2008-02-17 01:03:32

映画「君のためなら千回でも」

テーマ:読書・映画

原題:The Kite Runner
なるほど最後まで見たときに、これは満足度1位でもいいのかな・・原作は全世界で800万部以上の小説、ドキュメンタリー的過去の過ちを悔い改める映画・・
kite_runner アトッサ・レオーニ
小説家となったアミール(ハリド・アブダラ)のもとに一通の手紙が届く、時は遡り、1970年代のアフガニスタン、アミール(ゼキリア・エブラヒミ)とハッサン(アフマド・ハーン・マフムードザダ)は、それぞれ主人と召使の子供という立場ながら仲良く凧遊びする信頼関係で結ばれていた、が、残酷なる悪魔の仕業か、子供の過ちが、アミールの過ちが、誇り高い召使とハッサンに過酷な運命をもたらすこととなる。一方の、ババ(ホマユン・エルシャディ)とアミールはソ連のアフガン侵攻によりパキスタンを経由してアメリカはシスコへと逃げ渡る。
時は流れ、アミールは小説家としての歩を始め、ソラヤ(アトッサ・レオーニ)と出会い結婚するが子供は出来ず父親は病死、そんな時に蘇る過去の過ち、自分の犯したあの罪が、何の罪も無いハッサン親子を死に至らしめたことを知る。そしてハッサンの残された息子ソーラブ(アリ・ダネシュ・バクティアリ)をタリバン危険地帯の孤児院へと決死の覚悟で引き取りに向かう・・。
何も知らないソーラブに対して大の大人が「君のためなら千回でも」と叫ぶところにはやや臭さを感じたが、最後に凧をたたかわせた相手の幼い兄妹のこれからの人生どんな運命が待っているのか気になって・・逞しく強くそして優しく豊かに切り開いていって欲しいものです・・。
タリバン勢力の只中の貧しい孤児院の院長の立派な言葉も気になったけど、パキスタンでラヒム・ハーン(ショーン・トーブ)がなぜ突然消えて居なくなってしまったのか謎のままでこれも気になった。けど、やはり、涙も滲む感動的な映画で、少なからず共感してしまうところもある素晴らしい映画です・・。(レイト)

君のためなら千回でも

いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

茸茶(たけちゃ)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

5 ■無題

素晴らしい作品でしたね。
ラストは声を上げて泣いてしまいました。
ラヒムは亡くなったと解釈したのですが…

そうそう、ブログペットのキリペタ3333でした。
いつも遊んでいただいてありがとうございます。

4 ■無題

私も、亡くなったんだなあと思いました。「もういないのよ・・・」って。表情もどことなく力が入らなかった感じでしたし。
孤児院の院長の話はきっと現実なんでしょう。虚しいです。

3 ■確かに・・・

多少の領空侵犯や領海侵犯、痛ましい事故や事件や、偽装があったって、海外に較べればやっぱり日本はまだまだ平和ですねぇ、・・ラヒム・ハーンの謎は確かに亡くなったということなのでしょう、隣人が預かっていた手紙(?)の中身が明かされていなかったのも気になるのでやはり原作を見たほうがいいですね・・

2 ■無題

TB、ありがとうございました。
この作品は多くの人に観てもらいたいなぁ、
素直にそう思える映画でした。

それにしても日本は平和です。

1 ■TBさせていただきます

茸茶さん、こんにちは。
今回は私の方からTBさせていただきます。

茸茶さんの記事で触れられている”おじさん”の「失踪」ですが、私は亡くなったのだと解釈していました。原作で確かめると良いかもしれませんね。

アフガニスタンでは昨日もタリバンによる自爆テロが発生し、80人以上の人が亡くなりました。悲しいです。同じ種の間でこれほどまでに殺し合う生物はいませんね。つくづく私達は愚かだと思います。

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。