2007-12-09 01:45:24

映画「手紙」

テーマ:読書・映画

身寄りの無い兄弟、塀の中と外に分かれた二人をつなぐもの・・それは手紙、それは安らぎ、癒し、生きる希望でもあるけど、過去の罪の苦しみを引きずる・・
手紙 手紙

武島直貴(山田孝之)の兄武島剛志(玉山鉄二)は、弟の大学費用を工面するため盗みに入り家人を殺してしまって無期懲役、直貴は進学を諦め働くことにするが、行く先々で犯罪者の家族という影が付きまとう。それでもお笑い芸人の夢を追い売れてくるが今度はネットへ人殺しの弟という心無いバッシング、芸能界を去ることに・・恋人の中条朝美(吹石一恵)との辛い別れも経験する。そんな彼を支え続けるのが彼女自身も恵まれない境遇に育った白石由実子(沢尻エリカ)・・舞台挨拶でプッツンしたのは最近のことだけど、この映画ではそんな彼女の女王様振りとは対極に、ひたむきに一途に男を支え、差別に対しても逃げちゃダメと気丈なところをみせる・・そんな彼女の支えもあって転機を迎えるけど、クライマックスは電器店会長平野(杉浦直樹)の言葉だよね、犯罪者の家族として生きていくことを諭される。そしてラストは塀の中、慰問漫才で兄と弟が、舞台と客席で対峙し、無言の和解を遂げることとなる・・。罪の無いものが家族の罪を償い続ける苦しさ辛さ、いわれなき差別と迫害、それでもくじけない強さに泣かされる・・。(チャンネルNECO)  手紙

AD
いいね!(0)  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

コメント

[コメントをする]

3 ■無題

TBありがとう。
馴染みやすいエピソードに絡めて、重いテーマがうまく表現されていたと思います。電気屋さんで買ったパソコンで密かに手紙を送ってくれてたという場面が、好きでしたね。

2 ■ご無沙汰しております^^

いつもTB有難うで~す☆
たまにはコメント残していきますねo(*^▽^*)oあはっ♪
この映画ってめっちゃ泣けましたよね。
胸が潰れそうでした。
玉鉄の弟に手を合わせて泣く姿は今思い出しても泣けます。
あ、マスカラが落ちる~~~~笑。

1 ■手紙

この作品は非常に泣ける映画でした。DVDも借りましたがこれにははまりました。普段手紙とかは書かないですがなかなか伝えにくい言葉とか書くといいですね。

コメント投稿

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。