便の性状を確認する時、臨床では色々なパターンがある。

 

一番確実なのは、おむつ交換している患者さん。

おむつ交換時にチェックできるので、看護師が確認しやすい。

確認する力はもちろん看護師のスキルによる。

 

自分でトイレで排泄している患者さんの場合は、2パターン。

患者さんからの自己申告か・・・

もしくは、看護師が聞いて排泄時に確認するパターン。

 

おむつ交換している患者さんの場合は、どんな疾患の患者さんでもチェックできる。

 

しかし・・・

自分でトイレで排泄している人の場合はどうだろうか。

その場合「おや?おかしいな?」とか気づいて看護師に伝える人もいるかもしれない。

 

でも・・・・

 

仮に、入院した疾患が直接下血に繋がらない疾患だったらどうだろうか。

例えば・・・「上肢の骨折で手術の患者」とか。

 

その人が下血していても「これはだいぶ前からあるんだよね」と思ってれば

看護師に言わないかもしれない。

そもそも、下血と認識してないかもしれない。

痔だと思ってるかもしれない。

 

看護師はどうだろうか・・・・

骨折で入院した自立している患者さんに、便の性状まで聞くだろうか。

 

というわけで、おむつチェックしている患者さんは、発見しやすいが、

患者さんが自立してトイレで排泄してたり、直接下血に直結した疾患ではないと

発見が難しいケースもあるってわけだ。

 

そういう意味では下血はやはり、体の表面の出血に比べたら、わかりにくい

ことになるだろうね。

 

黒色便(タール便)について。

<その便が本当に黒色便かどうかの判断は、実は結構難しいこともある>

9年間患者さんの便を見てきた自分だけど・・・・

 

「う~ん これ黒色便かなぁ・・・」迷うことはあるね。

経験を積んでも、100%便を見ただけでは判断できない時はあるね。

なので、新人看護師が判断に迷うことは多々あると思う。

 

で、自分の黒色便の見分け方だけど・・・・

 

まずは、ぱっとみの色だね。

 

それが黒いか・・・黒っぽいか。

ここが結構難しい。黒っぽく見えて黒じゃないことも結構ある。

そんな時は、明るいところで見る事。暗いところだとよくわからないことがある。

黒色便(タール便)の場合、本当に黒い。黒色便じゃないと、緑茶が強かったりする。

 

そして、便をおむつの上で、薄く延ばしてみる。

そうすると・・・・さらに色がよくわかりやすくなる。

 

伸ばした時に佃煮の海苔(ごはんですよ みたいなやつね)

みたいにねっとりしてたら、可能性が高い。

 

そもそも、タールが何かしらない人もいるし、見たこともない人もいるので・・・

タール自体をネットで検索したほうが良い(笑)

アスファルトの素とかになってるやつね。

 

パッと見が黒っぽい場合、次は匂いを嗅ぐ。(きついけどがんばれ( *´艸`))

匂いが、血生まぐさい匂いだったり、鉄っぽい匂いがしたら 可能性が高い。

ただし、鉄剤を内服している場合、黒くなるし、鉄っぽい匂いがするので判断が難しくなる。

 

鮮血の場合はもちろんわかりやすいよね。

血の色して、血生臭いから、患者さんも気づきやすい。

ただし、消化管出血か痔なのかの判断は難しい。合併もするしね。

 

その中間てきな便も実は存在する。

 

赤紫色っぽい便。便の中に赤紫っぽい色が見える。血生臭い。

 

これは、黒色に至らない便。

つまり、黒色にならずに排泄されてる。

ということは・・・・もしかしたら、出血量が多いかもしれない。

という可能性もあり。

 

経験上、上部消化管出血だとしても、黒色(タール便)にならないことはある。

 

この辺りのことについては次回に。

 

 

 

 

 

AD

少し具体的に、臨床にありがちな話をしていこうと思う。

 

よく新人看護師と話すことは・・・

 

「赤信号になってからじゃ遅い。その前に防いでいこう」 ということ。

 

青→黄色→赤 と危険度が増していくとして、赤で気づくのは遅いといこと。

 

具体的に言うとショックだ。

ショックについて重要だということは、以前に書いたけど、ショックになってからの報告は

避けなければならない。

もちろん・・・すべて100%未然に報告できるわけでわない。

そういう意識でいようねっていうとこかな。それが患者さんのためでもある。

様子みて様子みてショック・・・はよくないよね。

 

血圧や意識レベルが落ちる前になんとか発見し、報告したいと。

 

できれば、青→黄色になりかかっている時に「おや?おかしいぞ」と気づけるかが大事だと思う。

 

