2005-11-13 14:31:53

映画「MUSA -武士-」

テーマ:読書・映画

元から明へと時代が変わろうとする頃、明と友好関係を築くため、1375年に南京城へと向かった実在の高麗王朝の使節団の過酷な運命の物語。
Musa-the-Warrior- musa

南京城に辿り着いたらスパイ容疑で砂漠地帯へ流刑、途中で元軍に襲撃され明兵が全滅、使節団は放置される。チェ・ジョン将軍(チュ・ジンモ)は、砂漠の中を高麗へと帰る決断をするが、帰途で元軍と遭遇、捕らわれの身の明の姫(チャン・ツィイー)から助けを求められ、・・・失敗した使節団の名誉を回復し、明の信頼を得るためのチャンスと思い元軍から姫を救出するが、それは災いのタネだった。
ここから物語は、主人を亡くした元奴隷のヨソル(チョン・ウソン)と姫との惹かれ合う思いの感情と、姫を取り戻そうとする元軍との血で血を洗う壮絶なバトルを軸として、共に行軍し、戦う仲間同士の確執を織り交ぜて展開する。・・・戦いはさらに続き、元軍の見張りにより黄河渡河を断念した彼らは、海岸の出城にたどり着いたが既にもぬけの殻で荒廃していた。そこへ元軍の追っ手が迫る。そして死を賭した武者としての最後の戦いが始まった。・・・ここでのチャン・ツィイーは、来るべき時代の明の姫という役柄で、性格はあまりいいとは言えないが、民を思い涙を流し自らひとり元軍に投降しようとするなど、はまり役ではなくともそこそこ演じている。勿論素敵だ。この映画、158分という韓国版のほうも観てみたい。

(11月のムービープラス)   http://www.whv.jp/title/musa/

いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)

茸茶(たけちゃ)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

7 ■こんばんは^^

TBありがとう御座います。
昨年はじめて見たのですが、
同じようなアクションなのに、カッコイイと思える
韓国映画って凄いと思いました。

( 'ノェ')コッソリ  この時にチョン・ウソンにはまったのは言うまでもありませんw

6 ■再びTBありがとうございました

茸茶さん、更に3作品にTBありがとうございました。
「MUSA」韓国版158分、私も是非見てみたいです!

5 ■あけましておめでとうございます

たけちゃさま、昨年末はたくさんのTBありがとうございました。
コメントも頂戴しておりましたのに、ご挨拶が遅くなりました。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。
さて、この作品、いろんな映画の名場面に似た場面や設定があったなぁと記憶しています。
でも何より、日本の武士道と同じような価値観が、近くて遠い隣国にもあったことを知ることができて、見てよかったと思いました。

4 ■TBどうもです

こちらからもTBさせていただきますね!
歴史モノは好きなのでそれだけでも楽しめるのですが、登場人物たちが(地味な脇さんたちも)魅力的でした。勿論、役者さんたちの魅力でもあるわけですが。。。

3 ■TBありがとうございました

この映画って韓国版ならそんなに長いんですか?!あの格闘シーンをもう一度見直してみるのもいいかもしれませんね。しかし、本当に黒澤映画に似ていましたね。

2 ■TBありがとうございます

チャン・ツィイーはどんな役でも美しい!!
この作品は砂漠でホコリっぽいのに、出てくる方々がみんな美しくて・・・良かったです。

1 ■TBありがとうございました

「LOVERS」もそうでしたが、気の強い役はツィイーにははまり役のようです。でも彼女がいるからよりドラマチックになったのでしょうね。

コメント投稿

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。