以前から自分はスペイン人ではないかと思うくらい、パエリアが大好きです。


10年くらい前には、新幹線の駅弁でパエリアがあり、新幹線に乗るたびに

よく食べていました。


料理を作るようになり、いつかはパエリアを作るぞと思っていましたが、

先日の中日新聞にケンタロウ君レシピのパエリアが

載っていて、その記事に刺激され、作ってみました。


パエリア1 【チキンとアサリのパエリア】


パエリア2 【出来上がり直後】


今回のポイントは、お米は研がずに炒めて使うことです。

(軽く水洗いして、終わり)


作り方は、


 1.鶏肉(もも肉 2枚)の油身を取り除き、にんにく・ローリエを加えた

   お湯で、煮て、塩・こしょうで味をつける。


 2.鶏肉を1cm幅に切り、煮汁400ccを取り分けておく。


 3.赤ピーマン・たまねぎ・トマト・セロリを1cm角に切り、たまねぎ・

   セロリを強火で炒め、しんなりしたらお米を加え、さらに炒める。
   (今回は、ピーマンの代わりにアスパラを投入)


 4.お米がぱらっとしてきたら、鶏肉の煮汁、塩小さじ1、

   サフラン(湯大さじ2で戻したもの)を加え、混ぜ合わせる


 5.鶏肉・アサリ・ピーマン・トマトを散らし、蓋をして20分ほど炊く。


 6.水分がなくなってきたら、ちぎったバジル・パセリを散らし、

   5分ほど蒸らす。


以上で、出来上がりです。


今回はコスト面で残念ながらサフランの使用は諦め、

(何とちょっこと入って、1000円以上の驚きの価格!!)

市販のパエリアの素を買ってきました。


パエリア3


当たり前ですが、ご飯の色も香りもまさしくパエリアになります。


専用のパエリアパンがなくても、フライパンひとつで簡単に出来ます。


でもやはり、サフランで作ってみたいものです。

AD