最終日

テーマ:

ここでの研修が今日で最後ということで、

ホスピス病棟の患者さん方に挨拶をし、

写真を一緒に撮ってもらった。




いつもの通り、痩せた体でも元気に冗談を言いながら話してくれた人。

(コブクロの 「蕾」 をリクエストしてくれた人)


体は悪くても、とても頭は明瞭、博学で、

いつも知見に富んだ話をしてくれた人。


いつもにこやかに穏やかに話しているのに、

写真を撮る時になって突然

「迷惑かけて・・・・・ ありがとうございました」

と涙を浮かべ、握手の手を差し伸べてくれた人。


入院当初苦痛が強く、物静かで、あまり関わりにくいなと思っていたけど、

最後に自分の死について長く話してくれた人。


僕宛に小さなメッセージカードを用意してくれていた人。

「先生に逢えた事を嬉しく思って居ります。たくさんの心配を戴きありがとう御座いました。

 ・・・・・ これからの健康とお幸せをお祈りしています」






思いのほか、リアクションが大きくて驚いた。


嬉しさに感激する半面、

その気持ちに対する自分の気持ちや頑張りが足りなかったという反省も。

もっともっと深く関われたんじゃないだろうかという気がする・・・







病棟の一角にあるクリスマスツリー。

患者さんにも人気のスポットです。



こちらの病院の先生方、職員の皆さん、

そして関わってくださった患者さん方に感謝・・・



AD

ホスピス

テーマ:

こちらの病院で最後の当直中です。

今夜もぼちぼち平和です。



昨日から読みかけて、さっき読み終えた本は・・・・




「たかが江川されど江川」 江川卓
にのろぐ-DVC00084.jpg




ここへきて野球の本かよ(笑)


応接室の本棚になぜかあったので手にとって読んでみました。

大投手江川の引退後に書かれた本。

価格表示のところに消費税の表示がないくらい古い(笑)





さて、明日金曜までの勤務を終えたら、

土曜の飛行機で帰ります。



緩和ケア、ホスピス研修、在宅ホスピス研修では、

とてもいい空気を感じさせてもらいました。


自分自身の死を、また家族の死を見つめ、受け入れるための時間、

そして最終的にそれに辿り着くまでの時間を、

死にゆく本人にも、家族にも穏やかに苦痛なく過ごしてもらう場所がホスピスです。

(あくまで僕なりの解釈であり、僕なりの表現です)


――ここでの主役は医療者ではなく、

上に書いた大切な目的を実現するためのひとつの手段として、

医療というものがある――


――当然ながら、その人が生きてきた人生の主役は最後まで自分自身であり、

準じて、そこに寄り添う家族である――


ということを感じました。



だけど、この当たり前のことが、

今の社会においては全く当たり前ではない気がします。


まだまだ、「医療の敗北」 とか、「諦め」 といったネガティブなイメージが

拭い切れていません。


事実、僕が 「将来緩和ケアやりたいんです」 と

上級医に話したことがあるのですが、

「なんでまた緩和ケアなんて」 と失笑されたことがあります。


ホスピスとか緩和ケアというものが、

医療者の間でも、一般社会においても、

身近なものとして浸透するのには時間がかかりそうです。



「死」 は生の対極にあるものではなく、

生の一部分、しかもあまりに重要な一部分であり、

例外なく誰もが迎えるものです。


幸せな最期を迎えるため・・・

より正確に言うと、最後まで自分の意思で幸せに生きるために、

「死」 を忌み嫌うものとしてタブー視するのではなく、

もっと身近なものとして当たり前に話せるようになればいいなぁ・・・




わずか4週間で、何ができるようになったというわけではないけれど、

僕の “歌” で少しは皆さんのお役に立てたかな、と思っています(笑)




AD

クリスマス会

テーマ:

今日は病棟のクリスマス会でした。



先週、「島人ぬ宝」 を歌った時にある患者さんからリクエストを頂き、

今回はコブクロの 「蕾(つぼみ)」。

音楽療法士の先生のピアノに合わせて披露しました。



この 「蕾(つぼみ)」 という曲、

コブクロの小渕さんが若くして亡くしたお母さんを思って書いたものだそうです。


リクエストしてくださった患者さんは、癌末期の女性の方。

熱心な息子さんがよく病室を訪れています。


そのへんの境遇を意識しているのかどうなのかは分かりませんが・・・




今日はトナカイのかぶりもの!



リクエストしてくれた患者さんも、他の皆さんも楽しんでいただけたようです。

お粗末様でした・・・





トナカイのかぶりものの次は・・・




カチューシャタイプのクリスマスツリー!



