本日は、長崎に原爆が投下された日。

 

Facebookで過去記事を眺めながら、思い出す、3年前の平和集会in長崎by日青協。

 

実際に長崎の平和記念式典に参加(安倍首相やキャロライン大使も拝見)。

また、戦跡も現地学習。

そして、被爆者からの聞き取り学習。

全国の青年団仲間との意見交換や交流も、大切な学び・想い出です☆

 

当時の集会の感想・学び。

 

・まず、小学時代の修学旅行で被爆体験を伺った講師と、16年ぶりに再会できたことが、この上なく嬉しかったです☆

 お互い元気で、無事に長い月日を超えて再会できていることは尊いことなのだと☆

 

・私たち若者世代も、原爆の問題とかかわりがある。考えなければならない課題。

→「被爆二世・三世」という問題を忘れてはならないと、この会での一番の学び。

 記念式典で被害者の代表者が、「直接被爆した私は生き残りつつも、直接被爆していない孫娘が亡くなったことが悲しい」と語ったことも忘れられません。

 悲しみも、活動も、世代を超えていくものだと感じました。

 

 

・地元青年団で作った折り鶴を奉納。

→集会に参加できない仲間の想いも届けたいと、地元青年団で折り鶴を作り、長崎で奉納。

 奉納に手間取り、集団行動を乱したことは反省…。

 ただ、なんとか想いを届けられた&折り鶴を通じて地元の仲間も平和について考えていてくれたら幸い☆

 

・青年団Tシャツなど、オリジナルグッズがあると、交流しやすい♪&若いうちに交流を♪

→こちらは青年団交流会にて。

 私は地元青年団Tシャツを着用→全国の仲間から興味を抱かれ、楽しく交流できました♪(笑)

 自分たちの宝物・シンボル・オリジナリィティは、こうした交流の場でも活きるのだと感じました。

 また、若いうちから交流することも大切。

 私たち若い世代も、いずれはこの国を引っ張っていく世代へ。

 今のうちにつながって、一緒に頑張っていこう!

 戦後、まだ国交のなかった中国の青年と日本の青年が、船上でビザなし交流したことあり。

 「若いうちから、国を超えて仲良くなろう!そうすれば、戦争はきっと起きないだろう!」という思いもあったようです。

 

 

さあ、今年12月には、長崎で平和集会開催予定。

また私も、仲間たちと今一度、平和について学ぼう☆

 

↓当時の平和集会記事。

 一緒にまたおさらいしませんか??

=======================================
☆HP→http://www.geocities.co.jp/takatch2002/
☆【トリップアドバイザー】お勧めブログ
  
☆1日1クリック頂けると嬉しいです♪☆
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ    にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 大分県情報へ    にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
 にほんブログ村 
===========================================

AD