1 | 2 Next >>

最近の本棚

2009年12月13日(日) 23時10分41秒 Theme: 本棚

こっちの病院で初めての日曜当直です。

日曜朝から、翌月曜の朝まで。


といっても、外来は軽症数名、病棟からたまにコールがあるくらいです。

これでも今日は病棟が比較的バタバタしてた方かな。



医局でのんびり一人で過ごす時間ってけっこう好き。

こっちでは遊ぶ所も交友関係もないから他にすることないし、

家って言っても狭いし、慣れない環境だし、

実際、生活環境としては、医局と当直室の方が家より快適。


家だとだらだらしてしまって無益に過ごしてしまうけど、

病院だと適度に気持ちが引き締まっていい。


今日は本を一冊読みました。




最近読んだ本たちとまとめて。


コール先生の往診日記―ある救命救急医の決断-救急医から在宅医へ/岡林 清司


救急医療を長くやっていた医師が、在宅医療へシフトした話。

一見全くの畑違いに見える 「救急医療」 と 「在宅医療」 は、

実は相通ずるものがあるのだと、そして、

救急医は在宅医療に最適だと、著者である岡林医師は述べている。


そしてこの岡林先生、僕は直接は知らないが、

僕が4月から行く母校の救急救命センターに従事していた先生だ。


ある機会に、先輩医師からこの先生の話を聞き、

この本を薦められた。


将来、在宅医療に携わるであろう僕にとって、

そしてその母校の救急救命センターに進む僕にとって、とても参考になった。



医療大崩壊 (講談社文庫)/藤田 紘一郎

北海道に来る前にたまたま本屋で見つけて買った文庫本。


いろんなところで医療崩壊が叫ばれて久しい・・・

医学教育や臨床研修制度の歴史、そして患者側の問題など、

医療崩壊の原因や対策について独自の視点で述べている。



村上スキーム 地域医療再生の方程式/村上 智彦

これが今日読んだ本。


こちらは、医療崩壊 “しつつある” ではなく、

まさに一度崩壊 “してしまった” 北海道の夕張の町の医療の立て直しに尽力する

村上医師へのインタビュー形式で綴られている。


いや、村上医師の言葉を理解した上で正確に言うと、

“医療の立て直し” は目的ではなく、

“町おこし” という目的のための手段として医療を立て直している、のだ。



こちらもやはり、医療崩壊、特に地域医療の崩壊は、

住民の意識の変化によるところが大きいと説いている。


いつしか 「患者様」 と呼ぶのが当たり前になり、

そうなると、患者側の 「オレ様」 感覚が当たり前になる。

それが、 “モンスター患者”を生む。


健康意識を持たない患者、

24時間いつでも診てもらって当たり前、

どんな病気も治って当たり前、と思っている患者、

大病院に入院していて死ぬわけがないと信じ込む患者(及びその家族)・・・


そして、医師が、医療が疲弊していく。



思わず深く頷いてしまう部分がたくさんある。


もちろん、患者側だけでなく医師・病院や行政の面でも、

いろんな問題を孕んでいるんだけど。



また、インタビューの聞き手が教育関係にも詳しく、

医師-患者関係と教師-生徒(及びその親)との関係に

深い共通点が見えてくるという点でも興味深かった。


是非、医療関係者以外の人にも読んでもらいたい一冊。






さて、こちらの病院での一カ月の緩和ケア研修、

あと一週間となりました。

今度の土曜に福岡に戻ります。


そしたら20~27日まで、一週間の冬休み!




AD
いいね!した人  |  Comments(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>

容疑者Xの献身

2008年10月04日(土) 16時22分32秒 Theme: 本棚

社会人になって初めての読書!


忙しいのに読む時間あるかいなと自分で思いながら買ったけど、

面白い作品ってのは、やはり寸暇を惜しんで読みたくなる。

いつも当直以外の日は飲んで帰る僕が、

帰りにほか弁買ってまっすぐ家に帰って読みふけった。


翌日は寝不足で仕事がきつかった・・・・



容疑者Xの献身  東野 圭吾


何年か前の直木賞だっけ。

話題だったし、いつか読んでみたいと思ってたんだ。

あてもなくふらっと入った書店で見つけて、すぐに購入。



読み進めながらずっと付きまとう疑問が、解けた時の衝撃。



カラクリが分かったことによるすっきり感をわずか一瞬感じた後、

直後からたまらない切なさが襲う。


容疑者Xの不器用な愛。

友人を思うが故の湯川の悲しさ。




けどねー・・・

文句付けるのが好きな訳じゃ決してないけど、これも結末がどうも・・・



んぁ~そんでこれでどうなるのどーなるの?ハァハァハァハァ・・・と読者に思わせ、

想像力を存分に掻き立てておきながらも、

な が ら も !

