今回の料理はイタリアン。


前から作りたかった自家製ピッツァに挑戦です。

自家製にこだわり、ピッツァの生地・トマトソースは手作りです。

まずは出来上がり↓ 偶然ハート型になりました。


ピザ5

まずは生地。

小麦粉をこねますが、ベーグルを作るのとほとんど変わりません。


今回は、小麦粉(強力粉)250g、ドライイースト 大さじ1/2、塩 大さじ2弱、

オリーブ油 大さじ1、ぬるま湯 160mlです。


【 生地の作り方】  


 1.小麦粉とイーストを混ぜ、ぬるま湯に残りのものを溶かし、粉と混ぜて、

   後は生地が滑らかになるまで、しっかりこねます。 

 2.40度から42度の環境で発酵させます。

   ぬるま湯の入ったボールに浮かべるなどがよいです。


ピザ1 【発酵後】


 3.倍ぐらいに膨らんだら、2等分又は4等分に分け、

   丸めて15分ほど休ませます。

   このとき、生地が乾かないよう、濡れふきんを掛けておくとよいです。

    (今回は4等分だが、2枚目の生地は2つ分使用)


ピザ2


 4.後は、麺棒で丸く伸ばすだけで、完成です。



【トマトソースの作り方】

 

 1.スライスしたにんにく(1/2かけ)をオリーブ油で炒め、

   香りがしてきたら、トマトのホール缶(1缶)を入れ、

   中火で煮込みます。 

 2.元の量の2/3ぐらいになったら、塩(適量)で味を調整します。

   煮込む場合は、イタリア村で買った岩塩を使っています。


ソースはこれだけで、市販品に無いトマトのおいしいソースが出来ます。

ピッツァだけでなく、パスタにも最高のソースになります。


後は生地にトマトソースを塗り、好きな具を乗せて焼くだけです。

今回は、サラミ・ベーコン・ツナマヨ入りマッシュポテト・イタリアンバジルに

当然チーズは、モッツァレラチーズです。


焼きあがったピッツァ、1枚目↓(大失敗)


ピザ3

最初からすべての具を乗せて焼いたため、焼き時間が掛かりすぎ、

バジルの葉っぱは見事に焦げましたが、生地の中心は半生でした。


焼きあがったピッツァ、2枚目↓(ちょっと上達)


ピザ4

ちょっと生地が厚すぎましたが、生地を最初に少し焼いたため、

結構いい感じの焼き目が付きました。

ただバジルの葉っぱの投入が早かったため、焦がしてしまいました。


焼きあがったピッツァ、3枚目↓(かなり上達)


ピザ5


3枚目は偶然ハート型になりました。生地も薄く、生地を焼く、

ソースと一部の具を乗せて焼く、最後にバジル・チーズを乗せて焼くと

3段階に分けたため、2枚目以上によい焼き上がりとなりました。


自家製ピッツァの教訓、


  「焼き方に注意!!」  


 1.生地を先に焼いておく(焦げ目が付く直前まで) 

 2.次にトマトソースを掛けて少し焼く 

 3.具を乗せて、焦げ目が付くまで焼く 上の順序で焼くと、

   生地の中が半生になったり、焼き過ぎたりが無くなるはずです。

 

最初の1枚を除いて、大変おいしく頂きました。


レシピブログ ←励みになります。クリックお願いいたします。

AD