1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-01-06 08:55:27

今年1年の仕事の目標

テーマ:仕事
自宅に戻り、昨日から仕事を始めています。

1月はテープ起こし…といっても
「仕事」としての起こしではなく
取材に付随するテープ起こしが盛りだくさん!

・・・になる予定です。

暮れに受講した「価値観」の講座で
私の価値観の第一位は「楽しさ」「生きがい」
であると分析されました。


考えてみたら、
この2つが欠如していた仕事は実に辛かった。

幸いにも今の私は
ある程度、自分の仕事をコントロールできる
立場にいます。

   ※生きがいをもって 楽しめる仕事

を目指して、今年1年過ごしたいと思います。




お仕事のお問合せもお待ちしています!
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-09-24 07:06:12

シルバーウィークの5日間にできたこと

テーマ:仕事
初めてのシルバーウィークを
みなさんは、どうすごされましたか?

お天気もよく、
行楽に行かれた方も多かったと思います。

私はテニススクールの友だちに誘われて
20年ぶりにテニスを楽しみました。

通常のレッスンとは違う形式で
ただ打ちあった3時間。
最初はどうなることかと思いましたが
何とか無事に終えることができ
楽しい1日でした。

そのほか、若い人たちに向けた
自分史講座のカリキュラムをつくったり
放置気味だったHPに手を入れました。


  福興ライターのサイトに
  「東北復興新聞」の執筆歴
  今募集中の自分史講座のご案内ページを作りました。

よかったら、のぞきに来てくださいね!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2014-09-26 07:31:12

自分の仕事を人にもすすめられますか?

テーマ:仕事
突然ですが、みなさんはご自分の仕事を
他の方にオススメできますか?


・・・実はこの夏に発刊された
「女性のための仕事案内」本の執筆のために
何名かの方にインタビューしたとき


上記の質問に堂々と
「オススメします!」
と答えた方は、お一人だけでした。


あとの方は

「いっぱい、いっぱい努力した。
私の場合は好きな道だからがんばれたけど
人にすすめるとなるとどうかな?」とか


「収入はわずかです。
私は好きだから、この仕事を選んだけど
人にすすめるとなると話は別」とか


「かなり体力がいりますよ。
周りから『大変ね』って言われます。
私は好きだからやってますけど・・・」とか


「生活していくことを考えたら
私には、この選択肢しかなかった」
などの答えが返ってきたからです。


私がおたずねした方たちは
フリーランスの方がほとんどだったけど

会社員の場合は「この会社が好き」とか
あるいは事務職、経理、営業など
役職や役割に対しての質問にあたるのかな。


「自分の仕事を人にもすすめられるか」

この質問、意外に奥が深いナーって思ったんでした。



天職が見つかる女のお仕事バイブル/なでしこベスト就活委員会

¥1,512
Amazon.co.jp

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013-11-25 08:32:21

「八重の桜」に学ぶ 共感の集め方

テーマ:仕事
NHKの大河ドラマ「八重の桜」には
登場人物のセリフに、共感できることが多々あります。

作者は登場人物を通して
今の世相や福島県人の気持ちを代弁するように
務めていると聞きました。

さて。

11月24日20時からの放送は
八重の夫 新島襄が 同志社大学設立に向けて
多額の資金を集めるために奔走する場面が描かれていました。

その中で私が感動、共感したシーンがあります。


●新島襄の教え子 徳富蘇峰が、
自身の発行する雑誌に
『同志社大学設立の旨意』を掲載。

その記事は他誌にも転載されます。
その前に来訪した新島夫妻に勝海舟がいうセリフ

 「多額の金額を
数名のお金持ちから集めたものよりも
一人1円の寄付を
千人の読者から集めた金額が同じだとしたら
どちらが重いだろうか」(意訳)



現代社会は「共感」の時代です。

私利私欲は人々の共感をよびません。

ただ、多くの人の共感を呼ぶためには・・・

そのための仕組み作りが大切だと言われています。


同じ事をすでに明治の時代に
次世代を創り出そうとする人たちがやっていたのだと。

そのことを今回の大河ドラマで初めて私は知り
感動しました。


ドラマ「八重の桜」を通して
先人たちに学ぶこと。
まだまだたくさんありそうです。


福島県の今と未来を記録する
福興ライター


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011-02-20 05:18:37

テニスレッスンを仕事に活かす!

