1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2014-10-02 08:32:26

ふくしまに住まわせてもらっている

テーマ:人生
ある人相手に、
自分のやりたいことを語っていた
場面でのできごとでした。

思いがけない言葉が、口から生まれていました。


「私、ふくしまのために、何かしなきゃって思うの。
元々埼玉生まれでしょ。この土地の人間ではない。
その私が、ふくしまに住まわせてもらっているのだから」と。


口に出したとたん、私自身が驚いた言葉。

「ふくしまに住まわせてもらっている」


以前、名も知らぬ人から
電話をいただいたことがあります。

私のブログを読んで連絡をくれたというその人は
「ふくしまが好き」に満ちあふれていると
ブログの感想をよせてくれました。


「好き」から
「住まわせてもらっている」への心の変化。

今はまだ、うまく言葉に表せませんが、
驚きながらも感じたことは・・・


「住まわせてもらっている」がもっと大きな意味

たとえば「日本」になったら、
日本に住んでいるみんなが
そんな気持ちになれたら・・・!


この国を、やたらと 
けなすことに生きがいを感じているように見える人たち

ネットでも、マスコミでも・・・

が減るのではないのかな。


よくよく考えてみたら、世界には
戦争や飢餓のために、本来住む権利のある土地に
住みたくても住めない人たちが
たくさんいるのですから。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2014-05-09 07:47:08

自然に人が集まってくる方の特徴

テーマ:人生
地域興し、まちづくり

という言葉が盛んになっています。

まちづくりに関する団体を立ち上げる人も多い。


その一方で、地域興しの旗をあげなくても

その人の周りに、自然に人が集まっている人もいる。


なぜか?

その人が仕事で、あるいは別のことで

地域の人たちの役に立っているからです。


震災後、インタビューした方に

別の取材でお話を伺う機会に恵まれました。


その方のお話を通して知った発見です。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013-04-17 20:45:31

ゆるやかな変化

テーマ:人生

今、静かな気持ちで自分と、
その周りが変化していることを感じます。

大きな動きではない。
海の底に沈む貝のように、緩やかな変化。

この変化をゆっくりと味わいながら、
次のステージに向かいます。



次のステージでまた、
福島の未来を共に築き上げていきましょう。


     待ってるよ!
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012-04-08 11:57:04

下村満子の生き方塾 入塾説明会のご案内

テーマ:人生

4月14日(土)に 
二本松市 男女共生センターにて
生き方塾 入塾説明会があります。

参加したからといって、
必ず入塾しなければならない
というものではありません。

まずは雰囲気を知るために、ご参加なさいませんか!

まだ申込みを受け付けていると思います。
詳しくは、事務局までお問い合わせください。



$福島県在住ライターが綴る あんなこと こんなこと-生き方塾20120408-1
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012-03-12 08:01:52

3月11日の過ごし方

テーマ:人生
久しぶりのブログです。

昨日、3月11日という日を
復興ライターとして、何かを取材しなければ
という義務感に、直前までさいなまれました。

3.11に対する、
いろいろな思い、考え方、行動を見るにつけ

前日になりようやく
「家族で静かに過ごす」と決めました。



リビングでPCに向かう私の後ろで
コタツに入った夫が新聞を読む、テレビを見る。
次男坊がゴロゴロしている。

天皇陛下のお言葉を
夫と並び正座して拝聴しました。
14:46 は家族3人で黙とうをささげました。




あの時も、家族がそろったとき
一番心が落ち着きました。

家族がバラバラになることの弊害を恐れて
「避難する」という選択をしませんでした。



「家族が大事」というのは
「自分さえよければ」ということではありません。

「自分の心のよりどころ」つまり
自分という「核」の大切さを常に心に説いています。



基礎がしっかりしていない建物は
外壁をしっかりつくっても
すぐにグラグラしてきます。


人間も同じです。

自分の核(心)がしっかりしないと
人の心は癒せません。

満足な仕事もできないでしょう。




あの日から1年。

これからも
家族、つまり自分の心の核を大切にしながら

最後に眠る、その日まで
1日、1日を大切に生きていこうと思います。




3月11日に向けて寄稿した冊子

ご報告などがいくつかあります。

また日を改めて、ご報告します。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011-10-18 06:44:27

