1 | 2 次ページ >> ▼ /
2009-03-28 20:54:58

ATARIMAE プロジェクト シンポジウム2009 に行ってきました!

テーマ:学ぶ

先日のブログでもご紹介した


障害者があたりまえに働けるニッポンヘ

「ATARIMAE プロジェクト シンポジウム 2009」に行ってきました。


第一部の活動報告では


なぜ、このプロジェクトを立ち上げたのか

それは、障害者雇用の体制が整いつつある世の中を


雇用側が知らない

雇用側にそのノウハウがない


といった情報発信をしたいという想いと

その経過と結果報告。



その後、DVDにまとめられた

クロストークの一部を上映したのですが

初めて見た私は、ことに全盲の医師、守田先生と

対談相手の精神科医、名越先生の会話に涙しました。


精神科医、名越先生の言葉より抜粋しますね。


    「福祉は善意という考えがある限り

    日本の社会はダサいままだと思います」




そして、第二部はパネルディスカッション



福島県在住ライターが綴る あんなこと こんなこと-ATARIMAE_1

コーディネーターと

DVDでも登場した全盲の医師 守田先生

浜松にある農業法人 京丸園(株)の経営者 鈴木さん

横浜市中部就労支援センター センター長 西岡さん

ATARIMAEプロジェクト アートディレクター 丹下さん


が「働く」をキーワードにした

5つのテーマについて語りました。



福島県在住ライターが綴る あんなこと こんなこと-ATAROMAE_2

舞台では、手話のほか、トークを瞬時に

文章にして表示してくださる画面も登場。


これは、司会者の早口が、聞き取りにくかった

弱難聴の私にも助かる仕掛けでした。


前方で、4人の方が、タイピングされてたようでした。

こんな仕事もあるのねぇ と驚いたり、感謝したり。


さて、トークの中身ですが

私がわかりやすかったのは


障害者を雇用されてる農家さんの 鈴木さんと

障害者の就労支援をされている 西岡さんの


お話でした。



なぜ、わかりやすかったかというと

答えが単純だったからです。



たとえば、会場からの

「障害者と一緒に働くって、どういう感じですか」

という質問に対し、鈴木さんは

「私の農場にいらして、見てください」と答えました。


そうそう。その通り!ですよね。



ちなみに、草取りも大切な仕事のうちである農業は

障害者にとって、働きやすい仕事なんだそうです。


でも、鈴木さんは、障害者を雇用するにあたって

民間のカウンセリング資格を取得されたとか。


ほかにも、NPO法人を立ち上げて、

園芸福祉の普及にも努めてらっしゃるそうです。



予定時間を大幅に超える

パネルディスカッションでしたけど

得るものは、多かったと思います。




シンポジウム終了後に開かれた

京丸園(株)、夢ある街のたいやきやさんのバザーには

買い求める人で、長蛇の列ができました。




福島県在住ライターが綴る あんなこと こんなこと-ATARIMAE_3






AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2009-03-26 07:17:28

人を育てるということ

テーマ:仕事

最近、改めて「人を育てる」というお話を伺いました。

ワタシ「2児のハハ」ですが、乳幼児期を除き
半分以上を相方に依存してますし
そもそも、自分の子というのは
自分の子供時代に似てるところもあるので
また違うかな。

社会に出ると、学生時代のように
はっきりした点数をいだたけません。
社会的な評価と、仕事の結果、そして自己評価。

だからこそ、自分を育てて下さる人に出会ったら
感謝し、大切にしなければと。
それは、誰でも育ててくださるわけではないのだから。

そんなことを改めて書くのも
時として人は、育てていこうと思ってる方のことさえ
見えないことがあるからです。


そういえば、私の住む町で
主にWEB関係の仕事を率いている社長さんは
御自分が主催するセミナーに、必ず学生さんを誘います。
主たる受講生が社会人のセミナーへです。

今まで、漠然と、その姿を拝見してましたが
彼は、次世代の我が町のWEB業界を担う若者たちを
育てようとしているのだと。


ようやく今、はっきりわかったという遅さが
ワタシのにぶさでもあるんですよね。

AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2009-03-23 09:07:51

毎回、緊張します

テーマ:福島県の農業

こう見えても? 気が小さいです。

初対面の人とお会いする時、ちょっとした会合に出る時は

とても緊張します。


この会へも、初めて出席した時は

緊張で足がガクガク震えました。


その会合も明日で3回目の出席。


何のことかといいますと・・・・





福島県在住ライターが綴る あんなこと こんなこと-審議会



福島県農業振興審議会 です。


おととい自宅に届いた資料。

きょう中に読み込んで、明日に備えたいと思います。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2009-03-17 11:15:17

障害者があたりまえに働けるニッポンへ「ATALIMAEプロジェクトシンポジウム」開催!

