2016-02-06 09:15:20

▼「あれからずっと1本筋の通った活動をされていたのですね」 というメールをいただきました。

テーマ:起業
実は先日「私の転機」というタイトルの
取材を受けました。

朝日新聞の記者さんからお電話いただいたときは
「私なんか、何もすごいこと、ないですよ」
と言って、いったんはお断りしたのです。

そのあと再度お電話をいただき
「武田さんは、今、自分史の活動をされているのですね」
と言われ、その一言が決め手になり
取材をお受けすることになりました。

  ・
  ・
  ・
が、常に前を向いている
・・といえば、聞こえはいいのですが

過去のことを、なかなか思い出せず
3時間の取材時間は、正直いって苦痛でした。

ほんとに、ほんとの最後に

「私は、ずっと福島の人たちに認められたくて
活動してきたんです」

「だって福島が
私の夢を叶えてくださったんですから」

とぽろりといったら

記者さん、うーんとうなって
「それを最初に聞きたかった」とひとこと。

そんな経緯があって
掲載された記事をみた
数年前にある勉強会であった方から
いただいたメールが冒頭のひとことです。

正直なところ
記事になるまで気持ちの葛藤はありました。

が、このような形で

私の軸について
感想を言ってくれる方がいたことで
私自身の気持ちを再確認できましたし
取材をお受けして、よかったな って思いました。


  よろしかったらお読みください。

   ◆私の転機(朝日新聞)
  復興目指す姿 インタビュー
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-01-28 06:00:00

なぜ自分史活用推進協議会が設立されたのか?

テーマ:自分史活用アドバイザー
3月5日(土)に、郡山市で開催予定の
「自分史活用アドバイザー認定講座」


案内チラシに続いて、
プレスリリース用の原稿を書いています。

そのために、改めて協議会のサイトを読み返し。
何度読んでもグッ!とくるのが

  「自分史活用推進協議会の設立趣旨とビジョン」

です。一部引用しましょう。



------------------------
自分史というと、会社を定年退職した高齢者が、
自分の生きてきた軌跡を文章にまとめ、自費出版で本にする
というイメージを持っている方が多いと思います。

確かに庶民の歴史の記録としての自分史の効用は大きいですが、
自分史の魅力はそれだけではありません。

自分史は、自分のことを客観的に振り返り、
より深く自分を知るために役立ち、
また自分をPRしたり、
ほかの人とのコミュニケーションをよくしたりする
ツールとしても役に立ちます。
-------------------------

つまり

  自分史=高齢者のもの

ではないのです。


どんな人の人生も歴史があります。
ドラマがあります。

ただ、それを、振り返るだけでなく
振り返りながら、よりよい人生を見つけていく。
そのためのツールの一つが「自分史」なのです。


さらに、アドバイザーは
引き出し役、ナビゲーターです。

自分史というツールを用いることで
いろいろな方と接し、
それがまた、自分に返ってくる。

素晴らしい仕事ですよ。


私と一緒に、自分史を広めていきませんか!

    3月5日(土)
    郡山市にあるコワーキングスペース
    co-ba koriyama でお会いしましょう!



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-01-26 21:24:01

福島県初!自分史活用アドバイザー認定講座 チラシ作り

テーマ:自分史活用アドバイザー
3月5日に郡山市で開催する予定の
自分史活用アドバイザー認定講座の
チラシ作りをしています。

実はチラシ作りの経験が、ほとんどないため
かなり苦戦しています。

最初はワードで作っていたのですが
途中でパワポで作ったほうが自由度があると聞き
パワポ相手に奮闘中・汗

改めて、ウェブデザイナーさんの
仕事ぶりに頭が下がります。

ああ、、、
明日は仕上がりますように・・・


認定講座0126


自分史活用アドバイザー認定講座in郡山市

お問合せ、お申し込みは、下記アドレスまでどうぞ!
たくさんの方のお申し込みをお待ちしております♪

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-01-22 22:20:04

先生、打ち上げしましょうよ!

