ほいみんの のんびり日記

人生は旅である。誰もが言っているつまらない言葉だけど
本当なんだからしょうがない。


テーマ:

去年の夏ぐらいだろうか、ぴこちゃんのフンが
おかしい、と奥さんが気付きました。

 

その時は、挙動は特におかしな事もなく、病院に連れて
行っても特に問題となる菌が出るわけでもなく、様子を
みましょうという事になりました。

 

それが始まりでした。

 

秋から冬にかけて、ぴこちゃんの挙動や調子が徐々に
おかしくなってきたらしいのですが、先生に診せても
様子をみましょうという返事。私がみても、確かに
言われてみればおかしいかもしれないけど、今までも
たまにあることだし、単に調子が悪いのではないかと
やりすごしていました。

 

奥さんだけは、絶対にそんなことはない、毎日見て
いるのだから間違いがない、おかしいと言っていて、
気になってはいたのですが・・・

 

12月位からか、ぴこちゃんの体調が悪い日があるのが
少しわかるようになってきました。

 

体、特にお尻のほうが膨らんだようになり、フンが
なかなか出なくなってきました。

 

奥さんは、精巣腫瘍ではないか、と疑っています。

もしそうなら最悪の事態のようなのです。

 

この精巣腫瘍という病気はセキセイインコ、特にペット
として飼われている子にはとても多くて、雄の多くは
割と若年期からでもこの病気を発症する事が多いよう
なのです。そして、摘出手術は非常に困難を伴うため

基本的に根治できません。

 

一般的に生き物の精巣は熱にとても弱いため、通常は
外に飛び出ています。でも小鳥は空を飛ぶ都合で
体の中、背中側から腹中にくっついています。

 

精巣は、常に高い温度に晒されるとどんな生き物でも
腫瘍が発生しやすいのですが、加えて、ペットとして
飼われている小鳥はいつも快適な環境と仲良しの
飼い主さんがいるため、自然状態と違って常に発情
状態になりやすいのです。それが体温を上昇させ、
発症のきっかけとなります。

 

セキセイインコ♂の寿命を決める、もっとも大きな
病気だという事を今頃知りました。

 

ただ、この病気はホルモンが原因の場合が多く、兆候が

わかりやすく現れることも多いようなのです。が、

ぴこちゃんにはその前兆症状(ろう膜の変色=メス化)が
認められませんでした。なので病院の先生も様子を
見ようという事で過ごしていたのです。

 

今の病院では詳しい検査はできないので、もし本気で
病気を疑うなら転院する必要があります。が、お世話に
なっている病院を変えることは、他に保護野鳥を診て
いただいている事もあっていろいろと難しく、なかなか
ふん切れませんでした。

 

でも、奥さんがどうしても気になるといい続けていた
ことと、さすがに目に見えておかしくなってきた事も
あり、先日、別の病院で詳しい検査を受けてきました。

 

レントゲンとエコーをとった結果は・・・やはり
精巣腫瘍。すでにだいぶ大きくなっているとのこと。

 

治療は対症療法でできる限りのことをやるか、

困難承知で手術しかありません。でもここでは

手術はできないので、やるならば病院を紹介して

いただくことになります。

 

ただ、この手術はとても難しく、成功率は5割か

6割か・・・という所、そして、手術しなければ

2か月か、1年か・・・という話でした。

 

ショックでどうしたらよいかわからぬまま、また別の
日に、紹介された病院にぴこちゃんを連れて行き

ました。病気に関する情報はぎっしり詰め込んで。

 

病院までの距離がどんどん遠くなって、出発から家に
帰るまでが6時間・・・。

 

小さなケージに無理やり入れて往復するだけで消耗して
しまう小鳥には大変なのですが、とにかく何か手だてが
あるなら、と必死です。

 

再検査の結果は、先生のニュアンスとしてはもう少し
悪く、ここまで進んでいると手術は五分五分か・・・
チャレンジという感じになってしまいます、と。

 

そして、放置したら1~3か月ぐらいでしょうか、
もうおなかに水が溜まってきていて呼吸もちょっと苦し
そうですし、と。

 

手術するにしても予約で少し先になってしまう、と
いう事だったので、そこまで進行が速いなら放置する
よりは手術に賭けた方がいいんじゃないかと思い、
10日後に予約を入れてきました。

