看護師の休みはgive&take

テーマ:
自分は同僚が休むことに寛容だ。
 
突然の休み、1週間位の休みなど、あまり気にしない。
 
色々あるよね。特に看護師は女性の職場であり、結婚すれば夫は大黒柱で
家のこと、子どものことなどで、必然的に休み希望が多くなったりしてしまうと思う。
 
これは、しょうがないことだと思っている。
 
そういう結婚して家庭を持っている看護師を見てると・・・
女性って大変だなぁ としみじみ思うね。
 
料理したり、洗濯したり、子どもの面倒みたり・・・
よくよく考えると、女性は多才だよね。
 
男はだめだ。カタブツで。
仕事1本で年収が1000万近くあれば、まぁ 目もつぶれるってもんだが。
 
300~600万位だと、そりゃ、家事を分担してもらわないと割りに合わないよねー。
ほとんどの男性は仕事だけやってればいいや的な感じだもんね。
男ってなんであんなに疲れやすいのかなー。
食生活や運動不足とかじゃないのかな。
 
一説によると、仕事と家庭を両立できる男は、運動したり、食生活に気を使っている人が多いとかなんとか・・・
酒飲み、たばこ大好き、運動不足、ぐうたら男はダメダメらしい。
 
子どものことで仕事を休むパパってあんまりいない気がする。
子どもも、ママのほうがいいかもしれないが・・・
 
結婚は大変だねぇ。。。
多才な旦那だといいけどね!
 
まぁ 家庭に色々あると・・・休むのはママなわけで。
そうすると、ママ看護師は休まないといけないわけで。
そうすると・・・自分のチームがアップアップになったりするわけで・・・
 
でも、全然気にならない。
むしろ、遠慮せず休んできなよー って思う。
 
すまなさそうにしている人を追い込んでもしょうがないと思うね。
可哀そうだ。
 
むしろ、遠慮するよりできるだけ早く連絡したほうがいい。
そのほうが、融通が利くから。
 
自分がチームリーダーの時、ある女性看護師が・・・
「実は不妊治療していて突然休むかもしれないですがすみません」と。
言うのも勇気がいるんだろうな・・・。
全然問題ないし、遠慮せず休んでもらいたい。
 
女性が多いので、不妊治療している人も多いようだ。
 
妊娠する看護師ももちろん1年に何人かでてくる。
大体、安定期になるとみなさん告白する☆
 
へーそうだったんだ。おめでとーみたいな。
でも、ギリギリまでお腹大きいのに夜勤していて、可哀そうに思う。
夜勤中も具合悪そうな時あるし・・・・
た 大変だなぁーと・・・
 
手伝ってあげるけど、手も回らない時もあって可哀そうになってしまう。
個人的にもう少し早めに産休でもいい気がするが・・・・。
 
で・・・じゃぁ 俺はっていうと・・・
 
健康優良児、休む要素なし。いつでも代行OK.な感じで・・・・
 
でも・・・
 
旅とかで1年に連続で10日位休む年がある。
みんな、笑顔で休んできなよーって言ってくれる。
 
世の中give&take なんだよね。
 
 
 

看護 ブログランキングへ
 
 

きちんと考える。おむつ交換

テーマ:
おむつ交換は、基礎的な技術だけど、上手な看護師といまいちな看護師がやっぱり存在する。
いまいちな看護師の特徴として・・・
・あまり考えてない。
・右から左へケアが同じ。
・おむつの当て方が悪い。
・ケアが雑
大体こんなところ。
まずはその患者さんを知ることから始まると思う。
自分自身どうかと考えると・・・
例えば、入院前の情報がほとんど無い患者さんが入院してきた。とする。
その場合・・・やっぱり緊張というか、かなり気を使う。
まずは考える。そしてやりながら情報を得ていく。
・この患者さんはどういう感じでケアしていくか。
・おむつの選択はどうするか
・いつ、おむつチェックをするか
・体の動かし方はどうするか
・皮膚トラブル等ないか。
・体位交換枕をどう使用していくか
初回の交換は、情報が無いから慎重になるよね。
そこで得た情報を素にして今後のケアを展開していくと思う。重要だ。
そして、同じ患者のケアに入る看護師とも情報を共有していく。

 

看護 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村

 
 

基礎看護技術についてあまり書いてないので書いていくことにしてみた。
 
よく・・・・
 
「基礎看護技術くらいみにつけなきゃ!」
とか
「学生や新人はまず基礎看護技術が大事」
 
とか言われてるけど・・・まぁ これは間違いじゃない。
ベーシックな看護スキルを身に着けるのは当然だと思う。
 
ただ…一つだけ思うのは、
「基礎看護技術は簡単というわけではない」
ということ。
 
そして、とても奥が深い。
マニュアルなんてあってないようなもの。
日々進化している。
 
よく言われるのが・・・・
一般的な成人病棟からICUや小児科に異動すると、おむつ交換すらできなくなる。
 
とか
 
実はその逆もある。
ICUの看護師が病棟に行くと・・・色々なバリエーションの患者の排泄ケアに戸惑う。
 
というまさしく自分だった( ´艸`)
 
