1 | 2 次ページ >> ▼ /
2008-08-31 06:38:03

だから、あなたのことも大切にしたいの

テーマ:ライター

おととい、保健所での栄養指導の仕事を終えた

帰り際にばったりと


以前、公民館で大変お世話になった人にお会いしました。



1年間ほどですが

公民館で出す「館報」を、公民館職員だけでなく

地元の人も編集委員に巻き込んで

「地域住民も巻き込んだ館報」を作られた人なんです。


その「地域住民」のひとりが私でした。

その後、彼女は、別の公民館に移動になりました。




偶然にもお会いしたときには

近況報告や、以前の職場の話など

いろいろ会話がはずみました。



その中には

「今だから話せる」ような話もあり。


当然のことですが?

あまり良い話ではありません。


「でもね・・・」

と彼女は言います。



「でもね、私、思うの。

あの出来事があったから、今があるんだって。


今の仕事が楽しいのは

神様がくれたご褒美だと思うの





なんて、ステキな言葉なんでしょう!




続けて彼女の口から出た言葉は


「人はね、そして地域の人は

目に見えないところで、いろいろつながっているの。


だからこそ、

ひとつひとつのつながりを、大切にしないとね



さらに彼女は、私の肩をそっと抱き


だから私は、あなたのことも大事にしたいの




最後の言葉に、

ぐぐぐっ~~~と、ひかれた私です。




私が、その言葉に値する人じゃなく

彼女だからこそ、出た言葉なのだと。


それは、よく、承知していても

週末の、疲れた体と心にしみ入ってきたひとことでした。





Aさん、ありがとうございます!

今度、Aさんの勤める公民館に遊びにいきますからね!



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008-08-30 07:37:54

夏の思い出 【親子編2】

テーマ:子育て

長男は、夏休みに

市発行のチラシを見て


「ぼく、キャンプ行きたい!」と言いだしました。


いや、別にキャンプに行くのはいいのですが

我が家には、二男もいます。


「あなただけ、夏休みを楽しんで

二男は、おいてきぼりでいいの?」と私はいい



キャンプに参加するのはいい。

けど、その前に、きっちり夏の宿題を終わらせなさい!


7月中に終わらないときは、

すぐさまキャンプの申し込みを取り消します!



と命じました。




その結果、彼は必死に宿題をこなし

それを見ていた二男まで、きっちりやっていたのは

嬉しい誤算クラッカー





かくして、3泊4日のキャンプに参加した長男。


天候がすぐれない中、

テントを張り、野外炊飯をこなし

雨晴れ関係なく、決められたスケジュールを

もくもくとこなしたようでした。



最終日、彼を迎えに

「少年自然の家」に行き

お昼のラーメンを食べながら

キャンプの一部始終を聞きました。


起床時間、消灯時間

1日3食の献立まで、すべてアップ



その間、1時間弱だったかな。

詳細に記憶している長男にも驚きましたが

そこまで話してくれる彼に感動しました。



うーーーん。

やっぱり私は、母だった!


大満足ドキドキ

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2008-08-29 07:52:55

夏の思い出 【親子編】

テーマ:子育て

どちらも「口が達者」なのが災いし?

長男と私は、「兄弟げんか?」が絶えません(><)


