2013-05-29 08:46:00

柔軟な脳

テーマ:子育て
「おかーさん 
ゆうべ何度も起こしたけど寝ちゃうんだもん!」

久しぶりの夜の会で、
気持ちよく酔って帰宅した昨晩のことは
(悲しいかな)まったく覚えていません。


謝りながら今朝聞くと

今春、工業高校の情報科に入学した長男は
リポート作成のための資料を
JPEGに変換して学校に持参するとか。

PDF変換しか、やったことのない私は
その時点で脳みそが固まる。

ぷんぷんしながら、プリンターの取説をサイトで検索して
JPEG変換のやり方を探す長男。

マウスを使う手も、カーソルの持っていき方も非常に早い。


やきもきしながら彼の手つきを見てるまもなく
「できた!」という声。

その間、15分ほど。


「早い!」「早い!」

自分で言っているだけでは物足りなくて
すでに食卓について朝食をとっている夫にも話すと

「若いって、そういうこと」とぽつり。



ときどき、もう一度若くなって
生きなおしたい と思うことがあります。

それは、すなわち
自分がそう思えるような
ステキな若い方との出会いが多いからです。

私が生きた道を否定するわけではありません。
ただ、違う人生を歩んだらどうなったかなぁと。

ただ、欲張りなだけなのかもしれない。


ただし! 

夫と子どもたちは、違う人じゃ嫌です・笑
そこは譲れない。






AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-03-25 10:23:55

皆勤賞で迎えた長男の卒業式

テーマ:子育て

23日は、長男の通う小学校の卒業式でした。

両親揃って参加する家庭が多いと聞き

我が家も夫婦で出席。


彼の晴れ姿を祝いました。


壇上の上に登って卒業証書を受け取った

私たちの時代とは違い


同じ高さの床の上を進み

校長先生から受渡される卒業証書。


その光景は、アメリカの大統領就任式を見ているようだ

というたとえは、少し大げさでしょうか。



卒業証書を受け取るとき

国旗、校長先生、ほかの先生方、そして来賓の方。

最後に自分の両親に向かって頭を下げる平成の卒業式。


君が代斉唱の後は

蛍の光 も 仰げば尊し もなく


校歌斉唱のあとは

優しい詞とメロディーのついた歌を歌い


在校生、先生たちも交えた

言葉のやりとりで終わった卒業式。


でも、十二分に感動的でした。

卒業後もほとんどが同じ学校に進学する彼らは

あっけらかんと、明るい笑顔が多かったけれど

我々保護者席では、顔にハンカチを当てる姿が見られました。



こうして私たち夫婦は、小学生の親を

半分だけ卒業しました。


残りの小学生坊主を愛しみながら

中学生の親として進級します。






長男は、小学校6年間を

欠席ナシで通いました。


健康という、何よりの宝を神様からいただいたことに

改めて感謝です。





AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2010-02-24 23:25:47

オリンピックと母の気持ち

テーマ:子育て

オリンピックの女子フィギュア

浅田選手が健闘していますね!


数日前、地元紙にある方のコラムを読みました。


詳細は忘れましたが、

オリンピック選手を見守る両親の

気持ちについて書かれていました。


曰く・・・


わが子が、類まれなスポーツの才能を持っているとわかったとき。


そのときの親の葛藤は、どんなものだろうか。

わが子が、第一線を歩む中での「覚悟」を決めた時があるのではないか。


という主旨のものでした。



誰しも、自分の子どもの秀でたところを伸ばしたいと思うと思います。

けれど、それは普通、極めて平凡な中でのことであり

もしもわが子が、それよりも、一歩も二歩も優れていたとしたら・・・


時として、親自身の人生をも犠牲にしなければ

いけないこともあるかもしれません。




我が家の長男は、今春中学校に進学します。


同級生のほとんどが、同じ中学校に進みますが

一部のお友達は、別の進路を選びました。


幼稚園からずっと、一緒に過ごしてきたお友達は

あるスポーツを伸ばすために

私立中学への進学を決めました。


本人の意思なのでしょうが

お母さんは、すこし寂しそう。




小さかった私たちの子供も

少しずつ、自分の意思で動くようになりました。


わが子の成長を頼もしく思う一方で

一抹の寂しさを感じるのが「親心」なのでしょうね。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-06-26 20:45:33

病院は嫌かい? と部長先生から言われました

テーマ:子育て

耳の病気の治療のため

ある総合病院に二男が通いだしてから

早くも3年になります。


当初は、必ず手術が必要な病気かもしれないといわれ

また、何も知らない二男から


「何で、ボクだけこんな目にあうの?

お母さんも同じ思いすればいいんだ!

お母さんなんか死んじゃえ」などと、


ベッドの上で治療を受けながら

暴れて泣きじゃくる二男を抑えつつ、一緒に泣いたものでした。



そんな彼も小学生になり、モノの分別もわきまえてきて

我慢も覚え、月に一回の通院も

自分のためと嫌がらずに行っている彼ですが


先に風邪をひいたときに飲んだ

抗生物質の影響から、

鼓膜に炎症があり、普段よりも治療に時間がかかりました。



その後、簡単な問診のあと

部長先生の口から、フッと出たのが

「そんなに病院は嫌かい?」という言葉でした。



やんちゃ坊主で、

普段は生意気な口をきく二男ですが

部長先生の診察のときには、ひとことも口を聞きません。


その様子をみながら「嫌だよね~~~」と、

私自身の思いも込めて返事しちゃいました。



  私だって通院は苦痛です。

  先生、病院が好きな人っていますか?


と、今朝も早く、

順番取りのために並んだ場所で


高齢の患者さんから、

平気で順番抜かしされたイライラを思い出しながら

自分の感情を、できるだけ抑えて答えた私です。




「痛いときは、いつでも言ってね」

と二男に言いながら


「痛い」と息子が言うと

「そんなはずないよ」と答える。


「先生、そういう矛盾は、やめてくださいね」と

言いたかったけど、その言葉はのみこみました。



我が家と同じ、男の子のお父さん。

その写真を診察机に置いておく部長先生。


激務ゆえに、

先生ご自身が持ってらっしゃる優しい気持ちを、

忘れちゃうんですよね。




※先日の日記に書いた「守・破・離」の意味。

 もう少し、詳しくお話しますね。

 それは、また、のちほど(^^) 




いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2009-05-18 17:18:35

二人の勇者

テーマ:子育て

今年のゴールデンウィークは

1日だけ帰省して


そのあとも、そのあとも、

あーーーーーっという間に日がすぎて


気がついたら、

息子たちの通う小学校の運動会の日を迎えてました。


月日がたつの ちょっと 早すぎっ(><)


お弁当を作る気力を蓄えるべく?

前の晩は、久しぶりにたくさん寝て

いっぱい、いっぱい 愛情とともに詰めました。



運動会当日の16日は、曇り空に加え

微風が少し肌寒かったけど

我が家の小さな勇者たちは、めっちゃ 大活躍でした★



福島県在住ライターが綴る あんなこと こんなこと-運動会090516-1   

放送委員な長男☆





リレーの選手な二男 ☆

ちなみに彼は、出場した4競技ですべて 1位!






福島県在住ライターが綴る あんなこと こんなこと-運動会090516-3

運動会のクライマックスは、やっぱり 騎馬戦!


赤の大将も、白の大将も

くんず ほぐれず 長期戦を戦い ほんとうにいい勝負でした。


10分ほど対決しつづけたでしょうか。

勝利の女神は、赤の大将に軍配をあげました。

長男は、大将を支える「騎馬」として、本当によく耐えました!



実は、このところ

仕事とか、いろんなことが重なって

ちょっと気持ちがヘビーになってたんですけど


息子たちのおかげで、気分そーかい!

いろんな思いは、空の彼方へ飛んでいきました!


