

体、特にお尻のほうが膨らんだようになり、フンが
なかなか出なくなってきました。

 

奥さんは、精巣腫瘍ではないか、と疑っています。

もしそうなら最悪の事態のようなのです。

 

この精巣腫瘍という病気はセキセイインコ、特にペット
として飼われている子にはとても多くて、雄の多くは
割と若年期からでもこの病気を発症する事が多いよう
なのです。そして、摘出手術は非常に困難を伴うため

基本的に根治できません。

 

一般的に生き物の精巣は熱にとても弱いため、通常は
外に飛び出ています。でも小鳥は空を飛ぶ都合で
体の中、背中側から腹中にくっついています。

 

精巣は、常に高い温度に晒されるとどんな生き物でも
腫瘍が発生しやすいのですが、加えて、ペットとして
飼われている小鳥はいつも快適な環境と仲良しの
飼い主さんがいるため、自然状態と違って常に発情
状態になりやすいのです。それが体温を上昇させ、
発症のきっかけとなります。

 

セキセイインコ♂の寿命を決める、もっとも大きな
病気だという事を今頃知りました。

 

ただ、この病気はホルモンが原因の場合が多く、兆候が

わかりやすく現れることも多いようなのです。が、

ぴこちゃんにはその前兆症状(ろう膜の変色=メス化)が
認められませんでした。なので病院の先生も様子を
見ようという事で過ごしていたのです。

 

今の病院では詳しい検査はできないので、もし本気で
病気を疑うなら転院する必要があります。が、お世話に
なっている病院を変えることは、他に保護野鳥を診て
いただいている事もあっていろいろと難しく、なかなか
ふん切れませんでした。

 

でも、奥さんがどうしても気になるといい続けていた
ことと、さすがに目に見えておかしくなってきた事も
あり、先日、別の病院で詳しい検査を受けてきました。

 

レントゲンとエコーをとった結果は・・・やはり
精巣腫瘍。すでにだいぶ大きくなっているとのこと。

 

治療は対症療法でできる限りのことをやるか、

困難承知で手術しかありません。でもここでは

手術はできないので、やるならば病院を紹介して

いただくことになります。

 

ただ、この手術はとても難しく、成功率は5割か

6割か・・・という所、そして、手術しなければ

2か月か、1年か・・・という話でした。

 

ショックでどうしたらよいかわからぬまま、また別の
日に、紹介された病院にぴこちゃんを連れて行き

ました。病気に関する情報はぎっしり詰め込んで。

 

病院までの距離がどんどん遠くなって、出発から家に
帰るまでが6時間・・・。

 

小さなケージに無理やり入れて往復するだけで消耗して
しまう小鳥には大変なのですが、とにかく何か手だてが
あるなら、と必死です。

 

再検査の結果は、先生のニュアンスとしてはもう少し
悪く、ここまで進んでいると手術は五分五分か・・・
チャレンジという感じになってしまいます、と。

 

そして、放置したら1~3か月ぐらいでしょうか、
もうおなかに水が溜まってきていて呼吸もちょっと苦し
そうですし、と。

 

手術するにしても予約で少し先になってしまう、と
いう事だったので、そこまで進行が速いなら放置する
よりは手術に賭けた方がいいんじゃないかと思い、
10日後に予約を入れてきました。

 

ここまで放置してしまった自分を責めてもぴこちゃんが
よくなるわけでもなく、ここ数日はどうしたらよいか
途方に暮れていました。10日後に突然いなくなって
しまうかもしれない事を考えると恐ろしくて仕方が
なく、とにかく調べられることを全部調べて、調べて、
調べて・・・

 

やっと、自分の中で決心というか覚悟ができたので
こうやって書いています。

 

出た結論は、手術のキャンセル、そして最後までどん
なに苦しくても見守ってあげようという事でした。

 

ぴこちゃんが苦しいなら、一緒に苦しもう、できる
限りの事をしてあげよう、ということを決めました。

 

冷静になって、過去の手術の話や病気の経過のことを
片っ端から調べたのですが、手術で五分五分というのは
リスクがあまりに高すぎます。余命が短い事を考えても
高いと感じます。

 

それに、数字のトリックも感じます。悪意のあるもの
ではないのですが、患者側が勝手に勘違いしやすい

表現のようで・・・。

 

何故かというと、5割が手術失敗(おそらくそのまま
目を覚まさない)という事だけでなく、残りの5割の
中には、手術は成功したけれど体力が落ちてすぐに、
というようなケースも含まれていると思われます。

 

さらに腫瘍が大きすぎたり癒着していて取りきれ
なかったけれど部分切除はできたケースなどもかなり
あるようです。それでも延命できる可能性が見えた
のですから成功に含まれているようです。

 

でも精巣腫瘍は、見つかってから数か月以内に

亡くなってしまうケースもほんとにたくさん見かける

病気です。完全に取りきれなければ、またすぐに

大きくなってしまう事も多いようです。

 