テーマ:自分史活用アドバイザー
昨日は、郡山市内にある
T町の社協が運営する施設で
自分史講座の日でした。


昨年夏からお付き合いを続けている
受講生のみなさんと、
午前中のひとときを過ごしました。


この講座は、
(財)公益法人協会さまによる
草の根基金の助成を受けて、
開催しています。




助成をいただくにあたっては
私自身がNPO法人などに
所属していなかったため


ある中間支援団体の推薦をいただき、
かつ評議員の審議をへて
という過程がありました。


助成金受諾の決定をいただいてから
実際に自分史講座を開催するまでも
紆余曲折がありました。



  今、ふるさとに
  住めない方のために講座を開きたい


という思いがあったので、


関係町村のお知り合いや社協、
支援団体につてを求めました。


具体的にはI村、O町、N町、M町
F町のみなさまにです。


ある団体からは
「いい取り組みですね」という評価をいただき
町のみなさんにつなげてもらいました。

けれど、町のみなさんには
「自分史って難しそう」と思われて
受け入れていただけませんでした。


また、ある団体からは
「自分史、いいと思う。ただ、
今はつなげる体力が自団体にない」
と言われました。


ある団体からは
「まだ、自分史を書く
段階ではないと思う。紹介できない」
とお断りされました。




ほかにもいろいろな経緯があって
私は何度も、何度も、心折れそうになりました。


そんな中
「自分史の講座もあっていいよね」
「会場をお貸ししましょう」
と言ってくださったのが、

BPふくしまに避難されている頃から
お付き合いがあった

今、自分史講座を開いている
T町社協の方々です。


いざ、講座を開く段階になっても
その内容をどうするか。


ことに初回は、
社協の当時のご担当の職員の方と
何度もお打ち合わせにお付き合い頂きました。


復興を支えるための、
大切な仕事が山積している中
お付き合いしていただいたことは、
今さらながらありがたかったと思っています。

    ・
    ・
    ・

そのような経緯があっての昨日は

  今まで書きためてきた「自分史」を
  3月までに小冊子にまとめましょう!

という話し合いでした。


2時間自分史を書く作業をしていただいたあと
3月までのスケジュールのすりあわせ。
いつもなら、ここで終わりのはずでした。

      ・・・・が!

 「先生、打ち上げしましょうよ!」

という提案を、
受講生のお一人からいただいたのです。

とても、思いがけない提案でした。

 「それいいね!」
とすぐに意見がまとまり
さっそく打ち上げするお店に
アポをとったのですが・・・


受講生のみなさんの気持ちもさることながら
ここまでの運営を続けてきてくださった
いろいろな方の顔が浮かび、私は感無量でした。

 
私は、今回、福島県郡山市で、
自分史活用アドバイザー認定講座を開きます。

もっといえば、一緒に、
福島県に自分史を広める
『仲間』を作りたいのです。


自分史に興味ある方がいらしたら
ぜひ、クリックされてください。

一緒に活動していきましょう。
どうぞ、よろしくお願いいたします。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-01-17 08:47:27

【福島県初開催】自分史活用アドバイザー認定講座のご案内

テーマ:自分史活用アドバイザー
3月5日(日) 福島県郡山市にて、
福島県初の「自分史活用アドバイザー認定講座」が開催されます。

★自分史活用アドバイザー認定講座1日間コース★

 日時: 2016年3月5日(土)9:30~19:00 
 場所: co-ba koriyama
 福島県郡山市緑町9番12号
 アクセス⇒ http://tsukuruba.com/co-ba/koriyama/

 受講料:3万円(税込み)

 定員: 20名(定員に達し次第、お申し込みを終了いたします)
   
   ↓  ↓  ↓

★お申込みは下記HPより、お願い致します!



本講座は自分史をつくりたい方、
出版したい方、お仕事の一環として活用される方をサポートする
「自分史活用アドバイザー」を養成・認定する講座です。

自分史を作成、活用するための
アドバイスをすることを
ご検討の皆様にご参加いただきたいと思います。

具体的には
 ◎キャリアカウンセラー、
 キャリア関係の仕事をしている方

 ◎金融サービス関係(FP等)、士業(行政書士等)

 ◎編集・ライター等のプロ

 ◎冠婚葬祭関係の仕事をされている方

 ◎地域活性の推進母体活動されている方

現在のビジネスに、プラスワンとして
「自分史」を加えるご提案をいたします。


     そ・し・て……

  ★震災から5年たった今だからこそ
   その経験と次世代に託す思いを
   愛する人たちに伝える意味を!

私たち福島県の、
そして東北の震災での経験を教訓を、
自分史を通して次世代に残す取り組みを

  私たちと一緒に
  自分史を伝える仲間になりませんか!