うちの息子たち、めっちゃ かっこいいっ!



以上、親バカ母の のろけブログでした~音譜



・・・・というわけで、

今はすっかりゲンキなtake@福島 で~す♪

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2009-01-22 07:00:14

「お年玉で養う金銭感覚」 産経新聞社から取材されました!

テーマ:子育て

前回エントリーした


「ゆうちょ銀行を利用した」初めての金融教育の体験を


ご縁をいただき、


産経新聞社の女性記者の方に

お話する機会を得ました。



それが 1月20日付の産経新聞

「生活 こども」欄に掲載されました!


お年玉で養う金銭感覚 子供自身に判断させる



予想以上に大きなスペースを割いてくださり

何だか恐縮しています。



しかも!

なーんか私、すごく立派な母親みたいじゃないですか(笑)



「おっかしいなー。

私、いつも旦那から『もっと親らしく』って言われてるのに」

と背中がくすぐったくなりました。



産経新聞東京本社 文化部の中島記者は、

柔かな口調で、とてもお話しやすい雰囲気を作ってくださる方。



ですから、わずか20分の電話取材なのに、

リラックスして、いろいろなことを、お話できたのだと思います。

(あ、でも、もっと長かったら、たくさんボロがでてたかも・笑)



ライターとしても

勉強になった経験でした。

みなさま、ほんとうにありがとうございました!

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2009-01-21 14:50:20

親子で挑戦! 初めての金融教育

テーマ:子育て

マネーじゅく  が主催する

子どものための金銭教育のメーリングリスト

「マネーじゅく倶楽部」に参加して、1年が経過しました。



そこで開発されたワークブック

「親子で挑戦¥ はじめての金融」

について長男に話したところ、本人大乗り気!


「おかあさん、僕、そのワークブックやりたい!」

という彼の希望に答えて取り寄せ。



このワーグフック

「ゆうちょ銀行」に子供名義の貯金通帳を作り

金融のしくみを体験されることで

子どもの「金融教育」をはじめようという趣旨です。




取り寄せしたワークブックの表紙と

その中身は、こんな感じ ↓


福島県在住ライターが綴る あんなこと こんなこと-ゆうちょ銀行ワークブック1.




「で、いつ、貯金する?」

「そうだ、今度のお年玉、貯金しようか」と提案したら

大乗り気の長男。



今年のお正月の帰省を

ほんとに楽しみにしていました。




いくら貯金するかは、特に聞かず


まずは、

「ワークブックの中身を読んで、自分で研究して考えて」

と彼に言いました。



ワークブックの取り寄せも

ゆうちょ銀行に自分の口座を開くのも

長男が自分で決めたことなので


本当にうれしそうな顔して、ワークブックを読み

貯金計画を立てていましたね。



それによると・・・・



●貯金するのは、お年玉の一部にし、

大きなお札は、母の私が長男名義で作った別の通帳に貯金してもらう。


  (長男は、すべてのお金を

  自分で管理する自信がなかったのだと思います)



●印鑑は、自分のお小遣いで買う。



●印鑑と通帳は、母に管理してもらうのではなく

自分で管理する。でも、なくさないように母が使っている引出しに

一緒に保管してもらう。


  (「いつでも自分の好きな時に通帳が取り出せて

  中身を見ることができる」というのが彼の希望でした。


  私が管理すると、しまいこんでしまうから

  いちいち「通帳出して」とお願いするのが面倒だとは彼の話です)




帰省先から福島に戻り

郵便局に行くときも彼は、本当にうれしそうでした。




新規預け入れの用紙にも、自分で記入。

わからない箇所だけ私に質問しました。




実は、母の私にもわからないことがあって(^^;)

窓口では、一緒に質問。

その感想などをワークブックに書かせます。



福島県在住ライターが綴る あんなこと こんなこと-ゆうちょ銀行ワークブック2.



こんな経緯で、長男は無事に

自分名義の通帳を手に入れました。




福島県在住ライターが綴る あんなこと こんなこと-ゆうちょ銀行ワークブック3.

