2006-01-05 02:49:00

映画「男たちの大和 YAMATO」

テーマ:読書・映画

尾道で戦艦大和の映画用セットを原寸大(艦首から190mまで)で作成しているというニュースは随分前から流れていたので興味があった。
男たちの大和 yamato-movie poster

物語は戦後60年、ちょうど大和が沈んだその海のその日に真貴子(鈴木京香)が亡き父の散骨のために船を探すシーンから始まる。そこに声をかけた漁師の神尾(仲代達矢)もまた最初で最後の水上艦特攻となる戦艦大和の生き残りだった。・・・時を遡り真珠湾攻撃、ミッドウエー海戦・・・最後に残された大艦巨砲の戦艦大和もまた死地を求めて壮絶なる最後を遂げる。
この映画、タイタニックの沈没シーンやら他の戦争映画で何度も観てる同じようなシーンも多く、史実も分かっているつもりだが、なぜだか理由も分からず泣けてくるような不思議な映画だ。中村獅童蒼井優なども飾らず迫真の演技をみせるが、これといって取り立てていうほどの印象も残らないが、・・・窮地に追い込まれた日本の行き場のない、やるせない時代背景のなかで死に逝く人々と生きる人々の人間ドラマが、日本人の根底に眠る切なさが、感動を誘うのかもしれない・・・。
公式サイト:男たちの大和 YAMATO

茸茶(たけちゃ)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。