テーマ:人生

障害者があたりまえに働けるニッポンへ


「ATALIMAEプロジェクト」のことは、

以前にも、このブログで紹介させていただきました。




毎回UPされる「クロストーク」も楽しみにしています。



今、サイトにアップされてるのは

ホテルニューオータニ の客室係の方と

西村知美さんのトーク。


客室係の三浦雄一郎さんが

聴覚障害者であることもそうですが

ホテルニューオータニには、同じような聴覚障害者の方が

働いてることにも驚きました。


その理由は、私の中に、

ホテルニューオータニが

サービス業の最先端を行くホテルだから

という気持ちがあるからだと思います。


あと、なぜか知らないけど泣けたのが

Webデザイナーの杉本あゆみさんと、歌手の今井恵理子さんのトーク。


私自身が弱難聴なので

聴覚障害者の方の記事に敏感になるのかもしれません。




そのシンポジウムが、3月28日(土)に開催されるそうです。

基調講演は、王理恵さん。

言わずと知れた、あの、王監督のお嬢さんです。


同時に行われる「縁日」では

アタリマエクロストークにも登場した方たちが主体となって開かれるとか。


ものすごーーーっく

楽しみっ♪



私も昨日、申し込みしちゃいました!


どうか、当日、無事に会場にいけますように!



どんな方がたが来場されるのかも

ちょっと楽しみにしているんです。


申し込みしたいと思った方は、コチラから ↓

参加者全員にDVDのプレゼントもあるそうですよ~音譜

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2009-03-16 16:43:32

埼玉県民から福島県民になったとき気づいたこと

テーマ:福島県の出来事

PCに向かいながら、ふと

福島県に来たばかりのときの驚きを思い出していました。


その発見を忘れないように

ときどき書きとめておきますね。


福島県は温泉の宝庫。

あまり知られていませんが

私の住む街にも、銭湯料金で入れる温泉が

たくさんあります。


  ちなみに・・・

  私の住む地域は、新興住宅地ですが

  自宅から歩いて10分の場所にも

  温泉があるんですよ!



当然のことながら

来てしばらくは、毎週のように頻繁に温泉に通う日がありました。


そこで見かける家族連れの多くが、

3世代家族。


おじいちゃん、おばあちゃんがいて

若夫婦がいて、小さな子どもたちがいる。


そんな風景が当たり前のようにありました。




私のふるさと埼玉県では

多くの家庭が核家族。


街で見かけるのは、

若夫婦と子供たちという家族の風景。



福島にきて、お年寄りの方たちの姿が

日常に見られることに

なぜかしら ほっ としたのを覚えてます。




そんな驚きを福島県生まれ、福島県育ちの方に話したら


「年よりは、車を運転できないでしょ。

だから運転できる若夫婦が「足」になるわけよ」


と笑ってましたけど

彼女には、逆に私の驚きが新鮮だったようです。



ま、家の中に3世代が暮していれば

いいことばかりじゃないかもしれないけど

やがて私たちも年をとり

子どもたちに頼らざるを得なくなる。


そのときに、お年寄りと暮らした経験のあるのと

ないのでは、何か違うのでは


なんてこと、思うのでした。





いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2009-03-14 23:23:27

食育シンポジウム 参加しました!

テーマ:管理栄養士

12日に、市内で開かれた食育シンポジウムに

参加しました。


食を通した「子育ち、子育て」事業の助成金を受け

県内の大学が、未就学児に対しての

食育を行った、その結果発表でした。


食育に関する授業や、指定幼稚園のカリキュラムに

食育に関することを盛りこんだり


また、食育教材の展示がされてました。


主に、ちいさな子どもたちのお母さん向けですが

私も管理栄養士として、市の事業のお手伝いをしている中で

何か、自分のプラスになるものはないかと

参加したのですが


予想以上に盛りだくさんの内容に

ときにホロリとしてみたり、

うんうんうなづいたりしながら

あっという間の3時間でした。



今回の参加が、私の今後に生かせるよう

しっかり咀嚼したいです。




↓以下の画像は、ある幼稚園のお父さんたちが扮した

 「食育レンジャー」隊のデモンストレーションの様子です。

 会場参加者の方から、大いに受けていました。




福島県在住ライターが綴る あんなこと こんなこと-食育シンポジウム



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-03-11 21:37:01

GReeeenのモニュメント 除幕式を見てきました

テーマ:福島県の出来事

我が町郡山が、ネットで全国的に流れることは

そうそうないでしょう。


先ほどミクシィをのぞいたら

そちらにも堂々ニュースとして流れてました。



そう、郡山市在住のアーチスト

GReeeenのモニュメントが郡山駅にできたのです。

「音楽都市 郡山」を象徴するように!


