最近は自家製にこだわっています。


前から作ろうと思っていたベーグル、とうとう作ってしまいました。

参考にしたのは、こちらのお店のレシピ!!

出来上がりは↓

ベーグル1


初めてにしては、なかなか良い出来です。(自画自賛!!)
一部形が崩れてはいますが、焼き色もOK、おいしそうです。

実際に食べた感想は、もうちょっと焼いても良かったかな。

でもよく噛んでいると小麦の味が炸裂でとてもうまいです。

これはちょっと病みつきになりそうです。

付け合せは、やはりポテトサラダ!!↓

be-gru


いつもの小林カツ代先生レシピにて、これも自分で作りました。
ベーグルに挟もうと思いましたが、腹に入れば同じ。別々にしましたが、

やはり一緒に食べるとうまいです。


まずは、ベーグルの作り方。

今回は初めてなので、あるHPにベーグルの作り方が載っているのですが、

書いてある通りに作りました。


 1.小麦粉(強力粉のカメリア) 250g、塩 5g、ドライイースト

   (名古屋弁ではドリァーイースト) 2g、砂糖 10gをボールに入れ、

   混ぜ合わせます。

   砂糖はきび砂糖が良いと書いてありますが、上砂糖で充分です。

   (でも買ったほうがおいしいのでしょうね)


 2.水140mlを入れ、混ぜ合わる↓


ベーグル2


 3.10分から15分程度、こねる。弾力が出て、生地がつやつやになったら

   一度丸める。実際には、手相の線が入って、余りつやつやではない。

   弾力もどの程度かわからず。この時点でやや不安!!


ベーグル3


 4.4つにカット。スケッパーで切るのだが、何かわからず。

   しょうがないので包丁で4つ切りに。


ベーグル4


 5.濡れ布巾を掛けて、10分ほど休ませる。休ませた後、平らに伸ばし、

   くるくると棒状に丸め、わっかを作る。

   丸めた状態↓


ベーグル5

  向かって右が一番最初、3つ目・4つ目は慣れてきて、

  まずまずの形が完成。


 6.ビニール袋などに入れて、30分ほど発酵させる。

   この間に今回はポテトサラダを作成。
   発酵後は、こちら↓


ベーグル6

 40分ほど発酵させるも、大きくなるかと思いきや、余り大きさは変わらず。
 ここでもやや不安は変わらず


 7.表・裏30秒ずつ、茹でる。茹でるときにモルトエキスやモラセス

   (モルトシュガーとも言う)を入れると焼き上がりの色が良いと

   書いてありますが、今回はまたまた上砂糖で代用。
   水1Lに対して、40gの上砂糖を使用。茹でると少し大きくなります。

   鍋にたくさん入れるとうまく茹でられないかもしれません。
   今回は安全に2個ずつ茹でました。


ベーグル7


 8.水を切って、後はオーブンで焼くだけ。(水切りは重要!!)
   190度で15分焼きます。今回はきっちり15分焼きましたが、

   もう少し(後30秒ほど)焼いても良かったかもしれません。
   レンジの個体差がありますので、お好みでしょう。

   でも10分経過ぐらいまで全然焼き色が付かず、結構不安が

   一杯でしたが、13分過ぎたに見たら、きれいな焼き色が付いていて、

   ほっとしました。
   茹でた後の水切りが少し足りなかったかもしれません。




慣れないので、なんだかんだと3時間近く掛かってしまいました。
なかなか小麦粉を練るのも大変です。家では量産は難しいかもしれません。
(実はうまく出来たら、ジムのインストラクターにあげようと思っていましたが)

でも、自分で作ったベーグルの味は、作る苦労を忘れさせてくれるぐらい格別です。


時間は掛かりますが、それほど難しくはありません。

皆さんもベーグル作り如何ですか。


レシピブログ  ← 励みになります。是非クリックお願いいたします。

AD