“思えば、よくここまで来たものだ…”


2002年春、高校生になったばかりの一人の男子がHPをStart。

神楽が好きということで、神楽をメインにしたHPを展開。

その中で目玉となっていたコーナーが「神楽レポ」。



ついに今回で100回目です!!



おかげさまで、神楽レポ開始10年目にして100回目を迎えました!!

(スペシャルなどを含めると100回以上になりますが、正規レポでは今回が100回目です!)

みなさまのご声援のおかげで、無事に100回目を迎えることができました。

本当にありがとうございますm(__)m


2006年~2010年春まで熊本にいたこともあり、なかなか神楽を見る機会に恵まれず、レポも足踏み状態。

それでも、挫けず続けてまいりました。

あいにく、こちらの事情で、現在は2002年~2004年のレポが閲覧不可能状態です。

(正直、データ保存の都合上、修復不可能かもしれません…。)

その点は申し訳ございませんが、見れるレポから振り返りのつもりで再度読んでいただければ幸いです!

http://takatch2002.web.fc2.com/kagurarepo.html




さて、記念すべき100回目のレポは、まさに記念にふさわしい神楽座&神楽イベントです!

大分県内で現在唯一国指定重要無形文化財に登録されています、大分県豊後大野市の「御嶽神楽」さまが行う、「第6回御嶽流夜神楽」の模様をレポいたします!


御嶽神楽は、大分県内でもトップクラスの人気を誇ります!

地元にある神楽会館でのリクエスト(もう1度みたい神楽座)で2年連続トップに輝いたほどです!

500年以上の伝統、そろった舞などが人気の源なのでしょう!



その御嶽神楽が、5年前から秋に夜神楽を行っています!

実は、私は今回が初参加!

とても楽しみにしていました♪

(1回目~4回目は熊本におり、昨年は青年団イベントのため参加できず。)



それでは、今回の夜神楽の様子を紹介します!



天気は雨。

雨男の私が参加したからでしょうかw

そのため、会場はブルーシートの屋根で覆われていました。

Active!~takatchの徒然なるままに…~

こんな感じです。(この画像は、夜神楽の終盤にて撮影。)

用意してくださったスタッフのみなさまに感謝です!



さて、最初の舞から観ました。



○天孫降臨(てんそんこうりん)

ニニギノミコトが三種の神器を受け取り、高千穂の峰に向う舞
Active!~takatchの徒然なるままに…~

天若日子と猿田彦(先導役)の共演!


Active!~takatchの徒然なるままに…~

思兼命なども登場!賑やかになります!


Active!~takatchの徒然なるままに…~
三種の神器も登場します!


神話に基づいた舞です。ストーリーに沿って舞が展開されます。

様々な神様が続々と登場する…観るものは釘付けになりますね!




○五穀舞(ごこくまい)

保食神が体中のあらゆる穴から五穀を出し、スサノオノミコトをもてなすも、スサノオは激怒!

スサノオは保食神を斬り殺します。

すると、保食神の遺体から五穀の種が出てきました、それを田畑に撒く舞。
Active!~takatchの徒然なるままに…~

スサノオ(右)「お尻や鼻の穴から出てきたものをわしに差し出すとは、無礼にも程がある!」と怒り、

保食神を刀で斬り殺します。


Active!~takatchの徒然なるままに…~
さあ、五穀の種を撒きましょう!

今回は、お餅やお菓子、小銭まで撒かれていました!

雨のため、スタッフの方が会場各地で撒いてくださったのは嬉しかったです♪




○八雲払(やくもばらい/やぐもばらい)

スサノオがヤマタノオロチを退治する舞。

Active!~takatchの徒然なるままに…~
スサノオが川沿いを歩いていると、娘を撫でながら泣く老夫婦の姿が。

話を聞くと、毎年娘がオロチに飲み込まれ、この娘もついに飲まれることに…と。

そこでスサノオ、娘を嫁にもらうことを条件にオロチ退治を約束します!


Active!~takatchの徒然なるままに…~
さあ、刀の準備も万全だ!

酒をオロチに飲ませ、眠ったところを仕留めよう!!



Active!~takatchの徒然なるままに…~
えいっ!!

一気にオロチに斬りかかりました!!

無事にオロチを退治し、スサノオと娘(櫛稲田姫)は出雲で末永く暮らしましたとさ♪


豊後大野市の神楽座は、オロチを綱に見立てるのが大きな特徴!

御嶽神楽さんは、オロチの頭を綱で忠実に再現されています。

これまた大きな神楽座の特徴ですね!




さて、以下の2番は、当日会場内でリクエストを募り、リクエストの多かった2つの舞を披露します!

この夜神楽オリジナルです♪


リクエスト2位:心化(しんか)

スサノオと天照大神との約束(誓約)の際に誕生した男女8柱の神々の舞。


Active!~takatchの徒然なるままに…~
御嶽神楽さんがよく舞われている演目の1つです。

姫3人立ちという珍しい舞です!

3柱の女神、5柱の男神が誓約の際に誕生しました。


Active!~takatchの徒然なるままに…~

さあ、男神による舞です!

御嶽流らしく、ゆったりとしたテンポに乗せ、のびやか&軽やかに舞い上げます!




リクエスト1位:貴見城(きけんじょう)

海幸彦・山幸彦の兄弟神の演目。
Active!~takatchの徒然なるままに…~
鎧をまとった総勢8柱の神々が登場!

これだけでもどことなく賑やかですよね~!


Active!~takatchの徒然なるままに…~

さて、補佐の激しい舞です!(一説によると、竜宮城の魚の舞を表しているとも!?)

この辺りから、舞い方&観客から大きな掛け声が飛び交います!

活気づいた雰囲気の中、舞い方も気合が入ります!

このように、舞い方と観客が一体となる…里神楽ならではのよさですよね♪



○岩戸開(いわとびらき)

天岩戸に籠られた天照大神を外に導きだす演目。

Active!~takatchの徒然なるままに…~

たくさんの神々が天安河原に集まります。

どうやって天照を導き出すかを話し合いました。

そして、岩戸の前で賑やかな祭りをすることにしました。


まずは、アマノウズメが華麗かつエロティック(?)な舞を披露!

八百万の神々は大いに盛り上げます!
Active!~takatchの徒然なるままに…~

歌えや踊れや♪


岩戸内の天照「私(太陽神)が岩戸に籠っているのに、なぜ世の中はこんなにも賑やかなのじゃ?」
気になった天照は、こそっと岩戸の陰から外をのぞきました。


その時、高天原(たかまがはら=神々の世界)一の力持ち、手力雄命が一気に岩戸に手をかけます!
Active!~takatchの徒然なるままに…~
力いっぱい岩戸を開けようとします!

観客からの「頑張れ~!」の声援に、おどけて応える手力雄命(笑)


そして、ついに・・・


Active!~takatchの徒然なるままに…~
…岩戸が開けられました!!


Active!~takatchの徒然なるままに…~
こうして無事に世界に再び光が戻りましたとさ!


この岩戸開も人気の舞です!

岩戸から天照が登場するのもなかなかの演出です!



○大神(だいじん)

神楽の納めの舞。
Active!~takatchの徒然なるままに…~
こうして無事に夜神楽は終わりました。



今年は雨で例年よりも観客が少なかったようですが、それでも賑わっていた雰囲気でした!

秋の夜、屋外で神楽を見るのは風情があり、贅沢な気がしました♪


御嶽神楽の皆様、スタッフの皆様、ありがとうございました!




以上、今回のレポでした!

今後も引き続きレポします。よろしくお願いします!!



おわり


AD