腫瘍を取りきれずに体力を落とした鳥が長生き

できるとは到底思えません。実際に、そのような

記録が全く残っていません。

 

「成功」の意味合いが微妙なのです。完全に取り

切れて完治した例がほとんど見つかりません。

 

ピコちゃんの場合は、あくまでもニュアンスとして
ですが、取りきれることが前提ではないという話も
されていました。ならば手術のメリットはぴこちゃん
には余りなく、小鳥の手術の実験台、将来の礎として
差し出すようなものだと思うようになりました。

 

QOLが高く保たれる期待値を考えた場合、手術という
選択肢は、むしろ圧倒的に悪いとしか思えなく
なりました。

 

(繰り返しますが、病院に手術誘導の悪意はありま
せん。ただ、成功、失敗の中身、ましてやQOLの
期待値などの言及はありませんので、完治しか頭に
ないと、金銭的な余裕さえあれば、どうしても
手術に傾いてしまうと思います。)

 

最初は、いつも診ていただいている先生は何もして
くれない、と少々恨んだりもしていました。

実際そういう評判も多い先生です。でも今は、先生の
方針というのも納得しています。

 

手術で突然亡くなってしまうより、たとえ1か月でも
2か月でも一緒にいる時間を大切にしよう、それが
この子の寿命だと神様がいうのであれば、私たちの
勝手な希望で残りの寿命を博打に賭けるような事は
すべきでなく、運命を受け入れよう、と思うように
なりました。

 

中にはうまくコントロールできて少しだけ長生きした
子もいるようです。それを期待するわけではありま
せんが、今はぴこちゃんが少しでも幸せに長く
生きられることを願うだけです。

 

今は薬を増やし、少し落ち着いています。おかしいと
気づいた直後に、という程の進行の速い病気ですが、
もう少しがんばれるのではないかと思っています。

いいね!した人  |  コメント(14)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

ピコちゃんが突然我が家にやってきてもう9ヶ月になった。


最初からなつっこかった上に、とてもよく言葉を覚えて、

妻の毎日はピコちゃん中心に回転している。


とはいえ、なついているのは私。理由はわからないが、

昔から妻は鳥にあまり好かれない。(ピコちゃんに

嫌われているわけではないが)


