2007-01-28 00:25:21

映画「それでもボクはやってない」

テーマ:読書・映画

それでも、それでもボクはやっていない。控訴します!!刑事事件で起訴されたら有罪率99.9%、冤罪事件にかぎっても97%が有罪になるという実態・・
それでもボクはやってない それでもボクはやってない
仕事もせずブラブラしていた金子徹平(加瀬亮)、ようやく面接にこぎつけて会社に向かうが途中で履歴書を忘れたことであせってしてしまう。おまけに乗車率250%の電車では駅員に押されて無理やり乗り込むが自分の前に身長155cmほどの可愛い女子高生がいたことにも気付かない。おまけに服がドアにはさまれ引き抜こうともがく・・そしてあの声が、いつかどこかで何度か聞いたことのあるようなあの言葉が、"やめてください"、"この人痴漢です"、"お尻を縦にも横にも触られたんです"、"捕まえてください"、と無実の罪なのに執行猶予つきながら実刑3か月・・いつか新聞で読んだことのあるような事件なのだが・・
この映画、すべてに怒りを覚える。まず最初に高圧的な態度で先入観丸出しの刑事、自分の保身と出世のために無実の善良な人を罪に陥れる検事と裁判官・・勿論そんな人だけではないが、映画でも一人目の裁判官は尊敬できる人物だったし、もしも自分がなにか事件に巻き込まれて裁判沙汰になったらこんな裁判官に出会いたい・・。
怒りは続く・・、アパートがガサ入れにあったら理由も分からず前から怪しい住人だったと言ってはばからない管理人(竹中直人)、結果的に何の役にも立たないといっても差し支えのない弁護士の荒川(役所広司)と須藤(瀬戸朝香)、冤罪と闘う被告人をあざ笑う裁判お宅、何も分かっていないくせに国家権力に誘導されるまま可愛い顔して世間を騙す痴漢の被害者・・だけど一番怒りを覚えるのは逮捕された本人のじれったいまでのはっきりしない態度、身に覚えのないことなのだからもっと毅然とした態度で無実を訴えるべきなのではないか、と思うが残念ながら現実は立場がとても弱いし、同じような修羅場をくぐった経験もなければ無理からぬことなのだろう・・
留置所の外での母豊子(もたいまさこ)や友人達雄(山本耕史)たちの応援活動もむなしく、満を持して登場する決定的と思われた証人(唯野未歩子)も裁判官に冷たく切り捨てられ、あくまで冷徹に誤った判決が下される。・・そして、本人がつぶやく真実を知っているのは自分だけだと、裁くことが出来るのは自分だけなのだと、この不条理・・怒りと共に印象的なシーンになっている・・。出来るなら"おまえは真実を捻じ曲げている"とあの場で叫んで欲しかった。

それでもボクはやってない

AD
いいね!した人  |  コメント(14)  |  リブログ(0)

コメント

[コメントをする]

14 ■こんにちわ

自分もひょっとして、いつ何時、このような仕打ちを受けるかもしれないと考えると怖いです。
被害者の女も、自分が正しいと思っている限り、苦しむわけで、両者の間に無益な時間が費やされていくことも耐え難いものです。

13 ■TBありがとうございました

茸茶さんには珍しく熱くなってますね~。
でもその気持ちは本当に良く分かります。
自分の訴えが全くと言って良いほど通らない世界。何ヶ月も何ヶ月もそんな人たちの中にいたら「もうどうでもいいや」って投げやりになってしまいそう。
本当に最後の最後まで辛かったです。
悔しかったです・・・。

12 ■TBありがとうございます☆

茸茶さん こんばんわ~☆
返TB遅くなりましたm(_ _)m
いつもありがとうございます!

この映画、胸の奥が
とってもモヤモヤムカムカしますよね。。。
なんて理不尽な!!!
もどかしさでいっぱいです。
昔から伝わる言葉って、大概、的を射ているとは思うのですが
「正直者は馬鹿を見る」世の中であって欲しくないですよね。


11 ■犯人を捕まえたい、罰したい。

そう思っているのは、もしかしたら、一般の私たちなのかもしれない…と周防監督の言葉です。
映画の最初にある「10人の真犯人を逃しても、1人の無辜を…」という言葉。真犯人が10人捕まるなら、ひとりくらい冤罪の人が出ても仕方ない、と思ってはいないだろうか、と。それにしても、日本の司法制度、これだけ酷いものだということを映画にしてくれた監督に感謝デス。

10 ■お怒りはごもっとも d(-。-)

いつもTBをありがとうございます。
今回は こめかみに青筋?状態で映画館を後にされたようですね(苦笑)
その “憤懣やる方ない”感情 こそ監督の狙い目なんでしょうね?
これを見てから古旦那に「電車には万歳して乗りなよね」 と言ってしまいましたわ (≧m≦)ぷっ

9 ■TBをどうもありがとうございました!

茸茶さま、こんばんは&初めまして!
この作品、非常に見ごたえがある映画でした。これ実話なんですよね、観終わったあと、悶々としましたが、新聞に実話の方では、胸がスカッとする判決が出たことを知り、ホッといたしました。

 こちらからもTBさせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします・・・ものすごい数ですね!

8 ■こんにちは★

警察の取り調べにはとくに憤りを感じました。
冤罪の人でも、
「認めたらすぐに出られるゾ」の言葉にまるめこまれて
認めちゃう人も多いのでしょうね。
やりきれない話ですが。

7 ■これ見るのつらかったですよねー。

かなりよくできた社会派映画だと思いましたが、見ていて憤りを感じて辛い映画でもありました。

かなりのマイナー意見だとは思いますが、実は被害者の女性に一番腹が立ってしまった私。
やっぱり訴える以上はその人の人生を狂わせることになる覚悟を持った上にしてくれ・・・と思う。

6 ■TBありがとうございます。

こんにちは。茸茶さん、大分お怒りの様子で。
裁判なんかあんなものです。
私も、ある一件で弁護士を立てずに簡裁に民事訴訟を申し立てた事がありますが、裁判官はいいかげんですよ。
とにかく書類だけで判断をするので、出来いい書類を優先的に見てしまい、相手方の弁護士の作った嘘の書類に騙されてしまい、私の申し立ては棄却されてしまいました。
その後、地裁に控訴し地裁の裁判官が、相手の嘘を見抜き和解になりました。
まぁ、日本の裁判はかなりアバウトな印象で、この作品は刑事裁判ですが良くその辺を描いているなぁと感心しました。
これからも「masalaの辛口映画館」を宜しくお願いします。

5 ■訪問しました

コンニチハ。
通りすがりの女の子です。
素敵なブログですね。

これからも時々訪問しますね

足跡残します。

4 ■こんにちは♪

いつもお世話になっております。
加瀬君がやっていないことを知っているだけにスクリーンに向かって証言したい衝動に駆られました。
冤罪はこうやって生まれていくんでしょうか。
すごく憤りを感じます。

3 ■無題

最後の判決文もよく聞くとダブルスタンダードでいい加減だなぁと思います。
法学部の友達はでも、あんなもんだよとあっさり言ってましたが…
TBありがとうございました。

2 ■うそだ!

とスクリーンに向かって叫びたくもなりますよね。
不条理だらけの裁判制度。
それでも悪いやつもちゃんと裁いてくれてるんだから・・・と思いつつも冤罪だけは許せない!

1 ■無題

私も今日見ました!
なんだかいろいろなことを考えさせせられる映画でした

コメント投稿

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。