作者自身が結論を出してしまった時点で、余韻が台無しになった感が。



もったいない。

あまりにもったいない。



友人湯川の哀しみ、

靖子の葛藤、

そして容疑者Xの信念。

それだけを描いて、その先はそれぞれの読者の頭の中に描かれればいいんやないかなー?



実際俺もかなりいろんな想像してたもん。

それがあっという間に結局これ、って結論出た途端、

俺が想像して創造した世界、ぽつーん・・・みたいな。

どうしてくれよう。





不満は概ねこの一点だけだけど、読書に余韻は大事!ってことで、

89点。



ちなみに、偶然にも読み終えた夜中にCMで知ったけど、

映画 「容疑者Xの献身 」 がちょうど今日から公開。


観たい!




AD
いいね!した人  |  Comments(2)  |  リブログ(0)

チーム・バチスタの栄光 海堂尊

2008年04月19日(土) 13時52分35秒 Theme: 本棚

もいっちょ春休みの本棚から!


チーム・バチスタの栄光(上・下)


ちょうど3月頃?映画で話題になっていた作品。

アメリカに行く前、飛行機の中とか空いた時間用に買って持って行った。


バチスタ手術という心臓の難しい手術を行う、チーム・バチスタ。

術者、助手、麻酔医、看護師、臨床工学士、あと病理医もやったかな。


心臓手術の細かい部分云々になるとわけわからんけど、

手術室の大まかな雰囲気は学生時代に実習で経験していたから、

なんとなくイメージしやすかった。

けどこれって、そういうのを全然知らない大多数の読者には

なかなかイメージするのが難しいんじゃないだろうか。

漫画の 「医龍」 を読んでたら、なんとなく近いものはわかるかもしれんが・・・



事件の真相が分かるまでは、非常に面白い。巧い。

謎解きも高度で、誰が犯人か最後まで全然想像がつかない。

憎たらしい登場人物の憎たらしさなんか、本当に巧く表現されてるし(笑)




しかーし、しかしだ。

どーもその後が・・・


事件解決後のエピローグの部分、

その憎たらしい登場人物が、それまでと一転してなんか実はいい人・・・?みたく書かれてて、

そんで相棒(?)とちょこっと仲良くなりそうな感じになっちゃってるし。

そこは別にいいイメージにしなくても、憎たらしさそのままの方がよかったんじゃ・・・。


それから、“はいはいやっぱりそことそこがくっつくんかい” みたいな、

読んでて安易に想像し得る展開。

てゆーかね、この作品にそういう部分は必要ないんじゃない?

せっかくのそれまでのいい流れを、一気に安っぽくさせる。

中途半端。

蛇足だよねー。


この点、「ダ・ヴィンチ・コード」 でもそうだったなー。

要らない要らない。





これまた、この二点差し引いて80点。



AD
いいね!した人  |  Comments(4)  |  リブログ(0)

悪意 東野圭吾

2008年04月19日(土) 13時03分32秒 Theme: 本棚

国試終わって春休みに読んだ作品を今更ながら。

はっきり思い出して書けるやろか・・・?


悪意/東野 圭吾



随分前に、のぶこさんから借りていた作品。


この話、何より構成が非常に面白い。

最初読んでて、はぁ~なるほど、そう来るか・・・、と感服していたら一転、

あぁ~そうやったのか!としてやられたらさらに一転、

はたまたさらに一転・・・・、

みたいな感じ。


今まで味わったことのない感覚。

巧み。

さすが東野圭吾。匠。




ただねー・・・・・


その巧みな構成で進んでいくストーリーの詰めっていうか、

端的に言っちゃうと、「動機」 の部分が甘いっていうか。

まぁありえんこともないし、分かるっちゃ分かるけど、

こんだけうまいこと話進めていって、最後がそれやったらちょっと物足りんかなーと・・・


それから、病気のことが話に出てくるんだけど、

いやいやそれありえないんじゃねぇ?って部分があるわけよ。

さすがにその病気のその状態でその治療は実際はやらんやろー・・・?

病気のこととかが多少分かってしまうだけに、そのへんでちょっと冷めてしまった。




この二点差し引いて80点。



いいね!した人  |  Comments(0)  |  リブログ(0)

めぞん一刻 高橋留美子

2007年06月01日(金) 11時26分00秒 Theme: 本棚

過去の本棚に初めて漫画が登場。


高橋 留美子
めぞん一刻 (1)~(15)