 

ここまで放置してしまった自分を責めてもぴこちゃんが
よくなるわけでもなく、ここ数日はどうしたらよいか
途方に暮れていました。10日後に突然いなくなって
しまうかもしれない事を考えると恐ろしくて仕方が
なく、とにかく調べられることを全部調べて、調べて、
調べて・・・

 

やっと、自分の中で決心というか覚悟ができたので
こうやって書いています。

 

出た結論は、手術のキャンセル、そして最後までどん
なに苦しくても見守ってあげようという事でした。

 

ぴこちゃんが苦しいなら、一緒に苦しもう、できる
限りの事をしてあげよう、ということを決めました。

 

冷静になって、過去の手術の話や病気の経過のことを
片っ端から調べたのですが、手術で五分五分というのは
リスクがあまりに高すぎます。余命が短い事を考えても
高いと感じます。

 

それに、数字のトリックも感じます。悪意のあるもの
ではないのですが、患者側が勝手に勘違いしやすい

表現のようで・・・。

 

何故かというと、5割が手術失敗(おそらくそのまま
目を覚まさない)という事だけでなく、残りの5割の
中には、手術は成功したけれど体力が落ちてすぐに、
というようなケースも含まれていると思われます。

 

さらに腫瘍が大きすぎたり癒着していて取りきれ
なかったけれど部分切除はできたケースなどもかなり
あるようです。それでも延命できる可能性が見えた
のですから成功に含まれているようです。

 

でも精巣腫瘍は、見つかってから数か月以内に

亡くなってしまうケースもほんとにたくさん見かける

病気です。完全に取りきれなければ、またすぐに

大きくなってしまう事も多いようです。

 

腫瘍を取りきれずに体力を落とした鳥が長生き

できるとは到底思えません。実際に、そのような

記録が全く残っていません。

 

「成功」の意味合いが微妙なのです。完全に取り

切れて完治した例がほとんど見つかりません。

 

ピコちゃんの場合は、あくまでもニュアンスとして
ですが、取りきれることが前提ではないという話も
されていました。ならば手術のメリットはぴこちゃん
には余りなく、小鳥の手術の実験台、将来の礎として
差し出すようなものだと思うようになりました。

 

QOLが高く保たれる期待値を考えた場合、手術という
選択肢は、むしろ圧倒的に悪いとしか思えなく
なりました。

 

(繰り返しますが、病院に手術誘導の悪意はありま
せん。ただ、成功、失敗の中身、ましてやQOLの
期待値などの言及はありませんので、完治しか頭に
ないと、金銭的な余裕さえあれば、どうしても
手術に傾いてしまうと思います。)

 

最初は、いつも診ていただいている先生は何もして
くれない、と少々恨んだりもしていました。

実際そういう評判も多い先生です。でも今は、先生の
方針というのも納得しています。

 

手術で突然亡くなってしまうより、たとえ1か月でも
2か月でも一緒にいる時間を大切にしよう、それが
この子の寿命だと神様がいうのであれば、私たちの
勝手な希望で残りの寿命を博打に賭けるような事は
すべきでなく、運命を受け入れよう、と思うように
なりました。

 

中にはうまくコントロールできて少しだけ長生きした
子もいるようです。それを期待するわけではありま
せんが、今はぴこちゃんが少しでも幸せに長く
生きられることを願うだけです。

 

今は薬を増やし、少し落ち着いています。おかしいと
気づいた直後に、という程の進行の速い病気ですが、
もう少しがんばれるのではないかと思っています。

いいね!した人  |  コメント(14)  |  リブログ(0)

テーマ:

ちょっと長くなっちゃってすいません・・
エントリー分けるのもめんどくさいので。


ほいみんはだいたい1~2年おきにガン
検診を受けています。


そこまでの頻度は必要ない(その合間に

発生して進行しちゃうようなガンはどの

みち助からない)と思うんですけど、

大腸のポリープで経過観察だったり

ポリープを取ったりもしているので、

ついでに受けている感じです。


今回は前から気になっていた心臓・血管系
のドックも追加で受けてきました。さらに
おまけで自宅で受けられる遺伝子検査も
やってみました。


奥さんがものすごい検診嫌いで何を

言っても検診に行かないので、じゃあ俺も

やるから遺伝子検査だけやって、気になる

因子があったらつべこべいわず検診に

行きなさいという事でついでにほいみんも

受けたのですが。


まずはガン検診。問診して、採血して、
エコーやって、CTやって、胃カメラやって
最後に大腸内視鏡だったか、もう毎度の事
なので慣れましたし、内視鏡は麻酔をなしに
してもらって、医者が見逃さないよう(笑)
一生懸命自分で病気を探してます。


胃カメラを飲み込むのも大腸内視鏡の前の
下剤もあんまり苦痛じゃなくなったので、
暇な事を除けば特に何事もなく終了。


結果は、特に問題ありませんでした、と。

なんか前回までに見つかったポリープも
なくなっていたので先生に聞いてみたん
ですけど、なんなんでしょうねえと言われて
それで終わってしまいますた。

何年かこないでいいって言われましたわ(笑


で、2日後に心臓・血管ドックに。


ほいみんは昔から悪玉コレステロール値が
高いので、そろそろ歳も歳だしマズいかなあ
と思いつつ、血圧が低いうちは、と思って
市販の薬を飲むぐらいでそのまま過ごして
しまいました。


採血と、心臓や頸部血管の血流を調べる
のと、普通の心電図と、運動して負荷を
かけた心電図、あと、マルチスライスCT
だったか、そんな感じです。


脳の検査は去年入院した時に何度もCTと
MRIをやったので、今回は受診せず。


で、検査結果は後日郵送なのですが、その
前に当日の時点でわかっていることを担当の
先生と面談して終わりです。


でもまあ、何かあるときって検査の段階で
検査担当の先生が何か言ってくる事が多い
ので、何もないだろうなと思ったら
今回はちょっと違うようで・・・。



i1


まずは、あなたはLDL(悪玉コレステロール)
がとても高いですね、と。

悪玉と善玉の比率も問題のようで。でも
ほいみんは酷い時はもっと悪玉が多かった
んですけど。



i2

で、先生が言うには、貴方の場合、LDLが
高いのに血圧は低いし中性脂肪も高くないし
ちょっと変?なんだよねえ、もしかして
ご家族で高かったりしませんか?と。


んーわかるんですかねえ、ほいみんの
母系はみんなLDLが高いんです(´・ω・`)


んで、続けて、血縁の”男性”に心臓とか
血管の病気の方とか多くないですか?と。

女性はホルモンの関係で病気になり
にくい?とかで、特に男性なのだそうです。


そこまで言われて気が付いたのですが、
母親の兄貴は心筋梗塞で亡くなって、
その息子(私の従妹)は私より若い歳で
脳血管の病気で亡くなって、母親の弟
2人は今の私ぐらいの歳から心筋梗塞の
発作で何度も倒れてて、男系は例外なく
そっちでやられてるんですよね・・・


んー、みんなやられてます(´・ω・`)
と答えたら続けて冠状動脈のCTを見せ
られて、

「この部分が真っ白になっていますよね、
これは血管が石灰化していて、それ自体は
特別問題ではないのですが、あなたの場合
は年齢を考えるとかなり動脈硬化が進行
している状態です」と。


血管の動脈硬化の進行のモデル標本

みたいなのを見せられて、あなたのは

4段階目の一番悪い状態です、と。


まあ、私がCTの結果を見ても、血管が
まっしろしろになっているのははっきり
しているので、悪そうなのはわかります
けどね(´・ω・`)


ただ、私の場合は、心電図にはまだ問題が
出ていなくて、ほかの数値にも問題が
ないので、今すぐどうこうなるような状態
ではなさそうなので、まずは薬で値を
下げて様子を見てみましょう、という
ことになりました。


血圧や中性脂肪は、毎日トクホの黒烏龍や
胡麻麦茶を5~6本はガブ飲みしている
のでもしかしてそれがよかったのではと
思いつつ、心電図になにか出ないうちは
薬を飲んで様子見になりますた。