行司役の夫に言わせると、ひとこと。

「母親だろ!(大人になりなさい)」爆弾


子供でごめんよ>夫




そんな私たち(長男&私)なので

夏休みの間は、そりゃぁ、もう、大変でした。


終わった今、反省も多々ありますが。

そして、現在進行形でもありますが。


この夏休み、母として格別嬉しかったことをふたつだけラブラブ



ひとつめは・・・


この春に申し込んだ、郡山市農業センターの

「市民農園」でのひとコマ。


8月に、我が家の農園にエダマメととうもろこしを

収穫しにいったのですが

その量が膨大で。


枝付きの枝豆は、90リットルサイズのごみ袋いっぱいの

収穫量になりました。


それを・・・

帰宅後、長男に手伝わせて

ひとつひとつさやを取り去る作業。



1時間ほどだったでしょうか。


玄関先で、もくもくと手を動かしている間

彼が話す、たわいもない話を

口も挟まずに、もくもくと聞きました。



彼が思いつくまま、

学校のこと、友達のこと、小さい頃のことなどを

話すのを、

ふんふんと聞いていたひととき。


何とも気持ちの良い空間でした。


だって、


こんなふうに、彼の話を

ただひたすらに、もくもくと聞くことって

めったになかったから。






たわいのない話の内容は

今となっては、すっかり忘れちゃったけど


暑かった夏に、長男とすごした1時間の心地よさだけは

私の胸にあたたかく残っていますラブラブ




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008-08-28 07:37:36

夏の思い出 【長男編】

テーマ:子育て

福島にきて、つくづく我が子を羨ましいと思うのが

長期休暇中の充実した過ごし方です。


ことに長男。


だってさー、今年なんか


7月中 →特設クラブ:水泳部のため毎日プール

      その後宿題(なぜなのか、後日書きます)


8月1週目 →毎年恒例の瀬波温泉海水浴

         しかも!母の努力

         (公共の宿への予約は6か月前。

電話がつながるまで半日がかり)

         の賜物で、3泊4日という充実ぶり!


8月2週目 →待ちに待った埼玉への帰省

         福島では、まず乗れない電車に揺られ、

         ゲームセンターを満喫(^^;)


8月3週目 →単独で、市主催のキャンプに申し込む。

         自らグループのリーダーに立候補。

         天候の有無にかかわらず、沢登りや

         猪苗代湖の自転車めぐりを満喫した模様。

         そして「あぶ」に刺されるというアクシデントも経験。



ね、いいでしょ。


私の小学生時代なんて

ナーーーーンにも起こらないまま

1か月が過ぎましたもん。



彼は、今週から元気に学校に通っています。



いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2008-08-27 09:18:27

まだまだ続く、北京オリンピック

テーマ:ひとびとnet

北京オリンピックの閉会式が

24日に終わりました。


選手のみなさん、お疲れさま!

そして我が家の子供たち、夏休みも終わりだよ!




・・・・


いいえ。

まだ終わってないんですよ。


来月は、北京でパラリンピックが開かれます。

我が、郡山市からも


 八巻智美さん(陸上)

 佐藤聡さん(車イスバスケット)


が出場。先日開かれた壮行会の様子は

テレビニュースで放映されましたが、

お二人とも、腕回りが、ものすごく太いんです。

びっくりしました。




ブロ友の ぐろーぶさんも

パラリンピックに触れてらっしゃいましたが

選手のみなさん、がんばってくださいねっ!!!




ひとびとnet

「ようこそ!東北の玄関 福島県へ」

には、パラリンピック出場選手の名簿を掲載しました。


よかったら、のぞいてみてくださいね!


