2009-01-17 17:44:16

映画「チェ 28歳の革命」

テーマ:読書・映画

原題:The Argentine
彼の1952年23歳の頃ラテン・アメリカ探検の旅が描かれた「モーターサイクル・ダイアリーズ」とても素晴らしい映画だった~そして偉大なる愛の革命家へ~

茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~-argentine 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~-argentine_ver2

それは1955年7月のこと、メキシコでアルゼンチン人医師エルネスト・ゲバラ(ベニチオ・デル・トロ)とフィデル・カストロ(デミアン・ビチル)が運命によって導かれ出会い、仲間と共に総勢82人でキューバへと渡海、政府軍とのゲリラ戦に身を投じていく。戦いの中で裏切り者は容赦なく銃殺する厳しさも見せるが、基本的には優しさと慈愛に溢れ、弱者に味方し不平等社会に戦いを挑む、大きな目的のために自己は犠牲にして人々に尽くす、そんな姿が描かれる。
チェ・ゲバラの映画で思い出すのは、「モーターサイクル・ダイアリーズ」、ロードムービーだったあの映画とは随分趣の異なる映画になっていて、国連総会での演説が細切れに挿入される今回の映画はちょっと違和感を覚え残念な感じがする。ベニチオ・デル・トロのチェ・ゲバラは、あのTシャツの絵柄からそのまま抜け出したのかと見間違えそうなほど見た目にそっくりで驚きなのだけど、ガエル・ガルシア・ベルナルが演じたエルネスト・ゲバラのイメージがあまりに強すぎて繋がらなかった、ということなのでしょう。できれば、もっとカストロとの人間的な関係を見せて欲しいし、ゲバラの妻となるアレイダ・マルチ(カタリーナ・サンディノ・モレノ)との関係も掘り下げて欲しい気がする。とはいえ、最後に語られるPART2「チェ 39歳 別れの手紙」、革命成功の喜びと友との別れの悲しみが綴られた、その手紙に、結末は分かっているけど期待が膨らみます。PART1に続いてすぐ公開が控えているのも嬉しい。

チェ 28歳の革命   ブログ内記事の映画『モーターサイクル・ダイアリーズ』

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

コメント

[コメントをする]

4 ■無題

39歳‥ に続き、トラックバックをありがとうございました。

3 ■チェ・ゲバラ1:2

トロ様の大ファンで、出演作品はすべて見てます!【ハンテッド】で好きになり、21gやトラフィックやユージュアル・サスペクツや誘拐犯..両親が弁護士であり、なのに役者?だけど、一流!!☆実は、まだ40才位なのです・この作品で、25kg減量したのは、有名ですよね♪トロ様☆私は、大泣きして、最後まで見れなかったじゃないですかツ!でも、ソダバーグ監督との相性は、ピッタリです!

2 ■はじめまして

はじめまして。
「映画と本 そして コーヒー」というブログをやっています。
亮と申します。

とても、楽しいブログですね。
映画もたくさん紹介されてて、ついつい読みふけってしまいました。
記事も簡潔にまとまっているので、非常に読みやすいです。

これからも、お邪魔します。
今後ともよろしくおねがいします。

1 ■こんにちは。

TBありがとうございました。確かに、カストロとの関係性については語られていませんでしたね。最初だれがカストロか探してしまいました。

コメント投稿

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。