基礎看護技術は簡単なものから、すごい奥が深くて難しいものまで色々ある。
 
とうのも・・・疾患も色々だし、患者も十人十色だからだ。
なので、ケアも色々変化する。
 
知識や技術だけではない。柔軟さとかも必要だと思うしね。
 
看護ケアは・・・・知識や技術、そして最新の情報や研究結果等を参考にして
その患者に合わせて柔軟に対応していくのがいいと思うね。
 
何かに偏っているカタブツはよくない。
 
これが最適!と思っていても必ずしも患者さんからは、最適だとは思われないこともある。
そんな様々なことを考えながら、時に失敗しながら組み立てていくのが、看護ケアだと思うね。
 
基礎看護技術は基礎と名前がついているけど・・・実は奥が深い。
 
 
 

看護 ブログランキングへ
 
 

災害支援ナース登録

そうそう。
 
ブログ放置してたから書くの忘れてたけど・・・
昨年、看護協会の災害支援ナース講習を受けて、災害支援ナースに登録した。
 
講習は全3回で3日間みっちりやりました。
 
看護師になって、東日本大震災から熊本地震があり
派遣要請もあって、自分的にやらなければと思ったとこで。
 
男だし、趣味に登山やキャンプやマラソンがあるので、
環境能力的には適任なのかなと。
 
講習はとても興味深く、非常に勉強になりました。
特に、実際の支援ナースの経験談は非常にためになった。
 
ただ・・・やはり現場経験が重要だったり、日々定期的なトレーニングが必要だと感じた。
 
石巻赤十字病院の初動の動画を見たけど・・・
すごすぎる。。。ここまですごいとは思わなかった。
あの状況なのに・・・・
なんという迅速な行動と判断。
これ見ると、常日頃のトレーニングの重要性がよくわかる。
 
合言葉はCSCATTT
Command&Control(指揮と調整、連携)
Safety(安全)
Communication(情報伝達)
Assessment(評価)
Triage(トリアージ)
Treatment(治療)
Transport(搬送)
 
自分の病院で派遣経験がある人に聞くと・・・
やはりCommand&Control(指揮と調整、連携) が大事だし、難しくなるということ
 
色々な病院や分野の方々がやってきてこれがグチャグチャになって上手にいかないケースが多いらしい。
 
たとえば同じ組織 看護協会の災害支援ナース という組織だけだったらまとまり安いと思うけど、様々な組織が入ってきたり個人のボランティアとかもあったりと大変だ。
 
中には・・・○○しかやらない。やりたくない というような組織もあるだろうね。
そして、命令系統を確認しなかったり、言うことを聞かなかったりもあるだろう。
 
難しいんだろうね。。。
結局、そうなると被害を被るのは被災者なので、上手にコントロールできることが課題だと思う。
 
トリアージは実践練習。
 
一次トリアージのSTART法
これは評価するより、素早く記録するほうが難しい!速くて・・・
タグへの記録は慣れが必要だ。
 
そして、二次トリアージのPAT法
これも設定された患者役をどんどん振り分けていく。
これは指標、チャートがあるので、覚えてしまえば素早く分けれる
 
歩ける人は緑!
 
後は・・・避難所作りのシュミレーション。
 
でっかい模造紙に小学校の見取り図が用意されていて、
あなたたち5人チームが、この小学校に派遣されました。
避難所を作ってください。的な机上シュミレーション。
 
これは確かな答えはないんだけど、根拠を考えつつ色々配置する。
 
本部をどこに置くか、診察室はどこにするか、物資はどこに保管するか
トイレはどう使うか、入口と出口はどこにするか、居住スペースはどう分けるか
感染患者はどこにするか 子どもの遊び場をどうするか などなど・・・
 
各チームで考え発表しあう。
色々な考えがあってためになった。
 
災害支援ナースになる心構えも重要だね
女性被災者、女性医療従事者は性的被害はあまり公表されてないが、実際はかなり多いらしい。
廊下で寝たり、体調や体力に強くないといけないし
自分の水、食料は自分で確保しないといけないし。
 
そういう意味では、アルプスのテント泊登山はかなり良い経験ができるね。
 
2000m~3000mでの水の確保、電気、食事は下界とは全く違うからね
 
お嬢様的な看護師には厳しいだろうなぁ。
思いと実際は違うと思うから。
 
テント泊登山やあまり豪華な施設が整ってないキャンプ場でまずは経験してみるといいかもね。
 
しかし・・・・南海トラフ もしきたらどうなるのだろ・・・・恐ろしいね。
 

看護 ブログランキングへ