2007-05-05 00:19:57

映画「バベル」

テーマ:読書・映画

原題:Babel
我々は十分賢くなったので、"塔を建て、天に届かせよう・・・"、そして主は町と塔を見て、言われた"彼らの言葉を乱し、互いに言葉が通じないようにしよう"・・・
babel_ver4 babeltashen
アフリカ(モロッコ)、アメリカ(ロス、メキシコ)そしてアジア(東京)の3大陸で同時進行する物語・・、チエコ(菊地凛子)の父(役所広司)が旅先のモロッコでガイドにプレゼントしたライフルが羊飼いの少年アフメッド(サイード・タルカーニ)とユセフ(ブブケ・アイト・エル・カイド)の手に渡る。二人はふざけてたまたま通りかかったバスに向かって一発の銃弾を放ち、子供を預けて旅行中のリチャード(ブラッド・ピット)とスーザン(ケイト・ブランシェット)夫妻の乗るバスへ、弾はスーザンの肩に命中する。・・悲しく情けないのは、この映画で実際に死んでしまうのが兄のアフメッドであること、旅行者は死んだと伝えられ恐れおののいて逃亡を図る途中に捜索中の警察隊と撃ち合いになり射殺されてしまう・・あまりに理不尽で惨い。
パスしようと思っていた映画だけど、ポケモンパニックシンドロームの再来と騒がれ、新聞に取り上げられ、社会問題化するにつれ、重い腰を上げて観に行ったのだけれど・・救われない、・・飲酒運転ではクラッシュ、砂漠では蠍かコブラに噛まれてしまい、果ては蟻地獄に飲み込まれ、子供達は餓死、ヘリが飛べば激突に墜落、まったくいいことなんて考えられず悪いことばかりを想像してしまう・・救いがない、明かりが見えない。ラスト、全裸飛び降り自殺を予感させながら、最後のメモに対するリアクションもないままに終わらせるやり方に欲求不満が残ってしまう。やや泣ける部分もあったし衝撃的でもあるけど感動的ではない・・菊地凛子について、大胆な演技は買えるけど制服姿でのアンダーヘアチラリズムに止めておくべきだったろう、残念ながら女子高生というには・・まぁチョットそんな体には見えないのだから・・  バベル

いいね!した人  |  コメント(13)  |  リブログ(0)

茸茶(たけちゃ)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

13 ■TBありがとうございました

ポケモンパニックシンドローム、ちょっと解かる気がするカット割とサウンドでした。
あそこでチエコの表情がどう変化しているか暗い中で必死で観たくなりますもん。
全てが虚しく、すべてがやりきれないと思っていたところへ最後で少しだけ気持ちが軽くなりました。

12 ■こんにちは!

日本の部分なくても成立しそうな作品でしたね。 個人的には日本の部分がキライです。 

11 ■TB有難うございました

例によってTB返しができませんので、URL貼付にて悪しからず。

http://okapi.at.webry.info/200705/article_32.html

他にもTBしたいのがたくさんあるんですがねえ。

10 ■無題

こんばんわ~
たけちゃさん、見られたんですね!
何かわかったようなわからなかったような映画でしたが最後のシーンでホっとしました(^_^;)
菊池さんは好演だったけど、最近の高校生って。。。

9 ■セリフ無し

茸茶さんこんばんわ♪TB有難うございました♪

注目していた菊池凛子の体張った演技は確かに評価に値しますけど、セリフありだったらどんな評価受けてたのかとそっちの方も気になってしまいます。まだ英語が完璧じゃないからああいう役柄になったんでしょうかね?

と言うか、彼女の次回作が口の利けない詐欺師とかいう役らしく、またセリフ無しですかいって感じです・・(汗

8 ■無題

こんにちは。
かなり話題にはなっていましたが、確かに感動というものもなく、感想には困ってしまう作品でした。
まあ何となくこんな作品かなぁとは予期していた部分はあったんですが。
日本人出演、菊地凛子ノミネートの効果で全国公開ですね。

7 ■凛

こんにちは。TBありがとうございます。
菊地凛子、話題になりましたからね。
まぁ女子高生役はねぇ...。

6 ■こんにちは

TBありがとうございました。
お返しが遅くなって申し訳ありません。
確かになんだかなぁという映画ではありますが
ラストに希望が見えたのは悪くなかったです。

5 ■TBありがとうございました。

この映画はイコール菊池凛子みたいな形でまわりが盛り上がってしまって、期待と違っていたと思う人も多かったように思います。21gの方が映画としての出来は良いと思いました。

4 ■珍しいからといって…

こういう映画は、あまり好きになれません。
登場人物をコマのように、残酷で過酷な状況において、さも、必然だったかのように見せるなんて。
俳優陣は、熱演だったと思いますが、それは、本当に必然だったからなのかな、と。
TBありがとうございました。

3 ■無題

茸茶さん。TB有難ううございました。
私はアモーレス・ぺロスが良かったのでつい期待してしまって。これで完結するべきではなかったかと……。役者の演技は演技でよかったけれど、ストーリーに反映したものでなかったし、ストーリーそのものはとても陳腐だと思いましたね、。ブログ開設して間もないので、あまり交流できる記事はないのですが、お気に入りブログにリンクさせていただいてよろしいでしょうか。お返事待ってます。

2 ■TBありがとうございました。

こんばんわ

>まったくいいことなんて考えられず悪いことばかりを想像してしまう・・
本当そうですよね。銃が映るたびにビビってしまいました。不幸が不幸を呼び、さらにまた不幸がやってくるみたいな、あ・・・悲しい・・・。

1 ■一緒に想像してしまいました 

>まったくいいことなんて考えられず悪いことばかりを想像・・・

一緒に想像してしまいました、バベルのキャストで。“果ては蟻地獄に”を、少々オーバーに脳内変換してしまって、不謹慎にも思わず笑ってしまいました。^^;

前評判(個人レビュ)が結構不評だったので、構えて観に行ってしまい、私は、結構、穿った見方をしてしまいました。^^

コメント投稿

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    PR

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。