テーマ:仕事

前々回のブログで、テニスレッスンを通して

学べた技術習得のことを書きました。


その日記にいただいた、

コメントのお返事でも書きましたが

レッスン中にコーチから教わったことが

そのまま仕事への姿勢に、活かせることが多いんです。


たとえば・・・


 ・サーブ一つ、ストローク一つでも

  「ここにボールを打ち込む」という場所を決めて練習する。


 ・練習中は失敗してもいいから

  「きょうはコレをマスターする」という目的をもって練習する。


 ⇒目的意識を明確にもって練習せよ ということです。

   ライティングのような技術を自分のものにする過程が

   まさに それ! ですね(^^)



 ・試合の時に意識することはひとつだけ。

  それは「勝つ」という意識をもって試合に臨む。


 ⇒お客さまとの商談のときも、この仕事をとる!

  という意識が大切なのではないでしょうか。



 ・「自分にはこの球は打てない」「自分にはできない」

  と思った時点で、できなくなる。


 ⇒意識って大切ですよね。

   仕事でも「ああできない」と思ったとき、本当にできなくなりませんか?


とりとめなく挙げましたが、いかがでしょうか。



スポーツにおいての一流選手が、

ときに思いがけない分野で

素晴らしい才能を見せることがありますが


おそらく一流という成果においては、

スポーツに限らず、共通の考え方や、

意識の仕方があるのだと思います。


だから他の分野でも、

スポーツ選手の活躍が見られるのだと思います。







いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011-02-10 19:34:23

確定申告の準備

テーマ:仕事

「毎日、きちん、きちんとやっておけばよかったなあ」

毎年、この時期になると反省します。

ええ、確定申告です。


1年分ためた請求書、伝票類を

一気にこの時期片付けます。


わたしのような事業者さんは、少ないと思います。

反面教師として、見てください。


ただね。

言い訳になるのですが、1年間を一気に見るからこそ

分かることがあります。


昨年は、上京の機会が少なかったです。

地元でコツコツと、勉強し、かつ、交流していました。

そして、その中から、いろいろな方と出会いました。


昨年は、そんな年でした。



そして、今年は?