左手にあるポストは、実は印鑑入れ。

以前いだたいたものを

「印鑑をなくさないように」と

私が長男に提案したものです。




自宅に戻ってからも

時々引出を開けては、にこにこしていた長男。




実は、まだ「貯金したら何しよう」などの目標はなく

ただ「貯金する行為」が楽しいのだとか。


でも最初は、そんなものですよね。




我が家の金融教育は

こんな感じでスタートです。


※今回は「ゆうちょ銀行」用のワークブックでしたが

  今後、内容ごとに分けた冊子を作ったり

  一般銀行用のものも製作中だそうです。


  ワークブックに関するお問い合わせは

  マネーじゅくのHPへどうぞ!









いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2009-01-16 07:57:30

頑張りません

テーマ:子育て

「お母さん、頑張って!」は

うちの長男の口癖です。


私は子供たちを

「頑張れ!」と言いながら

子育てしてきた覚えがないので


学校など、家庭の外で言われている言葉なんでしょうね、

きっと。



長男なりの

母の私を叱咤激励することばなのは

十分理解してるのですが


へそ曲がりの私は

たいていの場合


「やだ、お母さんは頑張らないよ」


と答えます。




先日の3連休、

頭痛でズキズキする頭を抱えながらも

裏磐梯で、クロスカントリースキーをしてきたのですが


長男からまたもや

「お母さん、頑張って!」

と言われたものだから


頭が痛いのも手伝って、彼に、こう、返しました。



「やだ! お母さんは仕事以外は頑張らないの!」



そう。


仕事で頑張ったら

(好きなことしかやってないけど^^;)

あとは頑張る体力・気力は残ってませんもの。



なので私は「子育ても」

(今のところ)頑張りません・笑




いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2008-11-28 07:39:46

勤労感謝の日の作文

テーマ:子育て

うちの二男は、

不定期で私立の学童保育に通っています。


そこでは、毎日日記形式で作文を書くのですが

先日、勤労感謝の日の作文を書いたそうです。


「何を書いたの?」と聞くと

私のことを書いたのだとか。


「お母さん、こないだ試験を受けたでしょ。

そのことを書いたの。ぼくのお母さん、がんばってますって」



いやぁ、驚きました。

働く人に感謝する作文に

父親でなく、母の私を書いたなんて!


でも嬉しかったのも、また事実で。



作文の細かな内容は

家族の顔が揃う、朝食の席で聞いたのですが


夫がニコニコ笑っていたのも

また嬉しかった私でしたラブラブ


(だって、ほんとにグータラな妻なので)




いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2008-08-30 07:37:54

夏の思い出 【親子編2】

テーマ:子育て

長男は、夏休みに

市発行のチラシを見て


「ぼく、キャンプ行きたい!」と言いだしました。


いや、別にキャンプに行くのはいいのですが

我が家には、二男もいます。


「あなただけ、夏休みを楽しんで

二男は、おいてきぼりでいいの?」と私はいい



キャンプに参加するのはいい。

けど、その前に、きっちり夏の宿題を終わらせなさい!


7月中に終わらないときは、

すぐさまキャンプの申し込みを取り消します!



と命じました。




その結果、彼は必死に宿題をこなし

それを見ていた二男まで、きっちりやっていたのは

嬉しい誤算クラッカー





かくして、3泊4日のキャンプに参加した長男。


天候がすぐれない中、

テントを張り、野外炊飯をこなし

雨晴れ関係なく、決められたスケジュールを

もくもくとこなしたようでした。



最終日、彼を迎えに

「少年自然の家」に行き

お昼のラーメンを食べながら

キャンプの一部始終を聞きました。


起床時間、消灯時間

1日3食の献立まで、すべてアップ



その間、1時間弱だったかな。

詳細に記憶している長男にも驚きましたが

そこまで話してくれる彼に感動しました。



うーーーん。

やっぱり私は、母だった!


大満足ドキドキ

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。