主催した郡山青年会議所のメンバーの方は

昨年取材でお話を聞いた方々。


「1年がかりで秘かに進めていた」といってらしたメンバーのお一人は

嬉しさなのか、目が赤くウルウル。


報道陣も大勢詰めかけた中

ワタクシおばちゃんライターも

カメラ片手に動きまわってたのですが

どんな画像が撮れたのか、まだ確認してません。


いずれ、どこかにUPします。

その前に速報。




・・・おかげさまで、仕事が詰まってて

更新が滞りがちですが、


GReeeenの記事は、早く、まとめるぞ!・・・と自分に言い聞かせ!!!







いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-03-09 22:59:44

懐かしい!吉田企世子先生の講義!

テーマ:管理栄養士

1日たった今も、胸の奥が温かな気持ちに包まれる。


それは、卒業以来20数年ぶりに、

吉田企世子先生の講義を聴講できたからです。



4年前に私の母校、女子栄養大学で

定年を迎えたという企世子先生は、

現在、同大学の名誉教授でいらっしゃり


今回、郡山女子大学で開かれた「市民フォーラム」に

講演のためにいらっしゃいました。



企世子先生は

セミナーを主催された「郡山女子大学」の教授のご紹介によれば

「野菜に関しての権威」なのだとか。



私にとって、そんなことは、どうでもいいんです。



学生時代、企世子先生の「食品加工」の実習で

味噌やら、豆腐やら、ジャムやらを作った

あの楽しい記憶を思い出したかっただけだから。





福島県在住ライターが綴る あんなこと こんなこと-吉田先生講演



でも、先生の講義から

現在の野菜に関する最新事情を伺えたのは

郡山市の在宅栄養士をしている私にとって、とても有意義でした。


ホウレンソウの栄養成分の移り変わりや

厚生労働省の「健康日本21」で、野菜の摂取目標量が

300gから350gになったわけ。


また、ビニールハウス栽培と露地栽培で育てた野菜の栄養価の違いなど。


先生の講義は、ある事象を語り

その後で、その理由を説明してくださり


さらに


「○○という現象だからといって、

必ずしも●●がいい というような判断はしないでください。

なぜならば・・・」



といった細かな配慮のある説明が、とても嬉しかった。



講義のあとは、私も質問をさせていただき

さらに、セミナーのあと、ご挨拶にも伺いました。



たまたま、私の同期が、一時期、

先生の研究室で助手をやらせていただいたことを

お話したら、


先生の目が パッ!と輝いたのが印象的でした。



思い切って、ご挨拶して、本当に良かった!


年齢を重ねても

チャーミングな口調は、若き日に私たちが教わったときそのままで

月日のたつのを忘れてしまいました。


企世子先生、どうぞ、いつまでもお元気で。

いいご研究をされてください。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2009-03-07 21:17:22

おめでとう!上村愛子選手!

テーマ:福島県の出来事

今月2日より、裏磐梯で行われている

FISフリースタイル選手権 モーグルの部で

上村愛子選手が、堂々の優勝!

見事、五輪切符を手にしました。


おめでとう!上村選手!



かたやWBCでは、サムライジャパンも大活躍。

スポーツが私たちに元気と勇気を与えてくれています!


ありがとう!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-03-06 07:43:57

Happyな言葉を口にする ~近藤典子さんのお話から

テーマ:人生

カーラジオから

私の好きな、笑顔のステキな収納アドバイザー

近藤典子さんの元気な声が飛び込んできました。


途中、途中でしか聞けなかったんですけど

近藤さんが、番組の最後に言った言葉が忘れられません。



  いろんなお宅にお邪魔しました。

  みなさん、今までのご苦労や困難にあったことは

  雄弁に語るんです。


  でも、ほんとは、Happyなことのほうが大事でしょ。

  『あー、きょうも起きがけに飲んだ1杯のお水がおいしかった』

  といった、ささいなことでいいんです。


  小さな幸せをもっと大事にしましょうよ!



ほんとだよなー

わかってても、できてないなぁ。


近藤さんの、あの笑顔は

Happyを大切にしてるから出てくるんですね!



昨年から、韓国まで活動の幅を広げてるとか。

「実は、片付け嫌いの主婦だった」という

近藤典子さんのHPはコチラです



いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。