「下村満子の生き方塾」第1期終了式&第2期入塾式・村上和雄先生のご講演

テーマ:人生
第1期修了式・第2期入塾式のあとは
塾生全員で写真撮影をし

その後、生き方塾の応援団のお一人である
筑波大学名誉教授 村上和雄先生の
記念講演が開催されました。

タイトルは「遺伝子ONの生き方」です。

遺伝子をONにし続けるだけで
様々な奇跡が起こります。

実はそれは奇跡ではなく、
そもそもヒトが本来持っている
能力の一部なのですが、それが目覚めるという感じでしょうか。

例えば…
「笑いが糖尿病患者の血糖値を下げる」
という研究が実証されているそうです。

先生はそのことから、
今の福島に必要なのは「笑い」だと。

 「がんばろう福島」ではなく
 「笑おう福島」というスローガンがふさわしいのではと

そんなお考えも示されました。

$福島県在住ライターが綴る あんなこと こんなこと-20111016-3生き方塾


自説のとおり、90分間の半分は先生のジョークでした。
お腹を抱えて笑いながら、お話は深いところまではいっていきます。


ご講演の最後「これだけは覚えて帰ってください」
と話されたことは…

21世紀は日本人の出番である。

自然と共生する文化を持つ日本は、
世界の手本になる国。
世界に役立つ国になる。



なぜならば日本民族は祈る民族だから
その代表が天皇陛下であると。



先生の著書には「サムシンググレート」
という言葉がさかんに出てきます。

サムシンググレートは、とても深く
そして優しい。


詳しく知りたい方には
先生の著書を読まれることをお勧めします。

スイッチ・オンの生き方/村上 和雄

¥1,260
Amazon.co.jp


人を幸せにする「魂と遺伝子」の法則/村上 和雄

¥1,470
Amazon.co.jp



いのちとは何か生きるとは何か/下村 満子

¥1,785
Amazon.co.jp

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011-10-17 10:07:49

「下村満子の生き方塾」第1期終了式&第2期入塾式でした

テーマ:人生
$福島県在住ライターが綴る あんなこと こんなこと-20111016-1生き方塾

16日は福島市で生き方塾が開催。
私はその1期生として参加しました。

午前中は1期生の修了式。
塾長の式辞から心に残った言葉をお伝えすると…

 生き方塾発足までの過程
 ⇒「福島県」という地方から発信したかった
  しかし生き方塾は「福島県民」のために作ったのではない
  現に東京、静岡から塾に通っている人もいる

 ここは学問や知識を学ぶ場所ではない
 心磨き、生き方を学ぶ場所である

 半年間での塾生の成長が素晴らしい

 顔は心の窓である

 ぶれない生き方、ぶれない土台になってほしい

 運が良い人は偉い人


その後お二人の来賓のごあいさつがあり
1期生に修了証が渡されました。

皆勤賞の方、準皆勤賞の方には記念品もいただき
お一人、お一人、塾長から ハグのご挨拶も!
私も、その中の一人になれたことが嬉しかった!


その後、1期生一人一人が、半年間で学んだことをスピーチ。
「ぶれない生き方」「集中する」という話が多く聞かれました。

私は生き方塾に参加するときに
いつも感じる

「体の中に、
さらさらときれいな水が流れているような状態」を

塾に参加していない時も保ち続けられるように
精進していきたいと発表しました。



お昼をはさみ、午後は2期の入塾式です。
塾長から改めて2期生を前に
ご自身の人生を語りながら
「生き方塾」の意義をお話しされました。

 人生は、おおよそ3つのステージにわけられる
 30歳までは学びの時
 60歳~65歳まではプライムタイム
 その後は人生最後のコーナー
 であると。

その最後のコーナーで塾長は
「生き方塾」開塾を決心されたのです。
決意の裏には、ほかにも重大な出来事がありました。

それに関わった方は、
来月19日に会津若松市で開催される生き方塾に
講師としていらっしゃる予定です。


塾長の講和後、
2期生の方を先頭に
また一人一人が決意表明。

2期生の方の入塾動機も素晴らしく
背筋がさっと伸びるようでした。


塾生全員で記念撮影して、そして…。
まだまだ会は続きます。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011-09-18 22:23:15