ある看護師さんから、


「nino先生、似合いすぎ(笑) 頭、地面みたいです」


と素晴らしいお褒めの言葉を頂きました。



お粗末様でした・・・





AD

我武者羅

テーマ:

いい医者になりたい。

ならなきゃいけない。


いろんな人たちのために。

自分のために。



どうやったら、僕が思う 「目標」 に近づけるのだろうか。

あんな風になれるのだろうか。


そのためには、今僕はどう在るべきなのだろうか。

どう進んでいくべきなのだろうか。



考えても分からない。

どれだけ考えても、進む道はひとつしかない。

その道は神様が決めてくれるだろう。


ただ、どこにいても、

今まさに直面していることに対して、がむしゃらにならなきゃいけない。



全然足りない。



もっともっと!

島人

テーマ:

今いる病棟では、週に一回 “お茶会” という時間があるのですが、

そこで僕が歌を披露させてもらいました。


沖縄の弦楽器・三線(さんしん)を現在特訓中という先生がいらっしゃって、

その先生の三線と、僕のボーカルで、

BEGIN の 「島人ぬ宝」 をやろうという話になっていたのです。



患者さんや看護師さん方からの評判は上々。


エヘヘ・・・・





北の大地に、沖縄の風が吹きました。(馬鹿)





ひとりの患者さんから、コブクロの 「蕾(つぼみ)」 をリクエストされ、

来週また歌わせてもらうことになりました。


エヘヘ・・・・





唄のイメージに合わせてタオル巻いてみました(笑)

アイアム島人(しまんちゅ)!



イ~ヤ~サッサッ!♪♪




週末の予定

テーマ:

今日の当直も今んとこ平和です。


こっち来た時書いたように、周りに何もなくて普段の食事に困るので、

平日は夕食も病院の職員食にしました。


節約!アーンド ダイエット!!





さて明日の土日は・・・


土曜は札幌市街に繰り出し、知人オススメのジンギスカン店へ!


そして日曜日は高速バスを利用し、旭山動物園 へ!


の予定です。



雪道用の靴買わないかんかな~?



当直

テーマ:

この病院で初の当直中です。

院内に一人。


一応、17~19時は 「夕診」 として正規の外来診療時間らしいけど、

定期処方とインフルエンザ予防接種が数人来ただけで今に至ります。


以降の時間外外来は、来ても数人らしいです。

救急車は月に数台らしい・・・


頻度も福岡と比べたらかなり少ない。

稼ぐためにも刺激のためにももうちょっと入れてもらうかな・・・



ネット上での個人的な作業もひとまず落ち着き、医局でだらだら過ごしています。

さて飯も食ったし、本でもしっかり読むかなぁ・・・



あ、腹筋も・・・




上陸

テーマ:

二度目の北海道上陸!


今病院の職員寮です。



しかし・・・思ったより周りに何もなく、面喰ってます。

もうちょっと “街” な感じだと思っていたのに・・・


まぁ勉強しに来たんだからむしろちょうどいいか。

引きこもって勉強しよ。



えー、せっかくなのでこの一カ月の目標を。


当たり前だけどしっかり勉強する。

興味ある分野だし、将来関わることが明らかなので。

そして、仕事という意味でももちろんそうだけど、

時間的にゆっくりありそうなので、“座学” をたくさんする。

初期研修のこの二年弱で、自分に不足していると最近痛感している部分。

本をたくさん読まなければ!


痩せる。

体重の数値よりも、とにかく今のこの醜い腹をどうにかする。

腹筋腹筋。

ちなみに昨日(11月22日)の記録は、

体重 76.4キロ  体脂肪率 25.6%

(こっちでは体重測れんな・・・)




あ、書いてみると意外とこんだけか。


まぁ明日から頑張ります!

27

テーマ:

5月28日誕生日でした。

27年前俺のために頑張ってくれたお母さんにありがとうの日です。




27回目の誕生日の夜は、北海道で最後の当直してます・・・笑





こっちの病院の事務長から頂いた特大ケーキ。



当然一人じゃ食べきれないので他の職員の方達と一緒に頂きました。




神様が平和な当直をプレゼントしてくれますように・・・

さ、寝よ・・・




もうすぐ帰る

テーマ:

今週いっぱいで僻地研修終わり。


本当は土曜までの勤務なんだけど、

土曜日に大学時代の友人の結婚式があるので一日早く金曜日に帰らせてもらう。


木曜日に最後の当直して、金曜の午後の飛行機。



こっちの病院は福岡と比べて随分のんびりで、仕事の量も質も楽っちゃ楽。

けど、もういいな。

腐ってしまう(笑)



色々な面で、僕がいる福岡の病院は恵まれた環境やな、と思う。

各専門科のバックアップ常にあるし。


研修医多くて、部活みたいなアツい雰囲気で楽しいし。

めちゃくちゃ忙しくてきついのに、やっぱあの環境が恋しい。



そして、我が家の寝心地のいい高級マットレスも、


首から頭にフィットする低反発素材の枕も、


さらさらのじゅうたんも、


ハードディスク内蔵ハイビジョンテレビも、


たくさんの音楽も、


我が家のすぐ裏にある超うまい焼鳥屋も、


豚骨らーめんも、


かわいい彼女も、


赤キューブも、


全部待ち遠しい・・・・




んん~、早く帰りたいぞ!

待ってろ福岡!