2008-09-27 17:58:09

映画「落下の王国」

テーマ:読書・映画

原題:THE FALL
CGを一切使わず世界24か国以上世界遺産13か所にロケを敢行、構想26年撮影4年という歳月をかけたという、~愛と復讐の叙事詩が紡ぎだす物語の力~

fall_ver3 fall
構想26年の結実は特に映画のオープニングに、凝りに凝ったような、その幻想的な映像に、よく現れていると思う、途中やや退屈な場面もあるけど、ほぼ全編に渡って興味の尽きない物語の展開とスクリーンの不思議なほどの美しさに酔いしれてしまいそうな映画です。
1915年ロサンゼルスのとある病院、映画スタントマンのロイ(リー・ペイス)は鉄橋を走る列車から馬に飛び乗るアクションで脚を骨折、一歩も動けない、そんな彼のベッドに、階上の窓から下を歩く看護師エヴリン(ジャスティン・ワデル)に向かって、オレンジの樹から落ちて腕を骨折した5歳の可愛い少女アレクサンドリア(カティンカ・アンタルー)が、投げた手紙がヒラヒラと舞い落ちる。
そうしてロイとアレクサンドリアは知り合い、二人のファンタスティックな物語が始まる。アレクサンドリア・ザ・グレイトを手始めに、それぞれに悲劇的だけども魅力的な6人の戦士の愛と復讐の旅の物語、少女は胸をときめかせ、いつしか物語に少女自身も溶け込んでゆく、少女の気持ちがとっても暖かくて純真で切なくて愛おしくさえ思わされる。スタントの失敗と恋人まで失い自殺を考えていたロイも、さすがに気持ちをほだされ立ち直っていくんだよね・・・・
叙事詩の物語自体は自己犠牲的な仲間を失いながらも一人残った仮面の黒山賊が宿敵の総督オウディアスに復讐を果たす。チャップリンやバスター・キートンのスタントシーンは若干とってつけたみたいではあるけれど作品のひとつの趣旨を表すと共にオマージュを捧げたものなんだろうね、感動や涙という点ではやや物足りなさも感じたけど、少女アレクサンドリアの可愛さも際立っている、やはり素晴らしい映画です。  落下の王国
■映画「落下の王国」に登場する世界遺産
①ローマ歴史地区、教皇領とサン・パオロ・フォーリ・レ・ムーラ大聖堂
②プラハ歴史地区
③パリのセーヌ河岸
④タージ・マハル
⑤ファテープル・シークリー
⑥アグラ城塞
⑦デリーのフマユーン廟
⑧万里の長城
⑨アンコール・ワット
⑩メンフィスとその墓地遺跡
⑪トゥウェイフルフォンテーン

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

茸茶(たけちゃ)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。