さて、今回は臨床でも多い「下血」について。

下血については、新人以外にも経験の浅い看護師が戸惑うことも多い人がいる気がする。

 

下血ということはつまり・・・出血しているということ。

 

出血ということは・・・今のショックの分類だと

「循環血液量減少性ショック」 ということになる。

頻脈 血圧低下 意識レベル低下 顔面蒼白 冷汗 呼吸困難

に陥ってく。

もちろん、上記全部が一度には現れないかもしれない。

これらの状態に陥る前に発見できるものなら発見したい。というとこだ。

 

これも前に書いたけど・・・

人間は・・・・400mlの献血しても(できる人は)特に何も症状はない。

 

しかし、出血し続けていると・・・少しずつ変化がでてくる。はず。

どのような変化がでてくるか?

 

少しずつ少しずつ・・・だけど止まらない出血。

だらだらと続く出血。少しずつ出血が続くと・・・人間の体、症状はどうでてくるのか?

 

さて話は少し変わり・・・

 

目に見える場所が出血した場合・・・

例えば、腕とか。 「うわ!!出血している!」ってすぐなるよね。

ペットボトル1本出血するまでほっておく人っていないと思う・・・・

 

それは何故かっていうと・・・そう・・・

「目に見えているから」 当たり前のはなし ( ´艸`)

 

この当たり前の話が・・・・

 

体の中で起こっていると・・・その当たり前が当たり前じゃなくなる。

 

つまりどいういことかっていうと・・・

 

「見えにくいから」 「気づきにくいから。」

これが出血が進行する原因の大きな一つ。

 

下血とは、その見えにくい体の中の状況を、把握するための

とても重要なポイントということになる。

 

続く・・・・

 

 

 

 

 

 

AD

育てる楽しさ

テーマ:

昔からこういうのあるよね。

 

例えば・・・お店に通って、私が原石を育て、一流のホストにした! とか。

ちょっと前だと、AKBのオシメン的な考えとか。

 

スタートがダメダメなほうが、成長した時の喜びってけっこうでかかったり。

 

自分は、なんだろう。

フルマラソンとかもそうだけど、「できるわけない」と思ってたり・・・

「できないと思うよ」と思われたりしたことが、できるようになると

すごい感動と達成感があるんだよね。

 

道のりはそこそこ大変なこともあるけど、実際はそうじゃなく楽しくできたりもあり。

意外に・・・「完走できるじゃん」みたいな。

 

ただ・・・そこからタイムを縮めていくのは大変だが・・・

 

何が言いたいかって言うと・・・

・ダメダメな新人をできる看護師に育てるのが楽しい。 というタイプです( ´艸`)

 

なので、自分のところにはダメダメな新人が結構くる。

ダメダメなタイプは色々で、やっぱ人間はおもしれーなーと。

 

で、もちろん・・・中には辞めてく人もいた。

でも・・・胸を張って辞めれるように自分はしたいと思っている。

辞めてからの生きる方法まで、相談してあげないとね。

 

でも、ほとんどの子は落ち込む。

そりゃそうだ。今まで散々がんばってきたんだから。

 

そんな時、自分の経歴を話すと・・・みんな

「元気でました」と言ってくれる。

山あり谷あり人生だから・・・・

それと、看護師の免許はずっとあるから。と。

 

辞めた子が、慢性期の病院で今働いて、結婚もして、元気にやっている話を聞いた。

よかったなーて思うね。

 

自分がダメダメな新人と出会った時・・・いつもその子のご両親の事を考える。

もちろん会ったこともないけど。

 

もし、自分がこの子の親だったらどう思うだろうか。

 

「社会にでて、元気でがんばって仕事してほしい。一人前の大人になってほしい

そして、職場にこの子を支えてくれる人、育ててくれる人たちがいてほしい。」と

 

そう思うんじゃないかな。

毎日不安な娘を見て、心配してるんだろうなって。

 

新人が育たないことや、辞めてしまうことは、もちろんその子にも理由があると思うが

同じくらい、まわりの人間にも問題があるように思う。

その子の人生に大きな障害を作ってしまうことは避けるべきだ。

 

新人教育って大体の病院が全新人に同じプランを示して指導していくと思う。

ただ・・・そこから少しずつ脱落していってしまう新人がでてくる。

その新人をどう拾っていくかが大事だと思うんだよね。

きちんと拾えてる病院が良い病院だと思う。

 

あなたのお子さんが社会にでた時・・・

あなたが新人にやってきたことが、そのままお子さんに返っていく。

 

そう思うね。

 

 

 

 

 

 

AD