パスタ第2弾は、カルボナーラに挑戦!!ソースはやはり自家製です。
またまた自家製にこだわる「たけシェフ」でございます。

出来上がりは↓


カルボナーラ1

用意するものは、ベーコン(本当はパンチェッタという生ハムが良いらしい)、

生クリーム、牛乳、卵黄、それにチーズです。

今回は生パルメザンチーズを購入しました。
チーズも本当は「パルミジャーノ・レッジャーノ」を買ってきて、

削って使うのが良いらしいのですが、値段が値段なので、

それらしいチーズを買ってきました。

一応パルミジャーノ・レッジャーノ入りです。↓


カルボナーラ2

ちなみに「パルメザン」はパルミジャーノ・レッジャーノのアメリカ式の

読み方だそうです。

しかし、アメリカで作られていて、イタリア産とは別物だそうです。

今回のポイントは、


ソースを絡める際に卵を混ぜない


と言うことです。下手をすると炒り卵クリームソーススパになってしまうので、

食べる直前に混ぜることにしてあります。

作り方は、まずベーコンをオリーブオイルで炒め、生クリームと牛乳を入れ、

全体が2/3程度になるまで煮詰め、チーズを入れて少しとろみを付け、

塩で味を調整します。
煮ているところはこんな感じ↓


カルボナーラ3

写真では少しわかりづらいですが、程ほどのとろみが付いています。
ここへ茹でたパスタを投入し、ソースを絡めて、お皿に盛り付け、

卵黄をトッピングし、こしょうを少々振りかけて、出来上がりです。


結構手軽な割には、本格的な味になり、今回もおいしく頂きました。
パンチェッタとパルミジャーノ・レッジャーノを使ったらどんな味になるのか、

ちょっと試してみたいです(なかなか予算が許しませんが)。

いずれイタリア村(実は非常に近所!!)へGOです。


1人前(パスタ100g)での分量は以下の通りです。


 1.ベーコン 2枚程度
 2.生クリーム・牛乳 各60cc (生クリームが結構高いのには驚きました)
 3.チーズ 20g (お好きな方はもっと入れても大丈夫でしょう)
 4.卵黄 1個 (赤い卵が良いらしい。でも今回は普通の卵)
 5.塩・こしょう・オリーブオイル 適宜


ちなみに、卵の白身が残ったので、白身のオムレツを作って、食べました。

次回のパスタは、和風味(醤油味)に挑戦します。


レシピブログ  ← 参加中です。良かったらクリックお願いします。

AD