思えばLDLが230以上あった時に治療を
始めていればなあと思いつつ、まだ問題が
出てないうちにコントロールできるなら
まあいいかあ、とも思っています。


ということで、今はクレストール2.5mgを
毎日飲んで、もう少ししたらまた検査して
増量するか考えましょうという状態です。


さてドック編は終わりで遺伝子検査へ。


これはDeNAがやってるMyCodeという

やつで、唾液を郵送して検査してもらう

というものです。


といっても精度は微妙で、各社いろいろ
あって、それぞれ違うDNAの特定の部分の
塩基配列を見て判断しているようですが、
ほんの1,2箇所のようです。遺伝子の
何を見ているかも病気によっては
わかります。


で、結果から出すと、ガンはこんな感じ
でした。



d1

食道がん、肺がんリスクが高い・・・と。

でも、ほいみんは酒とたばこを一切やら
ないので、それを考えるとあまり気にしても
しょうがない感じですねえ。これ以上
予防しようがないし。



d2


酒タバコ肥満とか、危険因子があれば
注意しましょうというレベルでしょうか。


がん以外も含めたすべての検査でリスクの
高いものを出すとこんな感じ。



d3


脳血管認知症ぐらいでしょうかねえ、私が
意識的に注意できるのは(´・ω・)


あとはこんなものもわかります。



d4

3段目の4つは当たってますねえ。虫歯
とかは生活環境の問題もありますし、
まあそこそこ当たってるかなあという
感じです。


あとこれは追加有料オプションなのですが
自分の祖先がどういうルートをたどって
日本にやってきたのかがわかります。


精度はわかりませんよ。ほいみんの知識の
範囲内で言うと、男系は先祖を辿ることは
できないはずなので、女系のルーツです
ねえ。たぶんミトコンドリアのDNAを
解析したのかなと思いますが。



d5

ほいみんは普通に多数派のようです。



d6

奥さまはちょっと少なめで、南のサルと
一緒に生活してバナナを食ってたらしく、
昔からなぜかみんなからサルサル言われて

いたので、あまりの衝撃で顔を真っ赤にして

サルみたいに怒ってましたわw



d7


そんなこんなで、あまり本気で参考に
なるかどうかはわかりませんが、なかなか
面白いので、興味がある方はやってみては
いかがでしょうか。


アフィリエイトじゃないのでリンクは
張りませんが(´・ω・)


そんな感じで、とりあえずは運動をしっかり
しなきゃなーという事なのですが、
相変わらず去年の病気の後遺症でめまいと
頭痛が残っててちょっと大変です。
無理に運動したほうが体調がよくなるのは
わかってきたので、旅行とかたくさん
いれたいんですけどね~。


奥さんも特に問題はなく、先祖が南で
サルと一緒に過ごしていたという以外は
無問題でした(´・ω・)


ということで長文になりましたが、もろもろ
の検診結果でした。



いいね!した人  |  コメント(11)  |  リブログ(0)

テーマ:

6日の月曜日の夕方に、なんとなくめまいがする
なあ、というのが前兆。


深夜になると、なぜかまっすぐ歩けないように
なってきたので、早く寝ようと布団に入ったの
ですが、翌早朝に起きてみると、さらにふらつきは
ひどくなっていて、何かにつかまってないと歩け
ない状態に。この日は飲み会の予定だったのですが
さすがにこれは無理だと判断して、なんとか
トレード部屋まで歩いて行って中止のMSGを
書いていたものの、調子は更に悪くなってくる。


早々に切り上げて、早く病院行かなきゃまずいぞと
階段を降りようとしたあたりでは、もう立って
いる事もできなくなってしまいました。


自分の座標?が分からなくなって、動こうとすると
左後ろの方向にものすごい力で引っ張っていかれる
ような感じがして転んでしまう。


よく聞くメニエールや突発性難聴なんかのめまい
とも違うので、怖くなって、早く病院へ行こうと
奥さんが病院を探していたのですが、そのうちに
話をするのも難しくなってきたのを見て、すぐ
救急車を呼ぶ事にしました。


救急車に運ばれるあたりでは吐きまくって、何が
なんだかわからない状態だったのでよく覚えて
いないのですが、馴染み?のある大病院へ連れて
いってもらうお願いは却下され、当番病院へ。