テレビアニメでは小学生くらいの頃になんとなく観たことがあったけど、それも再放送だと思う。

もともとはもっと昔の作品じゃないかな。


漫画を読んだのは浪人時代の夏。古本屋で15巻まで一気に買って読んだ記憶がある。

失恋して傷心だった時期で、どうせ勉強できる精神状態じゃないから今のうちに漫画読んどけ、みたいな。



これねぇ~、いいですよ、この漫画。

単純明快なラブストーリー(?)なんだけど、最初から最後までの顛末がじれったくて、ヤキモキしつつ、

あぁ~もうっ!って苛々しながらも、切なかったり、微笑ましくもあり、ちょっと共感したり。


そしてね、やっぱり全般的に、時代が時代だから、なんていうかね、純なのよ、純。まさに純愛。

(だからって今の時代が純じゃないってわけじゃないけど。まぁその辺は、読んだら分かると思います。)



そして最後にとても印象的なエピソードが。

このシーン、凄く奥深い。


切ない。もどかしい。



実は、アニメではこの核心部分 (と僕は思う) が、脚本変わっちゃってるんだよねー。

漫画読んだ後に、改めてアニメ観てみて気付いた。


うーん、まぁ確かに、あのへんは子供向けのアニメでは原作のまま描けないよなーと納得しつつも、残念。

やっぱそういうのって、愛の象徴だからねぇ。



そういう部分を乗り越えて二人は結局結ばれる。  うんうん、よかった、よかった・・・(´_`。。)

けっこう大人向けの漫画。



傷心だった純情な僕の胸には、このストーリーの切なさがぐわゎゎ~んと響いたのだった。




そういえば、15巻のうち後半の部分しか俺ん家にない。

大学1年か2年の頃友人に貸したままじゃないか・・・? お~いmomoにゃん・・・




うーん書き方が象徴的すぎ?

いやー、個人のブログではここまでが限界です(^_^;)

是非一度読んでみてくださいな。オススメ度5つ星です★★★★★


読んだことがある人は、感想を聞かせてくださいね。


いいね!した人  |  Comments(0)  |  リブログ(0)

冷静と情熱のあいだ 江國香織/辻仁成

2007年05月16日(水) 10時42分20秒 Theme: 本棚

今日も過去の本棚から。


江國 香織

冷静と情熱のあいだ―Rosso

辻 仁成
冷静と情熱のあいだ―Blu

読んだのは確か、大学2年の夏だったかなぁ?

あれからもう一回読んだっけな?忘れた。


この小説の話を人とする時、「赤と青、どっちが好き?」 ってよく聞かれるんだけど・・・・

ちっちっちっ。そうじゃないのよ。


この作品を教えてくれた友人が勧めてくれた読み方。

赤の第一章→青の第一章→赤の第二章→青の第二章→・・・・・

っていう感じで、一章ずつ、赤→青の順番で交互に読み進めていく。


女の視点で描かれた赤、男の視点で描かれた青、最初は全く別のストーリーで展開されていく両者が、

だんだん、少しずつ少しずつ、つながりを見せていくんだ。

「はっ!!これって・・・・!!」 と思わされることが、途中からぽつぽつ出てくる。


最後の青の章を読み終えた後に残る、切なくもあたたかい余韻がたまらない。


ちょっと変わった企画のこの作品、是非一度、この読み方で楽しんでいただきたい。



これ、青→赤の順番じゃ駄目なのか?と質問が飛んできそうだけど、

答えは、駄目!なんです。 赤→青じゃなきゃ駄目なんです。


なぜって?

一度この読み方で最後まで読んだら解ります(^-^)

是非お試しを。


いいね!した人  |  Comments(4)  |  リブログ(0)

転生 貫井徳郎

2007年05月14日(月) 22時52分47秒 Theme: 本棚

ゆっくり読書する時間は、これからなかなか取れないと思うので、

今までのストックの中から少しずつ思い出しながらレビューを残していこうかと思う。


最近、国家試験問題集の循環器編を解いているので、それにちなんでこの作品から。


貫井 徳郎
転生

心移植しか有効な治療法がない病気に侵された青年。

心移植によって新たな人生を手に入れるが、その後奇妙な経験を重ねていく。


心臓に記憶が宿っているのか?


参考図書となっている海外の書物を、たまたま全く別のテレビ番組で扱っているのを見たことがあるので、

必ずしも全くの空想物語というわけでもないのかもしれない。

キーワードは、そうだな・・・

『必要悪』、『命の相対的価値』 といったところか。

“命は本当に平等なのだろうか?” という深いところを考えさせられる作品。



確か2回読んだな。なかなか読み応えがある。

文章自体は、淡々と、さらりさらりと読みやすい感じ。


読んでみたい人、僕がお貸ししますよ。


いいね!した人  |  Comments(0)  |  リブログ(0)

