ほいみんの のんびり日記

人生は旅である。誰もが言っているつまらない言葉だけど
本当なんだからしょうがない。


テーマ:

去年秋から庭木の入れ替えとレイアウト変更を

一気に進めましたが、ほとんどが落葉樹なので

冬の見た目は何も変わらず。

 

ただ今年は周辺で開発が進んだせいかどうかは

わかりませんが、普段はあまり住宅地の中に入り

込まない鳥までよく見かけるようになりました。

 

冬の間は渡り鳥や山から降りてくる鳥にとって

とても厳しい季節なので、その時期だけは毎年

えさやりをしています。

 

よく、野鳥には絶対に餌をやってはいけないと

勘違いしている人がいますが決してそんなことは

ありません。鳥は、飛ぶために体を軽くする

必要があって栄養を貯蓄できないので、雪や

荒天などで簡単に死んでしまいます。

 

暖かくなればいつのまにかいなくなりますので

それまでのおつきあいです。

1

 

鳥の水浴びや水飲み用に用意しているお皿も

カチカチに凍るような寒い朝はちょっときつい。

皿の氷をはずしてもホースから水が出ないので

お湯を沸かして溶かしたり・・・。

 

2

 

一番人気のゼリーは真っ先に食べつくされます。

メジロは私が近くにいる時のほうがほかの鳥に

邪魔されないので、むしろ寄ってきて一生懸命

ついばんでいます。

3

今は5羽ぐらいになりました。近くの森が減った

のであまりこなくなりました。

4

住宅地にはほとんど見かけないヤマガラが

今年はきています。明治神宮なんかで餌付け

されている鳥です。人懐っこくて近寄ってきます。

5

カメラを向けても逃げずに、不思議そうに

こちらを見ています。

6

かわゆす・・・

7

だいたいヤマガラと一緒にいることが多い

シジュウカラ。この子はわりと住宅地に普通に

いて、都市部の緑化の指標みたいなものに

されているらしいです。うちではヤマガラと

シジュウカラにはヒマワリをあげてます。

8

この子はもうずっとこの辺に住んでいるキジバト。

ドバトと違って群れず、単独かつがいでいます。

 

この子のためにハトの餌をたまにあげるのですが

近くの公園でドバトに餌をあげている人が多い

関係で、ドバトが寄ってくるようになるとエサやりは

できなくなります。

ドバトは野鳥ではなく、餌やりは基本ダメという

ことになっています。

 

9

キジバトは臆病、というかあまり人に慣れない

のですが、この子は私が近づいてもあまり

逃げません。

10

ドバトに次ぐ厄介者はこのムクドリ。よく夕方に

大群で空を飛びまわったり、街路樹に群れて

問題になるアレです。

 

ただ、うちに来ている子はこの2羽のつがいと

羽がまだきれいに生えそろっていない子供だけで

仲間は呼んでこないので今はまだ放置して

いますが・・・

11

果物係は夏からずっとこの辺を縄張りにしている

ヒヨドリなのですが、ムクドリのほうが強いみたい

で、最近はちょっと困っているみたい。

12

今年からバードフィーダーを買って、いくつか

セットしています。

 

餌は果物と穀物、あとはドイツから輸入して冬の

野鳥のための餌を何種類かあげてます。

あちらでは普通にスーパーでも売ってたりする

そうです。とは言っても日本とは住宅事情が違う

とは思いますが。

13

例年は公園とか空き地にいるツグミが、今年は

なぜかうちに一羽だけ来ています。この子も

ヒヨドリより強くて、今年の冬はヒヨさんは受難の

年になってます。

14

こいつらは一年中こんな感じですね・・・

 

ここ数年はジョウビタキは住宅地の方には

来なくなってしまいましたが近所にはまだ

きているので、だいたい毎日探しに行きます。

15

ここ数年、小川や公園周りの樹の剪定がきつく、

鳥が冬を越すにはちょっと厳しい場所になって

しまいました。

16

雪の日のジョウビタキさん♀さむくて

ぷっくりふくらんでます。

17

モズもだいぶ減りましたが、たまーに見る

ことができます。今も開発が進んでいるので

これからもどんどん減ってしまうのでしょう。

 

少しずつ減っていたキジはとうとういなくなり

ました。その気になれば緑化できる場所は

まだ結構あるのですが・・・。

 

18

冬の我が家の前だけは小鳥たちの憩いの

場所になっています。

 

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

ほいみんさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります