ドミナント戦略

テーマ:

2/23

この地図はちいさなコンビニのサービスエリアです。



ピンクのところが現在対応しているエリアです。

赤丸が遠方に少しだけお取引があるお客様です。

そして、グリーンが通行ルートです。


・さて、ここからどうやって広げていくのか?
・効率よくお客様サービスの対応をどうするのか?

・競合他社と勝てることができすのか?


『ビジネスは自分たちの思い通り描くことができます。

結果はすべて自分たちに振返ってきます。

ここが仕事のだいご味です!!』


ドミナント戦略とは
ドミナント(dominant)は、「支配的な」「優勢な」「優位に立つ」という意味を持つ言葉です。

小売業がチェーン展開をする場合に、地域を特定し、その特定地域内に集中した店舗展開を行うことで経営効率を高める一方で、地域内でのシェアを拡大し、他小売業の優位に立つことを狙う戦略をドミナント戦略といいます。

ここで、集中して多店舗展開を行う対象となる地域をドミナントエリアと呼びます。
ドミナント戦略の代表例として、コンビニエンスストアをあげることができます。

例えば、セブン-イレブン・ジャパン(戦略100+「セブン&アイ」を参照)は、2013年1月末で業界No.1の14,884店を擁していますが、その出店エリアは、47都道府県中40都道府県です。

業界2位のローソン(戦略100+「ローソン」を参照)は2013年1月末で11,152店ですが、1997年には47都道府県での店舗展開を達成しています。

近年、セブン-イレブンも空白エリアであった北陸三県や秋田県にも出店し、2013年からは四国への進出を開始します。

セブン-イレブンは出店している都道府県のほとんどで100店以上を展開しており、一気に店舗が拡大することが予想されます。

さらに付言すれば、コンビニエンスストアのドミナント戦略では、都道府県といった広域を単位とするのではなく、市区町村といった狭い範囲をドミナントエリアとして設定しています。

AD