幻夜 東野圭吾

2007年05月01日(火) 23時49分39秒 Theme: 本棚

読み終えた瞬間、ため息が出た。



東野 圭吾
幻夜


大会から帰って来て、暇なGWになりそうだったので、早速読んでみようと思って本屋に行ったのだが、

やはり人気なのだろうか、探し回って3つ目の本屋でやっと在庫があった。


白夜行と同様、かなり分厚いのだが、一昨日の夕方から読み始め、ここまで一気に読み終えた。



これ、『白夜行』 の続編か?とも言われている作品らしい。最近、文庫版が出たそうだ。

『白夜行』 は去年読んだ時かなり面白かったし、その後観たドラマも良かった。

綾瀬はるかは、かなり適役だったなぁ。あの、悲しさや冷酷さを秘めた美しさ・・・。


その続編とも言われている作品があると知って、黙っていられるわけがない。

(『白夜行』 読んだ時のレビューはこちら



もちろん、『白夜行』 の続編であることが明らかにされているわけではない。

だが、やはりそれを思わせるような表現が散在している感じ。

『白夜行』 を、もう一度読みたくなる。



切ない。

儚い。

悲しい。


「白夜」 よりもさらに儚い、「幻」。



ストーリーの運び方、伏線の散りばめ方の絶妙さは言うまでもないが、結末はもっと凄かった。

読んでる間中そうだったのだが、結末までの数ページは、さらに息を飲んだ。

そして、最後の最後、ここまで読者の頭に創造されてきた世界の中に、さらなる想像を膨らませるんだ。

そのへん、読んだ人と語り合ってみたいよぉ。




巻末に付されている解説の中で仄めかされていたのだが、

『白夜行』、『幻夜』に続く第三篇も出版されるとかされないとか。

だとしたら絶対また読みたい。



蛇足になるが、有子みたいな子との出会い、えぇなぁ・・・とか思ってしまうのは、きっと僕だけではないはず。




東野圭吾、凄い。あんた天才か・・・

95点。



いいね!した人  |  Comments(6)  |  リブログ(0)

海辺のカフカ 村上春樹

2007年02月06日(火) 14時30分34秒 Theme: 本棚
村上 春樹
海辺のカフカ (上)・(下)

昨年末にふらっと本屋に時間潰しに入った時に上下揃って買った作品。

売れ筋ナンバーワンと書かれて並んでいたから買ったのだが。


全部読むのにここまでかかった。

上下あるとはいえ、これほど時間がかかるということは、それほど意欲が掻き立てられなかったからだ。


ストーリー自体が抽象的だし、抽象的な表現の文章が多くて、リアル感がなくて想像力が働かない。

ナカタさんと星野青年の部分の話はまだいいけど、あのカフカ少年の話の方、特に。

自分の頭の中に広がる、そこにある世界は無限大。これが読書の楽しみなのに。


最後の方なんか、全然話が進まなくてイライラした・・・

読みたいっていうより、ここまできたら、みたいな義務感で読んでた感じ。


そんでさっきようやく読み終えたけど、結末もさっぱりわけわからん。

あぁー、もうっ。


村上春樹は面白いのとそうでないのと差が大きいって聞いてたけど、本当なのかな。

「ノルウェイの森」 は好きだったが。



合う人には合うのかな?

読んだことがある方、よかったら感想を聞かせてくださいね。



いいね!した人  |  Comments(8)  |  リブログ(0)

月と訣別とオレンジ

2006年12月30日(土) 11時30分33秒 Theme: 本棚

福留 和幸
月と訣別とオレンジ

野球部の先輩の同級生が書いたという小説。

音楽で言うところの “メジャーデビュー”(?)なさったということで、先輩が貸してくれた。


読者に不慣れな先輩は、「なんかようわからへん」 といった感想だったけど、

僕としては、想像していた以上になんとなく良かった。

さらりさらり、と読める感じ。

二日酔いで水分や糖分を欲してる体に、ポカリスエットがすーーーっと染み込んでいくような。


僕の後に読んだ友人も言っていたんだけど、一言で表すと、「ノルウェイの森」 っぽい作品。

ノルウェイの森・現代版、みたいな。

あんな感じで、淡々と、さらさらと、進んでいく感じ。

でも、嘆息を漏らすような共感や羨望を抱かせるような深みがあるみたいな。


こういう感じ、けっこう好き。

欲を言えば、この話で、もっと深く、長いのが読みたかったなー、と思わせる作品でした。


蛇足になりますが、性的描写の部分にけっこう興奮しました。(馬鹿)



あー、読書のテーマで書くといつも思うけど、感想文へったくそやな・・・

感じたこと、うまく文章にできん。


僭越ながら・・・

オススメ度は、3.5ポイント(5ポイント中)といったところでしょうか。




さて、ぼちぼち荷造りして、福岡に帰るとしましょうか。

待ってろ食の街福岡!


いいね!した人  |  Comments(2)  |  リブログ(0)
1 | 2 Next >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。