私たちの経験を是非自分史として残したい。
そのための、自分史の書き方や、
伝え方などの講義をさせて頂きます。


★みなさまからのお申し込みをお待ちしております。

「本申込み、及びお問合せは下記HPより、お願い致します。」



★おまけ★ 都内某所で打ち合わせする講師陣

認定講座in郡山
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-01-06 08:55:27

今年1年の仕事の目標

テーマ:仕事
自宅に戻り、昨日から仕事を始めています。

1月はテープ起こし…といっても
「仕事」としての起こしではなく
取材に付随するテープ起こしが盛りだくさん!

・・・になる予定です。

暮れに受講した「価値観」の講座で
私の価値観の第一位は「楽しさ」「生きがい」
であると分析されました。


考えてみたら、
この2つが欠如していた仕事は実に辛かった。

幸いにも今の私は
ある程度、自分の仕事をコントロールできる
立場にいます。

   ※生きがいをもって 楽しめる仕事

を目指して、今年1年過ごしたいと思います。




お仕事のお問合せもお待ちしています!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-01-05 09:05:52

2016年、今年もどうぞ、よろしくお願いいたします!

テーマ:ご挨拶
2016年はじまりました!

昨年よりも いっそうアクティブに、
かつ、楽しくやっていくつもりです。


ご縁あるみなさま。
本年も、どうぞ、よろしくお願いいたします!



2016年賀状
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-12-02 07:53:31

自分史活用アドバイザー認定講座のお知らせin仙台

テーマ:自分史活用アドバイザー
▼自分史にご関心のある仙台市近郊、
及び周辺にお住まいのみなさまへ

12月20日(日)に仙台市にて、
自分史活用アドバイザー認定講座が開催されます。

講師陣のほとんどが、東北在住のアドバイザーです。
そして私もお手伝いに行きます。

みなさんも、ぜひアドバイザーになり
一緒に「東北を自分史で」盛り上げていきませんか!

   詳しくは、ここをクリック

みなさんからのお申し込みを、お待ちしていま~す☆
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-11-22 19:28:10

70年後、お孫さんたちは、福島で起きたことを話せますか?

テーマ:自分史活用アドバイザー
今、元気な高齢者の方々から
その方の人生を伺う作業をやっています。

先日お話しを伺った方からは
戦争当時のむなしさ、
思想などをうかがいました。

平和があたり前な今、
その頃の若者の気持ちを思うと
なんとも言えなくなりました。

お話しを聞く中で、私が「初めて聞いた」
というふうな姿勢だったためか

「あなたは親御さんたちから、
  聞いたことはないのですか」
と逆質問されました。


おそらくこの福島県でも70年後に
同じ問いがなされるでしょう。

そのとき、私たちの孫は、
なんと答えるのでしょうか。


だから私は自分史をはじめたのです。
以下をお読みください。


県民が自ら語る自分史
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-11-04 21:00:57

受講生の方の反応が、励みになっています

テーマ:自分史活用アドバイザー
NHK自分史1.

今日は、NHK文化センター郡山での
「はじめての自分史」講座の3回目の講義でした。

1回目、2回目に「自分史とは何か」を
お伝えした後、いよいよ受講生のみなさんに
「自分史エッセイ」を書いていただきます。


うれしいことに
前回の講座の最後にお渡しした原稿用紙を使い
1600文字のエッセイを書き上げて

講義が始まると同時に、
提出してくれた方がいらっしゃいました。

私はいそいそとその原稿をコピーして赤入れ。

現在年金生活に入っているその方の
現役時代の様子を書かれたものに

   ・仮にお孫さんが読まれたときに
   当時の様子が、すぐ理解できる
   書き方になっているかどうか

   ・楽しかったこと、心に残ったこと
   の様子を、もう少し具体的に書くと
   読み手に伝わりやすい

の2点を伝えました。

私がお話しした後の
受講生さんの反応はというと…。

   「おお、うれしいね!
   自分では気がつかなかった点がわかるね。
   自分で書いているだけだと、
   なかなかわからないんだよね。
   添削はいいね」

というものでした。

そういう感想をいただくと
私の方が舞い上がります。

極めて率直だからです。

また、その方のご感想を聞いた
他の受講生のみなさんにも
いい影響をいただきます。


   「ありがとうございます。
   でも、添削している私自身が
   人生の先輩の貴重な経験を知るのが
   楽しいのです」

と話しました。


自分史って、ほんとに楽しいです!
おそらく、教えている私自身が
一番楽しませていただいてます。



  自分史講座についての
  ご希望、お問合せは
  下記からお願いいたします★









いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。