2012-11-12 08:29:10

3.11の記憶 したいと思ってできなかったこと

テーマ:福興ライター(R)
震災に関するインタビュー集を発刊するまで
長く心に尾を引いていた出来事がありました。

それは私が、震災直後、
身近にいた被災者の方に対して
手を伸ばせなかったことです。




阪神淡路の大震災、そして新潟の地震は
すぐそばの出来事ではありませんでした。
寄付をすることで、貢献したつもりになっていた。
否めない事実です。

しかし今度は違います。
我が身にも降りかかった震災。

でも幸いにも自分と家族は無事だった。
住む家もあった。
じゃあ次にやることは?

公共施設に避難してきた方への援助なのでは?
それが自分にできなかった。




震災直後、夫の勤務する会社が臨時休業し
子どもたちの通う学校も
4月初旬まで休校になりました。

原発事故による、放射性物質をさけるため
外出もほぼゼロ。その頃は余震も続く毎日。

家族全員が家の中にいる状態で、
3度の食事を作る日が続きました。

私ではなく、他の家族も
一人だけ外出したときに、
また大きな地震があったなら!
家族の安否を気遣うようになったなら!
と思うと、よけいな外出を極力避けていました。




そういえば思い出しました。
地震直後に実家から
「子どもたちだけ、預かろうか」という連絡が入りました。
でも、断りました。


もしも、子どもたちが留守の間に
福島県で大きな地震があって
私たちの身に何かあったとき
彼らを【親のない子】にしたくなかった。

楽しいときも、その逆の時も
家族一緒が良いと。そう思っていました。
(少し落ち着いた頃、春休みの最後にあたる頃
3日くらい帰省させました)


避難所にいる方の手助けができなかった。
その理由の第一は、私自身の中にある「弱い心」です。
そこには、上記に書いたような気持ちが混じっていたことを
記したくて書きました。

これも、昨日参加した
「わかもの会議」で思い出したひとこまです。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012-11-12 07:37:04

「ふくしま会議」3日目「わかもの会議」に参加しました

テーマ:福興ライター(R)
11月9日から3日間にわたって開かれた
「ふくしま会議」の3日目「わかもの会議」に参加しました。

午前だけの参加だったので、
参加した…と言っていいのかどうか迷いますが
わずかの参加でも心に残ったことがあったので、
ご報告したいと思います。

わかもの会議は、その名のごとく
20代のわかものが中心でした。
私から見たら、娘や息子の世代です。

午前中は、アイスブレイクのあと
3月11日のこと、そしてその後自分を変えた出来事について
グループに分かれて話し合いました。


震災から611日たって、
今やすっかり元気になったと思っていましたが
当時のことを振り返るとき、自然に涙がわいてきて
そんな自分に驚きました。

昨年の今頃の私を振り返ると
まだまだ不安定な時期でした。
気持ちが大きく揺れることがあり、
地に足がついていない毎日。
そんな日々を、同じグループで分かち合えました。


偶然にも「わかもの会議」の参加者の1/3は知り合いでした。
年かさの私でさえ、そうですから
当の「わかものたち」は同窓会に参加したような雰囲気。

その様子を見ていて、改めて思ったこと、感じたこと。

「震災から1年以上たち、
まだ福島の復興はまったく見ていない」
とよく言われます。

でも復興に欠かせない
「人と人とのつながり」は確実に育ちつつあると。

それは小さなモノかもしれない。
でも、小さなモノから大きなモノはできていくのだと。

それを確認できただけでも、参加した甲斐があったと思いました。



ふくしま会議






AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012-11-09 10:59:51

素材広場さんに伺いました

テーマ:福島県の農業
会津若松市にある 素材広場さんに伺いました。


設立以来ずっと、福島県のお宿を応援! 

というコンセプトで活動されている横田純子さんは

震災以降、福島県の農産物のPRにも走り回っていらっしゃいます。


この日、おみやげにいただいたのは


おおきな おおきな おおきな 柿!

会津坂下町産だそうです。

普通サイズの右手の柿と比べてください。

大きさの違いがわかるでしょ!


柔らかな食感のあま~い柿でした!



$福島県在住ライターが綴る あんなこと こんなこと-20121108素材広場さん


会津坂下町のHP

素材広場さんHPはこちらです。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012-11-07 10:34:05

「勇気をもらいました」アマゾンのレビューに書きました

テーマ:福興ライター(R)
別の本の紹介欄に、
著者の方ご自身がレビューを書かれていました。
著者が自著を紹介しても良いのですね。

震災から1年以上たちますが、今も変わらず復興に向けて
福島県のみなさんは、がんばっています。
それを知っていただきたくて、書きました。

よかったら、お読みください。


福島県民23人の声
~3.11大震災と原発を乗り越えて~



福島県民23人の声―3.11大震災と原発を乗り越えて/武田 悦江

¥1,680
Amazon.co.jp

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。