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008-08-25 06:05:42

結局、なるようにしかならないのです。

テーマ:人生

買物先で、夫の会社の先輩の方にお会いしました。


本社勤務のときは、夫のよきゴルフ仲間。

かつては、夫と一緒にタッグを組んで

仕事をさせていただいてたこともありました。


夫の部署の移動に伴って

私たちが郡山に移ってから、1年が過ぎたころでしょうか。

その先輩も、郡山に転勤になりました。


移るにあたっては、緒事情があったようで

その当時、お会いした時は、とても疲れた様子でした。





その後、夫の会社は、

いくつかの会社に分割吸収され


かつて、夫が「親の介護ができないから」という理由から

固執していた部署は、外資系の会社に吸収されてしまいました。



今、夫が勤務する会社は

比較的知名度もある、ある会社の名前に変わっています。




・・・以前、疲れた顔でお会いした

夫の会社の先輩に、買い物先でお会いした時は

穏やかな顔をされていました。



そう。


先輩だって、郡山に移ることがなかったら


今頃は・・・




あとで知ったのですが

私たちの郡山移転が決まった時

夫は、会社を辞めるつもりでいたようです。



親の介護をめぐって、兄弟で何度も話し合い

そのあげく、義姉からきつい物言いもされた私は

当時、生まれたばかりの長男を抱きながら

涙したこともあった。


ほんとに、いろいろあったあげく

私たち夫婦が、義父母のそばに住むことになった、


その矢先の転勤でしたから。




でも結局、義父母の面倒は

子どもたちも大きくなり、

自分の仕事も落ち着いてきた

2番目の義兄が、みてくださってるし


義父の最後の世話も、

ほとんどこの義兄夫婦におまかせしてしまいました。


それは、義母が一人暮らしになった今でも続いています。

2番目の兄夫婦には、ほんとに感謝しています。



・・・・・


思いもよらないことが起こって

そのときは、絶望したとしても


少し時間がたってみて、振り返ってみると


「のっぴならない」と思っていたことが


実は、そんなでもなかったり


もしかしたら、

起こるべくして起こったことなのかもしれないと

思うこと、ありませんか?




だから・・・・


どんな状況になっても

その状況に、涙することがあっても


あとになって振り返れば、それはそんなに大したことではない。


いえ、むしろ、

自分にとって、必要なことだったのです。


だって


人生に、ムダなことは、ひとつもないのだから。




いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2008-08-24 06:51:46

第2の人生、折り返し点【夫の兄弟から】

テーマ:人生

お盆休みに、夫の兄弟家族と会いました。


3人兄弟の上から2番目の義兄は、

夫とひとつ違いの57歳。

55歳定年の会社を、今、嘱託として残っています。


たった1歳しか違わない兄弟なのに

我が家の子供たちが、小5、小1なのに対して、

義兄のところには

すでに嫁いだ娘と、大学4年生の男の子がいます。


(余談) そういえば・・・

     夫と付き合っていたころに

     自分と同じ年くらいの家族を見ていた彼が

     「オレだって、もしかしたら今頃あのくらいの年の子が・・・」

     って言っていたのを忘れてません・笑

     女は怖いぞー・爆



一人暮らししている義母のために

今、義兄は、週に1回、義母宅を訪れて

身の回りの世話をやいてくれています。



夫の長兄は、59歳。

義父のつてで就職した会社を

義父の死を機に辞め、専業主夫をしていましたが

この夏、再就職先を見つけました。


仕事の関係で、長く関西にいましたけど

この春、義母宅の近くに家を買いました。


長兄の子供たちも、すでに働いています。



そう・・・

我が家をのぞけば、

みな、第2の人生を歩み始めているのです。



赤の他人の人生と違い

血のつながった家族のそれは

いろいろ興味深いもの。



兄たちより、すこーしだけ

スタートが遅れている我が家は

いったい、どんな軌跡をたどっていくのでしょうか。


これを考えるのも、嬉し、楽し

あ・・・・いえ。

ほんとは、ちょっぴり不安な(笑)


今日この頃です。






いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008-08-23 08:50:52

9月は地元の方と触れ合いたい

テーマ:福島県の出来事

お盆をすぎたら、福島は急に秋らしくなりました。


夏の暑さもしんどかったけど

もう少し、残暑を味わいたいという寂しさは

毎年感じるもの。


春から夏にかけては

いつも、ほんとに駆け足で過ぎていくのがわかります。


この間、地元では、いろんな行事が盛りだくさんだしね(^^)



そして、東北の秋も短ーーーい!