どこに行っても、特に大型の鳥は、1分もすれば私と

仲良くなってしまうことが多いが、妻にはあまりなつかない。


先日は、かわいいキバタンがいるから、と私に見せに某

ホームセンターへ行ったのだが、私を見るや否や妻から

離れて私のほうに寄ってきた。ためしに「こんにちは」と

言ってみたらすぐに「コンニチハ」と返してきて、手を

籠から出して私の指を握ってしまった。


予想されてはいたものの、妻は

( ゚д゚)ポカーン

としていた。


話をピコちゃんに戻すと、当初、まったく言葉も覚えていな

かったのだが、とても物真似のうまい個体のようで、私が

教える言葉はすぐに覚えてしまう。新しい言葉だと思うと

ピッタリ近寄ってきて真剣に聞いている。


最近は2階にいる私に呼び鳴きが激しく、

「ピッコリーーーーン!」と鳴くので、はいはい、と下に下りて

入り口から顔を出すと、即座に

「何?」 「何?ぴっこりん?」 とピコちゃんが逆に聞いてきて、

おまえが呼んだんじゃ!とこっちが突っ込みを入れる始末。

こちらが顔を出す時のパターンをすっかり覚えてしまった。


しかし、このピッコちゃん、当初からそうなのだが、気持ちと

体調の浮き沈みが激しい。思い切り元気にしていたかと思うと、

突然下痢をして羽を膨らませて丸くなってしまう。


それでも、その状態が余り長く続くことはなく、毎日やっている

体重測定でも目立って変化はない(少し減り気味ぐらい)ので、

なんとなく放置していた。


ただ、妻は前からいろいろ調べていて、正体を突き止めていた

ようだが、何しろ小鳥の診察、治療を的確に出来るところが非常に

少ない。


基本的に獣医は小鳥には全く詳しくなく、誤診どころか、酷い

ところでは強引に扱われて殺されてしまったという、泣くに

泣けないケースも少なくない。


それでも、私がマカオ旅行中に突然体調が悪化したことがあった

ようで、有名な鳥のお医者さんを探して連絡したところ、すでに

年内は予約で一杯(一ヶ月先まで空きなし)と言われてしまった。


今月に入って、調子の悪くなる間隔が心持ち短くなってきた感じも

あり、なんとかもう一件、妻がお医者さんを見つけてきて、車で

連れて行った。


病院はボロで、中にくちばしのひん曲がったカラスなどが

数羽、強烈な鳴き声で威嚇しいて、恐ろしい?所だったようだ。


さらに獣医さんはかなり癖のあるお医者さんで、ものすごいツンデレ

(注:飼い主に ツン で 鳥に デレ) で、こんな状態まで

連れてこなかった事を妻は酷く怒られたらしいが、やはり

病名は妻が前から「断定」していた通り 「メガバクテリア」と

呼ばれる真菌類(カビ)の仕業だった。


昔はいなかったらしく、30年ほど前に突如アメリカで見つかって

あっという間に世界中に蔓延してしまった真菌で、ほとんどの

鳥に感染するのだが、特にセキセイインコに対して症状が

著しく、真菌の型によっては、あっという間に死んでしまうことも

あるという。


この子はおそらく慢性型で、最初から感染していたのだろうと

思われるが、とりあえず顕微鏡診断で確定したので、薬をもらって、

部屋を保温して、和室を「病室」にして療養体制に入っている。


実際、突然症状が重くなった感じもあり、タイミング的には

間に合ってよかった、というぐらいなのかもしれない。


ほいみんの のんびり日記-p1

今日は一日元気が無いが、幸いなことに、変な味のする

薬も、私が自分で飲む振りをしてスプーンを口に近づけると

横取りするように飲んでくれるので助かっている。


ほいみんの のんびり日記-p2

夕方になって、少し元気が出てきたので、ちょっとだけ

遊ばせてあげた。


菌の型によっては完治しないこともあるらしいが、とりあえず

一息ついた感じだ。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

私の家の南側が広大な空き地になっていることもあり、

南風は誇張なく、他の場所の1.5~2倍の強さで

吹き付ける。

 

昨日の夜の風はそれはそれは恐ろしく、不気味な音と、

何かがぶつかる音と、地震のような怪しげな揺れに

一晩中見舞われた。

 

暴風には慣れてきた私でもさすがにここまでの恐ろしい

烈風は経験したことがなく、何かが飛び込んできたら

どうしようと心配だった。

 

で、朝。

 


ほいみんの のんびり日記-b1

 

鉢植えのほとんどは50cm鉢に植え替え、しかも

レンガブロックを乗せてあったので、前回のように、

5mぐらい別の場所に飛んでいる、ということは

なかった。ただ、あったもののいくつかはなくなって

いたが、もうそれはどうでもいい。

 


ほいみんの のんびり日記-b2

 

冬の風除けのシートはさすがに大破して、鉄の支柱も

折れてしまった。これではわからないが、木槌で深く

埋め込んだ杭も抜けかかっていて、他の場所へ飛んで

被害を出さなかっただけよし、というところだ。


ほいみんの のんびり日記-b3

ごらんの通り、使い物にならないので、返しの北風が

来る前に、と一生懸命除去作業をやっていた。

 

と、その作業の途中、妻が何か血相を変えて叫んでいる。

「いんこ!いんこ!」と聞こえるのだが、何を言っているのか

さっぱりわからない。

 

猫のう○こでも踏んだか?と思ったが、窓を開けて妻が言うには、

あんたの目の前の柵に、インコが止まってる、という。

 

よーーーーく見ると、見慣れないセキセイインコが止まって

私のことをじっと見てる(・∀・)

 

そっと近づいてみるが、逃げない。

 

指を出してみると、軽く甘噛みしてきた。

 

なんでまあこんなところに、と思ったが、羽の汚れからして、

おそらく昨日の暴風でどこからか逃げ出して、一晩隠れて

いたのだろう。

 

この子供ぐらいだと自分でえさをとれないから、空腹で

ふらふらしている。

 


ほいみんの のんびり日記-b4

 

家へ入れて、えさをあげてみる。鳥を飼っていなくても、

なぜか私の家には鳥のえさが何種類も大量にある。

 

すごい勢いで食べはじめる。私の手からもばりばり

食べる。


ほいみんの のんびり日記-b5

ずいぶんと可愛がられていたようで、驚くほどなついている。

かわ(・∀・)イイ!!

 


ほいみんの のんびり日記-b6

後ろにほいみんが怪しく写ってます(・∀・)

 

放置すると、肩まで飛んでくる。近くにいた子とも

思えないので、どこかから飛ばされてきたのだろうか。

 


ほいみんの のんびり日記-b7

WANTEDの張り紙が出たら返しましょう、ということで、

ペットショップに行ってひとしきり買い物をしてきた。

 

鳥かごを嫌がることもなく、素直に入った。

さぞや飼い主も悲しんでいるに違いないが、自分の

住所や電話番号を晒してまで飼い主探しはしたく

ないので、電柱だけは注意して見る事にした。

 

 

名前はピコちゃんに決めた、と言ったら妻が不服そう

 

だったので、「じゃあ『ほっしゃん』にする」と言ったら

やめてくれ、と言ったので、ピコちゃんに決まった。

 

ジョビ子が自分の代わりに置いていってくれたのだろうか。

 

35年ほど前に、これと全く同じ(ジャンボセキセイ?)が

飛んできて飼っていた事があるが、セキセイを飼うのは

それ以来になる。

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)