1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2018-04-19 16:32:31

「ふくしま百年基金」設立発起人会(2)をアップしました!

テーマ:福興ライター(R)

 

ふくしま百年基金 設立発起人会後編をアップしました。

 

当日のワークショップでも伝えたのですが
私自身は基金や、お金の使い方などには
まったくの素人です。

 

それよりも、そこに関わった方の熱意と情熱
そこに惹かれて取材活動を続けてきました。

 

テクニックや技術はもちろん大切ですが
それは「想い」や「情熱」があってこそ!
と考えています。

 

それらを含め、私はこの基金の

設立発起人になれたことを光栄に思いますし、
まだまだ周知が行き届いていない方々に
関係者の「想い」をお届けできたらと思います。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2018-04-17 21:00:05

『ふくしま百年基金設立発起人会』 に参加しました

テーマ:福興ライター(R)

他人からなんと言われようが、
けなされようが
自分の信じる道を行くのが
人として正しい道なのだと思います。

 

なぜなら、その評価をするのは
次世代の人たちだから。

 

もちろん人としての「道理」を外さない範囲でです。

  ・
  ・

震災から7年間。
微力ながらいろいろな人と出会いました。

日本経済の最先端を行く方とか
大企業の社長さんだとか
政治家のみなさんとか

ここ福島県にいたからこそ、
出会えた方が、たくさんいらっしゃぃます。

 

でも最後は、自分たちの地域は
自分たちの力でなんとかしなきゃ。

だって。自分たちの課題は
その地域に一番かかわっている
自分たちじゃないとわからないからです。

  ・
  ・

『ふくしま百年基金設立発起人会』

に参加しました。その時のリポートと

私の参加表明をここにアップして。そろそろと自分の決意を形にします。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-12-19 19:13:34

福興ライターのサイトを微変更中です

テーマ:福興ライター(R)

東日本大震災から、

もう少しで7年が経とうとしています。

 

震災直後から

「自分に何ができるのだろうか」と悩み、

走り回った日々。

 

それは間違いなく、

私自身の「自分史」として残りますが

時代は日々、動いています。

 

一ライターとしては、

やはり時代、環境の変化に対応していきたい。

それは、すなわち、私個人の気持ちでもあります。

 

変わっていくできごとはあっても

変わらない気持ちはあります。

 

いつでも、どこでも、私が会いにいき

話を伺いたい人たちは、前を向いている人たちなのだと。

 

ふくしまの復興を、コトバの力で伝える福興ライターⓇ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-05-21 16:10:23

東北復興新聞に掲載されました ⇒福島の「食」と「観光」をプロデュース!

テーマ:福興ライター(R)

ここ福島県には、震災前から
地域をよくしよう!
福島の気候を利用して
よりよい作物を作ろう!

という志のある方が
たくさんいらっしゃいました。

 

その姿をずっと拝見していながら
私自身の力のなさから、発信できなかった。
これもまた事実です。

 

この度、いろいろな要素が固まったこともあり
ほんとに小さな記事ですが
「東北復興新聞」に掲載することがかないました。

 

ことに地元「食大学」の取材では
今までの交流を余すことなくおしゃべりできて
本当に楽しかったし、ありがたかった!

 

そして後半の「若旦那図鑑」。
こちらについても土湯温泉、山水荘の社長には
早い時期に別の媒体を通して取材させていただいたり
現在高湯温泉にある一旅館で
がんばっていらっしゃる方を存じ上げていたりと、
ずっと見守らせていただいていた
プロジェクトでした。

 

ただ今回、若旦那ご本人たちではなく
若旦那をプロデュースされた
福島学院大学さんを取材させていただいたことで
見えた視点がたくさんありました。

 

「地域をよりよくしたい!」という思いから
ずっと活動してこられた 
木村信綱先生のだけでなく
福島学院大学の諸先生方が地域のために
そして学生たちのために尽力されてきたことを
改めて知ることができました。

   ・
   ・
   ・

原稿がアップされるにあたり
関係者の方に改めてお礼とご報告をさせていただきました。

 

その中には「同級生の力になりたかった」
「昔の賑わいを取り戻したかった」
「福島をもっと賑わいある県にしたい」など
様々な思いを聞かせていただきました。

 

こういう声をいただける立場にいる自分を
ほんとうに幸せに思います。

改めて、福島県に住めてよかった!
ここで知り合えた人に感謝です。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-12-01 06:43:42

ふくしまFM「サードプレイス」にゲスト参加しました

テーマ:福興ライター(R)

ふくしまFM「サードプレイス」という番組にて

12月1日(木)から、3回にわたり

震災後のインタビュー経験や、

自分史を福島県内に広げる活動のこと。

 

活動に関する思いなどを

社会学者開沼博さん、詩人和合亮一さんとともに

語らせていただきます。

 

放送時間は 

木曜日5:30~ 再放送が土曜日5:00~ です。

 

身分不相応な、素晴らしい紹介文を書いていただきましたので

以下に転載します。

-------------------

和合亮一、開沼博、

「この震災を語る本当の言葉を探して」。
詩人、和合亮一さん、社会学者、開沼博さんお二人による
インタビューを通して、

‘東日本大震災を語る本当の言葉’を
探してまいります。

福島県郡山市在住、武田よしえさん。

インタビュアー、ライターとして
さらには福島の福と書く、福興ライター、
そして自分史活用アドバイザーとして

様々な媒体で活躍を続けていらっしゃいます。
震災後には

『福島県民23人の声〜3.11大震災と原発を乗り越えて』、
そして『浜風商店街 ふるさと久之浜で生きる』を
出版されました。

自らに科したミッションは、
“福島県の輝いている街や人を

言葉の力で多くの人にお伝えすること。”
言葉の力を信じ、福島で暮らす人々を見つめ、

その人生に光を灯し続けていらっしゃいます。

彼女自身が震災後に福島で成してきたこと、
そしてそのアクションを通して考えること とは・・・
“この震災を語る本当の言葉”
武田さんとともに探してまいります。


今回のお話は、「インタビューをするということ」

-------------------

 