直接頼んでも当番病院へ振られるだけだって言って
たんですけど、そんなものなんですかねえ。


とりあえずそこでCTを撮って、吐き気止めの点滴を
したものの好転せず、そのまま入院して、翌日に
MRIもできる大きな病院へ行きましょうという事に
なりました。


点滴すら今まで一度もやったことなかったのに、
いきなりこんなことになるとは・・・(´・_・`)


その夜は一番怖かったですね。頭を1cmでも上に
上げると形容しがたいめまいと言うか重力というか
不思議な力で変な方向にぶっとんでいきそうに
なるので、なにも出来ない。


もし大きな病気だったら、この一晩で「もしも」が
あるかもしれませんし、精密検査ができない病院に

連れてこられた事を呪ってましたよ・・・(´・ω・`)


翌朝、紹介状を持って別の病院へ。移動するのが
キツイと言うか、絶対無理だと思いつつ、無理
だろうと何だろうと動かにゃならないので、
(覚えていませんが)車いすに転げるように乗って
頭を両手で抱え込んで(手を放すと頭がどっかに
飛んで行ってしまう)、何も考えずにひたすら
めまいと吐き気に耐えてました。


受付で紹介状を出して話をすると(私が話をして
いるわけではありませんが)MRIをやるので1時間
半ほどお待ち下さいとのこと。


べったり寝ている状態はともかく、車いすでは正直
そんな時間耐えられないわーとひたすら体を丸めて
頭を抱えていたら、すぐに脳外科の先生が受付まで
すっ飛んできてくれました。いわく


「ほいみんさん、貴方の病気は小脳梗塞の可能性
 が非常に高いです。すぐに検査しますのでこちら
 へ来てください」


( ;゚Д゚)y─┛~~終わった・・・


待合で人が(たぶん)大勢いるところで言われた
のもショックでしたね。


奥さんや医療従事者の妹や、私が一晩いろいろ
考えていて、梗塞なら小脳が・・・なんて話をして
いたので、喜べないビンゴだったか・・・と、ほぼ
諦めつつMRI検査へ。


この間の30分ぐらい、まーいろいろ考えました
ね。でも退院できないとしたら、もうやれる事は
限られているので、何を考えても意味ないかなあ
なんて思ってました。


でも、検査が終わってすぐに先生が来てくれて
「小脳に梗塞はありませんでした。他もざっと
 見た感じでは大丈夫なので安心して下さい」
と言ってもらえて、地獄モードは短時間で
終わりました ┐(´д`)┌


めまいは全く良くならないので、結局合計でCT
3回とMRI2回やって、他にもホルター心電図とか
いろいろ検査しましたけど、原因はわからず。


まー命に別状ないならいいかぁーと、覚悟を決めて
完全寝たきり生活を送っていました。


最初の48時間は起き上がる事もできなかったので
絶食で、そのあとは少しづつ頭を上げられる
時間が増えてきて、かなりキビシイ病院食を
食べては寝るだけの生活でした。


ネットなんかもソッコーでツイッターを開いて
一気に書き込んで目が回る前に閉じて寝る、
みたいな感じだったんで株価なんかも全く見れな
かったんですけど、それでも皆様の励ましの
言葉をいただいたり少しでも世の中の動きが
分かるというのはとてもありがたかったです。


結局、入院してから1週間で、まだめまいとふら
つきは取れていないんですけど、これ以上治療も
できないから、ということで退院して自宅静養と
なりました。


先生は、めまいがあるうちは退院させたくなかった
みたいなので、ちょっと強引に大丈夫な振りして
出てきてしまいました。なにしろ、これはすぐに
回復するかはわからないものなので、下手したら
病院食を永遠に食べさせられつつ寝たきりという
状況になりかねず、それだけは避けたかったので。


相変わらず今もめまいとふらつきは残っていて、
風が吹いただけでよろけてしまったり、動くものを
長時間見ていると急に体調が悪くなったりするの
ですが、これは時間を掛けて回復するのを待つしか
ないようですね。


ということでご心配をおかけいたしましたが、
とりあえず自宅で静かにして歩いたりもしなければ
日常生活には差し支えないので、のんびりと体調が
元に戻るのを待つことにします。


励ましのMSGをたくさんいただきましてありがとう
ございました。

いいね!した人  |  コメント(33)  |  リブログ(0)