だから! というわけじゃあありませんが

9月は、地元の人たちとたくさんお会いしたいと思ってます♪





以前からお世話になっていた方が

9月には、記念のコンサートを開くので

それに駆けつけるでしょ。


別の日には、私の住む町での

ちょっとした記念コンサートがありますし。


  ※今春「音楽都市 郡山」宣言をしたわが町は

    多くの音楽家を輩出し、また、今も合唱コンクールでは

    全国大会で優勝する高校があります。

    ほかにもね、日本のロック史上、名に残るコンサートが開かれた町なんですよ。



お世話になっている方には、昨晩電話したところ


「あー、入場券がなくても親子でいらっしゃい。

お子さんは観客席で見てていいから。

で、お母さんはお手伝いね・笑」


って言われちゃってるので

腰をいたわりながらも、がんばってこようと思います。


せっかくの記念だから

どこかでご紹介したいという気持ちもあります(^^)v




そうそう。

義父の3回忌も9月です。


先日会ったばかりの義母宅に

またまた家族でおしかけます。


なかなか会えない義兄たちとも

半年に一回の交流をあたためてきたいと思います音譜

(お盆にもあってきましたけどネ♪)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008-08-22 07:19:13

取材力を感じさせる記事【北京オリンピックから2】

テーマ:ライター

前の記事では、

北京オリンピックに出場したアスリートたちの

北京にたどりつくまでのモチベーションの維持に涙し

その努力を称えました。



その努力が、日本にいる私たちに伝わるのは

北京オリンピックの様子を逐次伝えてくれる

報道機関のおかげです。


ことに新聞。

日々の事件を伝える紙面は

淡々とした文章が多いですが


スポーツ欄、ことに今回の北京オリンピックでは

取り上げる選手のこれまでの軌跡や

北京にいたるまでの心境の変化などを

こと細かに取り上げ、


それと同時に

ライバルとみなされる選手の様子を

書きくわえることも忘れません。



読者の気持ちを選手に寄り添わせ

最後の1行で、記者の気持ちをまとめています。


これにも、何度か涙しました。

アスリートへの感動と、それをくれた記者の取材力に対して。



比べる相手が大きすぎるといわれれば

それまでですが


毎日私の心を揺らがせている

スポーツ欄。


あと残り4日の間、まだまだ感動をたくさんくれそうです。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008-08-21 17:19:44

モチベーションを維持するのは難しい【北京オリンピックから】

テーマ:ひとりごと

早いもので、北京オリンピックも残り

あと4日だそうです。


聖火リレーの騒動があっていらい

いろいろとキナ臭い話がついてきた今回のオリンピック。


「なんだかんだ言ったって、始まりゃあ

しっかり見るもんだよ」と、うちの夫は言ってましたが


開会式の花火がCGだったとか


少女の歌は、口パクだったとか。


またまた、民族衣装をまとった子供たちは

みな漢民族だったとか。

(あれをみたとき、チベット民族は、

よくぞ出演したと思ったものでしたが)


そんなことまでやるのかよ・・・


と、呆れた裏には

ギューザやら、うなぎやらの

偽装問題が頭をかすめたりして叫び





いえいえ、こんなシリアスなこと

書くつもりはなかったんですよ。


開催者が、何をやらかそうと

あの舞台に出るアスリートたちの心情は

別ですものね。


水泳の王者というよりも

私には「気のつよそーーな男の子」という顔立ちの

北島が最初の金メダルをとったときの涙には

思わず泣けちゃいましたし


柔道の谷の銅メダルには

悔しいやら、ここまできてお疲れさんという気持ちやらで

やっぱり泣いちゃいましたし。



印象に残ったのは

前回のアテネでのメダル獲得者が

今回の北京でも、同じメダルになってても

その表情が、とても明るかったことでしょうか。


レスリングの

伊調千春さんしかり、


「気合いだー」の浜口京子さんしかり


これは、アテネのあと、

いかに心身ともにモチベーションを維持し

日々の練習を積み重ねたかの表れなのかなと

思いました。



新聞や、サイトでも

「ただいま、日本は、金○個、銀○個、銅○個」

って書かれますが


メダルの数なんて、関係ないよね。


要は、いかに選手が、この北京という舞台で

日ごろの練習の成果を発揮できたかだよね。




そんな意味からも

我が福島県から出た選手たち

福島大学陸上部出身のみなさん。


成績は、どうであれ

悔いのない試合をしてきてください!


女子1600メートルリレー

がんばれ~~~~!!





いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。