のちほどポッドキャストでまとめて聞けるそうですが

リアルタイムで聞ける方は、ご感想などもお寄せください。

ドキドキしながらお待ちしています。

 

プロフィール作成・自分史作成のご相談も承ります。

以下をクリックして、お申し込みください。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-04-16 08:41:01

九州のみなさんのご無事をお祈りします~記録活動の中で知ったこと

テーマ:福興ライター(R)
この度の地震で被害に遭われた方
度重なる余震に、心ふるわせていらっしゃる方に
心よりお見舞い申し上げます。

東日本大震災のときの経験から、
私にできることは、わずかなことだと知っています。




その中で、私が記録活動を通して、
知ったことを書きます。

みなさんの周りにいらっしゃる
障がい者の方に目をくばってください。

人一倍心が痛む方がいらっしゃいます。
体が思うように動かない方がいらっしゃいます。
「見る」「聞く」「話す」が不自由な方がいらっしゃいます。

一見、健常者のように見える方がいらっしゃいます。
でも聞こえないことで、必要な情報が入ってこない方がいらっしゃいます。

みなさんのお隣に、
もしも、そんな方がいらっしゃったら
少しだけ気を配ってください。


九州に直接のお知り合いがいないので
ネット検索で見つけた団体をここに書きます。

関係者の方々のご無事をお祈りしています。

   一般財団法人 熊本県ろう者福祉協会

  一般社団法人 全日本ろうあ連盟


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-02-07 12:41:14

届いたのは新聞と資料でした

テーマ:福興ライター(R)

「ピンポーン」

休日の日中、佐川急便のお兄さんが
朝日新聞と先日の取材の時に
お渡しした資料を届けてくれました。

私の転機


呼び鈴の音を聞き、いつのまにか
2階の自室から、リビングに降りてきた夫が
私が手にしている新聞を見てひとこと。


 「美味いものでも届いたのかと思った」



あのね~(^^;)


届いた新聞の記事はWEB版にも掲載されました。
よろしかったらご覧ください。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-10-27 07:47:29

毎週月曜日福島大学で「ふくしま未来学」を聴講しています

テーマ:福興ライター(R)
昨日は、福島大学「ふくしま未来学」に
一般聴講生の一人として聴講。

南相馬市立総合病院
坪倉正治先生の講義を受けてきました。

先生の南相馬での生活と放射線に関する話は
2012年からメルマガ
「■from MRIC  □ 内部被曝通信」
を購読していたので

どんなお話しをされるのかは、
大体予想がついていました。

が、その上で先生が
学生さんたちに向けて言われた

  「福島県外に出たときに、県外の人たちに
  震災のこと、放射線のことをきちんと話せるように」

  「現状の被曝量について言葉で説明できるように」

という2つは、私自身が自分の中で
「もうわかりきっていること」
とみなしていることだっただけに心にきました。


   そうなのですよね~

震災直後のテレビニュースの映像のままに
今もその状況のままで記憶がとまっている人は
たくさんいるはずです。

それは、私たちが阪神淡路の震災、
新潟中越地震の震災について
考える時と同じことなのですから。

  授業の主役は福大生さんたちですし
  どうしようか迷ったのですが
  ずっとメルマガを購読していることだけでも
  ご報告したくて、講義後にご挨拶させていただきました。

  メルマガの話をさせていただくと
  一瞬「おっ!」という表情をされて、
  その後名刺交換しました。

  
  名刺をお渡しすることによって
  「武田のことを知っていただく」というよりも

  名刺をお渡しすることによって
  「今、自分がやっていることが
  自分のミッションからずれていないだろうか」
という確認と自戒につながったように思いました。


最近、そういう気持ちで
名刺を交換することが
ときどきあります。

震災後の時間の経過と共に
シフトを変えていくことと、
変えてはいけないことを
自分で確かめる瞬間です。

20151026福大

ということで、私の自分史活動は、
福興ライターの進化形なのです。
この思いは、下記サイトに書いてあります。
ぜひお読みください!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-02-20 06:17:34

自分史講座の開催のご希望を募っています

テーマ:福興ライター(R)
今日は確定申告の帳簿付けのほかは
23日に終了する、地元公民館での自分史講座
みなさんの文集の校正作業をしていました。


どの方も、ご自身の人生をそれぞれの味で
まとめてくださって、読みながら感動♡

改めて「私がこれから福島で、やりたいことって
コレ!だったんだ」って思いました。


自分史ってね、決してハードルは高くない。

人生の一区切りをまとめておくのって
自分の整理になって、これからの自分を見つめられるし
しかも、文章にならなくてもいいんですよ。

みなさんのニーズに合わせて
振り返り自分史講座、開発していこうと思ってます。

この事業を通して、ふくしまで何かが生まれればいい!

と私は考えています。


何かプランがあるかた
ちょっと好奇心がわいたかた
よかったらメッセージくださいね。


一緒に、ワクワク自分史、考えていきましょう♡



お問合せはお気軽に!
下記までお願いします。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-02-19 21:12:03

自分史アドバイザー認定講座 講師をやりました

テーマ:福興ライター(R)
ご無沙汰していますが、今年から始めた
自分史講座を精力的に、行っています。

2月15日は、東京国際フォーラムで開かれた
「自分史アドバイザー認定講座」の講師を務めさせていただきました。

自分史20150215

くわしくは、福興ライターのWEBをご覧ください。


合い言葉は「自分史で福島県を元気に!」です!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。