最終日

テーマ:

ここでの研修が今日で最後ということで、

ホスピス病棟の患者さん方に挨拶をし、

写真を一緒に撮ってもらった。




いつもの通り、痩せた体でも元気に冗談を言いながら話してくれた人。

(コブクロの 「蕾」 をリクエストしてくれた人)


体は悪くても、とても頭は明瞭、博学で、

いつも知見に富んだ話をしてくれた人。


いつもにこやかに穏やかに話しているのに、

写真を撮る時になって突然

「迷惑かけて・・・・・ ありがとうございました」

と涙を浮かべ、握手の手を差し伸べてくれた人。


入院当初苦痛が強く、物静かで、あまり関わりにくいなと思っていたけど、

最後に自分の死について長く話してくれた人。


僕宛に小さなメッセージカードを用意してくれていた人。

「先生に逢えた事を嬉しく思って居ります。たくさんの心配を戴きありがとう御座いました。

 ・・・・・ これからの健康とお幸せをお祈りしています」






思いのほか、リアクションが大きくて驚いた。


嬉しさに感激する半面、

その気持ちに対する自分の気持ちや頑張りが足りなかったという反省も。

もっともっと深く関われたんじゃないだろうかという気がする・・・





script_magicalmaker,http://www.magicalmaker.com/js/ameblo.js.php?upwh=42034-1261123931-179-239



病棟の一角にあるクリスマスツリー。

患者さんにも人気のスポットです。



こちらの病院の先生方、職員の皆さん、

そして関わってくださった患者さん方に感謝・・・