どんどん外に行きたいです。

いろいろな方と出会いたいです。


そんな意欲がムクムクと。

芽生えています。


ですが、まずは、確定申告。

早くまとめたいと思います。



いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2011-01-21 07:31:55

モチベーションを高めたい時にオススメ⇒「プロ論 2. 」

テーマ:仕事

図書館で、ふと目に入った本を手に取り

一気に読み終わりました。


「プロ論2.」徳間書店 です。


内容は


 1.自分の将来に不安を感じたとき


 2.向いている仕事がわからないとき


 3.仕事をおもしろくしたいとき


 4.才能があるのに認められないとき


 5.誰もが注目する作品を生み出したいとき


 6.何をやってもうまくいかないとき


 7.前例のない仕事を成功させたいとき



の7章に分けられ、著名人が自身の仕事や

仕事観について語っています。


初出は、リクルートの「B-ing」

掲載されたのは2002年から2005年ですから

少し昔を振り返る形で読みました。


が、内容によっては起業したての人や

学生にも役立ち、モチベーションを高めることができました。


演出家として有名な宮本亜門さんが

ひきこもりだっただなんて

初めて知りましたし、


華道家として活躍されている假屋崎省吾さんが

意外にも遅咲きだったことなど


昔をひもとくのは楽しかったです。



さて、我が福島県が生んだクリエイティブディレクター

箭内道彦さんは、博報堂時代に仕事をくださいと

社内外に営業しまくったそうです。



その箭内さんのインタビューの最後を
ここに引用したいと思います。


  会社に入ったばかりのころ、上司から「お前のライバルは誰だ」

  と聞かれたことがありました。

  頭に浮かんだのは、隣にいる同期入社のデザイナー。

  それを見透かされて、言われたんです。

  「そう思った瞬間、お前はもう終わってるんだ」と。


  ライバルにすべきなのは、

  日本でいちばん注目されているクリエイターのはずだと。

  目標にしたいくらいの人をライバルにする。

  意識を変える、いい方法ですよ。





プロ論。2/著者不明
¥1,680
Amazon.co.jp

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-09-28 10:21:16

経験は宝もの

テーマ:仕事

先日、ユーストリームで、とあるIT講習会を聞きました。

残念なことに、ネット回線の都合で、よく聞き取れない部分も多かったのですが

その中で、ある有名なネットショップさんの実話に心響きました。


売上が、○万円を超えたときに

従業員がコーヒーを入れてくれた。


売上が、○万円を超えたときに

従業員が、コーヒーにお茶菓子を添えてくれた。


従業員の家族もよく知っている

あの「ユニクロ」と一緒に仕事をしたとき

本当に嬉しそうだった従業員の顔が忘れられないと。



初めて聞いた話ではなかったのですが

今回、とても心打たれました。


その理由は・・・

ネットショップさんの経験の足元には及びませんが

私も、同じような経験をしてきたからです。



私が、ネットだけの仕事をしていたとき

家族は、あまり嬉しそうではありませんでした。

「おかーさん、またミクシイで遊んでる」と

長男からは、ことごとく批難されました。


新聞のリポーターをやった記事が

初めて載ったとき、夫はとても嬉しそうでした。


リポーターには、子連れでいったことも多かったので

いいネタがあると、長男が教えてくれるようになりました。



そしてこの春

「ふるさと散歩」 が書店に並んだとき

長男は、学校の図書室にリクエストしてくれました。


彼が母の本をリクエストし、

それが学校の図書室に入荷したとき


司書の先生が

「どうする?家に持っていく?」

と聞いてくださったそうです。




作文は別として、

私は学生が書いた論文の類が

あまり好きではありません。


知識だけあふれ、経験の裏付けが感じられない文章が

多いからです。


文章の得手不得手は、仕方ありませんが

経験に裏付けられた文章が好きです。


すなわちそれが「生きつづけている

ということの証だと思うからです。








いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-09-23 20:58:53

女性の仕事の未来

テーマ:仕事

女性の仕事のあり方を、考えることがあります。

私のようなバブル世代の若き日は、結婚退職があたりまえ。

その後、続いても出産退職。

専業主婦として、家庭をささえる姿が一般的だったと思います。


統計でいうと、我が国の女性の就業率は「Mカーブ」。

基本的に家庭の事情を優先していますね。

これは一面からいうと、男性の収入だけでも生活できたから

成り立つのですね。


その中で働く道は、SOHO。

つまり自宅にいて、できる仕事を選択している人の

割合が多かったように思います。


それが続く中で、会社を起こしたり

同じ立場で働く女性を応援したり。


・・・ちょっとだけ「おしん」の世界も入りますね。

(違和感感じる方、すみません。極論です)



ネットを主体に仕事していると

私よりも一回り下の世代との交流が多いです。

いわゆるベビーブーマー2世の世代ですが

私の世代に比べると、自分の意見、主義主張ははっきりしていますし

仕事に対する考え方も、しっかりしています。

明らかに、私とは違う。


そして社会の経済事情。

低成長がつづている中、夫だけの稼ぎではなく

夫婦ふたりで働いている家庭が多いのでは?


社会事情、国のあり方にもよりますが

子育てする母親に厚い環境が増えたら

今のように、自宅でほそぼそと

仕事をせざるを得ない女性の数も減ると思います。


いえ、そうなっていってほしいです。




男女の性差が生み出す特性の違いはありますが

今の時代が「男だから・・・」「女だから・・・」

制約のある、生きづらい世の中であるとしたら

早く解消されればいい。


いい意味で、暮らしやすい世の中になればいいなぁと思います。



「女性起業家・リーダー名鑑」発売中です。


女性起業家・リーダー名鑑―108人の108以上の仕事 (コミュニティ・ブックス)/著者不明
¥2,310
Amazon.co.jp





いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2010-09-09 09:00:00

お打合せ

テーマ:仕事

お正月に購入した

春・秋用のスーツを出してみました。





福島県在住ライターが綴る あんなこと こんなこと-100906

ええ、形から入る方です・笑


スーツを着て、気持ちをシャキッと引き締めて


「このお打合せ、上手くいく☆」と

自分に気合いをいれながら向かいます。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。