「生き方塾」で心磨き

テーマ:人生
今年春から「生き方塾」に参加しています。

4月に開塾してから月に1回、福島市、いわき市、会津若松市、
そして郡山市を会場とし、毎回多彩な講師をお迎えして
塾生、みんなで学んでいます。


福島県のDNAを持つ国際ジャーナリスト
下村満子先生が、自らのすべてをかけて開塾した「生き方塾」。

その1期生として参加できたことを
自らの幸せと思っています。


昨日、郡山市で講座があり、本日は人生初の気功を学習しました。
緊張で体のかたさが取れず
「気」の流れが今一つでした。

それでも気功の師のお導きで
2メートルほどでしたが、空(くう)を跳べたときは
嬉しさで涙が出ました。

抽象的な表現に「気功」を知らない方は
「なんのことやら」でしょうけれど
全くの初心者が「気」で飛ばされることはまれなのだそうです。

それでも「生き方塾」の受講生仲間は
たやすく「跳んで」しまうのですよ。


実は、春からずっと抱えていたものがあり
生き方塾のことも、なかなかご紹介できずにいました。
撮りためた画像もあったのですが、それすらもご紹介できずに。

少しだけためていたものが整理できたので
これからは、画像も合わせてブログ読者の皆様に
ご紹介したいと思います。


11月には、生き方塾主宰で
チベットからダライ・ラマ師が来福されます。

そんなこともあり、まだまだバタバタしていますが
私は、相変わらず元気でやっていますから
どうか、ご心配なさらぬよう(^^)


自身の生きる姿勢を正すとともに
読者の皆様のさらなるお幸せをお祈りしています。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011-07-12 22:28:50

過去と比べるのではなく

テーマ:人生
過去と比べて今を、どうこうと思うのではなく

今から未来へ向かう自分を想像したい。



過去にうずくまるのではなく

未来を夢見たい。


ですね。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2011-02-23 15:37:30

下村満子の「生き方塾」入塾説明会に参加しました

テーマ:人生

22日の郡山市での説明会が最後でした。


ジャーナリストであり、

元「男女共生センター館長」下村満子さんが

我が福島県で「生き方塾」を4月16日に開塾されます。


それにあたり、昨年から県内各地で説明会が開かれていました。

その最後の説明会に参加しました。




福島県在住ライターが綴る あんなこと こんなこと-生き方塾110222


■なぜ今「生き方塾」なのか?


幼児期に満州で終戦を終えた下村さんは、

日本の敗戦から戦後の復興期、そして経済大国になった日本

さらにバブル崩壊から今まで、戦後の日本と同時に歩んできました。


敗戦から立ち上がり死に物狂いの努力の末に

世界第二の経済大国になり、成功モデルと言われた日本。


その一方で、日本人が元来持ち合わせていた

利他の心と豊かな感性、謙虚で質素で、

人間としてのホコリ・尊厳などが失われ、


自己中心・利己的な、

恥を知らない、権利ばかりを主張し

義務も責任も果たさなくなり


「政治家が悪い」「官僚が悪い」「社会が悪い」などと

すべて他人のせいにし、一億総評論家となり

批判ばかりするけれど、自己反省は全くないといった

ギスギスした日本社会になってしまいました。


日本の国力、経済力、政治・外交力、教育力を

再生するためには、時間をかけた「日本人の人間力の回復・再生」

つまり「日本人の心の再生」に取り組む必要があります。


そのためには、私たち一人一人が変わることから

始めなければなりません。


そのためにゼロから真剣に

「生きるとはなにか」「命とはなにか」

「何のために生きるのか」

「幸せとはなにか」といったことを話し合いながら

自分と向き合い、自分を発見し

揺るぎない自分をつくりあげ

充実した人生を送るヒントを手にして

それを実践する場を作りたい。


それが「生き方塾」なのです。



■なぜ「福島県」なのか


先に上げたように「生き方塾」は

日本全体に向けた試みです。


なのに「なぜ福島か」といえば


理由の一つ目は、常に中央や東京を向いている

我が国の現状から脱皮し、

地方から逆に全国、そして世界に発信していこう!

という気構えからだそうです。


理由の二つめは、

福島県が下村満子さんのご両親のふるさとであり

先祖伝来の地であるからです。



■「生き方塾」とは、どんな内容なのか


月1回集まり、1日がかりで勉強会を開きます。

まず塾長の講話、塾の応援団の方の講話、塾生のお話など。

各講話の後は、塾生も交えたディスカッションを行います。

このほか、一般市民に解放する公開講座(有料)の実施も

考えているそうです。


また「生き方塾」の専用HPも立ち上げ

全世界に発信していくことも計画されています。


第一期生の申し込みは25日(金)で締切り

今月末に選考が行われます。

ただその後も、二期生、三期生を募集していくそうです。



■下村満子の「生き方塾」4月16日(土)開講!

一般の方(3000円)も参加して、開塾公開講話が開かれます。


開塾記念公開講座「いのちとは何か、生きるとは何か」

~いまなぜ生き方塾なのか~

 


 ▼詳しいお問い合わせは【下村満子の生き方塾事務局】

   email:   otayori@weekly-core.com    までどうぞ







いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。