ひさしぶりの出張です。

テーマ:

 

2/19

今日は関西国際空港へ来ています。

これからピーチで仙台へ向います。

朝礼に参加できないので社内へメッセージです。

      ↓  

 

飛行機なのであっという間に仙台へ着きました。

今日は快晴です。

道路にはチラホラ雪が残っています。

訪問先はデリコムさんという自動販売機のオペレーションをしている会社です。

実はこの会社はすごいのです。

独自のセルフレジを開発されて展開をされています。

     ↓

オアシスタイム

詳細をお伝えできないのが残念ですがおもしろい展開となりそうです。

3月には発表できそうですのでご期待下さい。

 

AD

書初め

テーマ:

1/28

いよいよ2018年もスタートしました。

ホームでは初出の日に恒例の書初めを全社員で行います。

そして、自分の抱負を色紙に書いて1年間忘れないように貼りだしています。

貼りだしてみるとそれぞれの思いがありとてもおもしろいです。

私の抱負は真摯としました。

正月のおみくじは大吉を引き、嬉しいことがたくさんありました。

そこで、浮かれることなく1年間気持ちをひきしめながらコツコツと仕事に取り組んでまいります。

 

しん‐し【真摯】
[名・形動]まじめで熱心なこと。また、そのさま。
「真摯な態度」「真摯に取り組む」
 [派生]しんしさ

AD

2018年 元旦



『新年あけましておめでとうございます。』
『昨年は、いろいろとお世話になり本当にありがとうございました。』
『心より厚く御礼申し上げます。』

『今年もどうかよろしくお願いします。』
 

いよいよ、2018年が始まりました。
昨年は30周年を迎え次の時代へ進むための大きな転換期となりました。

当社では新しいビジネスモデルを確立する為にシステムへの投資や人材育成への強化を推進したところ大きく前進しました。

そこで、ターニングポイントとなる今年のスローガンは社内公募にて投票の結果、石川リーダーが提案をしました、
『本気ださんかい!』と決定をしました。

今年は中期計画の最終年度を迎えますのでお客様をはじめパートナーの皆様や社員へ還元できるように結果を出すことにこだわります。 

ポスターのデザインは、私が思いを込めて自筆で書きました。

 

今年は戌年です。

戌年の特徴として、“勤勉で努力家”といわれます。

当社も社員達も学びながら成長をするようにコツコツと努力を積み重ねてまいります。

また、お客様には社長をはじめ全社員が可愛がっていただけるようにサービスの向上に努めます。

私も今年で還暦を迎えるために経営者人生として区切りの1年となります。
『今年も皆様と共に豊かさと幸せを共有できる素晴らしい年を実現していきますのでどうかよろしくお願いします。』

 

AD

望年会2017

テーマ:

12/22

今年も恒例となりましたホーム望年会が開催されました。

---------------------------------------------------------------------------

日時 12/22 (金)

時間 19〜21時

場所 robata279

大阪市北区天神橋3-1-11 

(天神橋筋商店街内、焼肉万両さんの近くです)

https://www.google.co.jp/amp/s/s.tabelog.com/osaka/A2701/A270103/27096891/top_amp/

 

進化スケジュール 

司会進行(北濱さん、川上)

 

1. 大薮社長からご挨拶・スローガン発表

2.乾杯の音頭(島崎本部長)

3. ビンゴ大会 

4. 中締め (ビンゴ大会のくじにより選定)

 

※19:00開始でございます。時間厳守でお願い致します。

※当日は3階を貸し切りしております。

お手数ですが、店舗内階段にて3階までお越しいただくようお願い致します。

よろしくお願い致します。

---------------------------------------------------------------------------

 

当社では年忘れのお疲れさん会でなはくて未来の希望を語り合う場として

望年会と呼んでいます。

そして2018年のスローガンが決定しました。

社内公募の結果は、、、

 

決勝に残った次の3案より

NO.スローガン    サブタイトル                  提案者    得点

10  本気ださんかい! 全員が本気だしたら儲かるよってからに            石川     15点

13  切磋琢磨         競い合い、時に助け合い                     市川  12点

 5   常勝気流         常に勝ち続け、上昇気流に乗るように高みを目指す!  月城  11点

『本気ださんかい』に決まりました!

 

そして、ビンゴ大会では私がこんな商品(ソファーと収納BOX)が当選しました。

なかなか快適なのでさっそく自宅のリビングで使っています。

 

『今年も皆様のおかげで無事に終えることが出来そうです。

本当にありがとうございました。

2018年度もどうかよろしくお願いします。』

2018年の年賀状

テーマ:

12/20

2017年も残すところ10日となりました。

 

そして、年始のご挨拶は年賀状から始まります。

2018年の年賀状企画はこれです。

      ↓

 

新年はお年玉大抽選会を行います。

 

たくさんのプレゼントがありますので年賀状が届いた方は当社のホームページをご覧ください。⇒http://www.ho-me.co.jp/

 

『素敵なプレゼントが当選しますよ!』

『たくさんの皆さまへお届けしまので楽しみにお待ちください。』

 

追伸

私のプライベートの年賀状は戌です。

『今年も大変お世話になりました。』

『新年もどうかよろしくお願いします。』

12/15

マンションの1室にてスタートをした当社は一歩ずつ階段を登ってきました。

時には階段からすべり落ちてけがをしたことも幾度かありました。

 

 

それを乗り越えてきた大きな要因は、いつも高い目標を掲げてきたからです。

 

 

これからも高い目標をもちながら全社一丸となって取り組んでいきます。

 

 

 

高い目標をもつ
創業時、マンションの1室でスタートし、従業員が10人に満たない頃から、「ホームは日本で一番人が集まる会社になる」と言ってきました。
ちっぽけな会社でありながら日本に目を向けるということは、高く大きい目標をもつということと同じです。
高い目標を設定する人には大きな成功が得られ、低い目標しかもたない人にはそれなりの結果しか得られません。
自ら大きな目標を設定すれば、そこに向かってエネルギーを集中させることができ、それが成功のカギとなるのです。
明るく大きな夢や目標を描いてこそ、想像もつかないような偉大なことが成し遂げられるのです。

12/6

ホームの情報はすべて社内サーバーに保管されており全社員が見ることが出来ます。

売上から収益や個人成績までオープンにしています。

そうすることで少しでも不信感を取り除きながら信頼関係を構築するように努めています。

誰が、何を、どのような仕事をやっているのか?

どれだけ結果を出したのか?

その結果、会社が良くなり、社員が評価され、お客様や世の中へ還元できます。

社内の風通しが良くなると世の中が広く見えるようになります。

 

ガラス張りで経営する
ホームでは、信頼関係をベースとして経営が行われています。
そこでは、経理面をはじめ、すべてのことがオープンになっており、何ら疑いをさしはさむ余地のないシステムが構築されています。
その一つの例として、目標管理シートでは全部門の経営成績が全員に公開されています。
自分たちの利益がいくらで、その内容はどうなのかが誰にでも容易に理解できるようになっています。
一方、私たち一人一人も同じように心をひらき、オープンに仕事をすることを求められています。
このように社内がガラス張りであることによって、私たちは全力で仕事に取り組むことができるのです。
 

11/24

当社のビジネスモデルについてよく質問されることが、

  • よくあるビジネスですね?
  • 大手企業のまねですか?
  • フランチャイズの加盟店ですか?

答えは全く違います。

すべて当社独自のビジネスモデルです。

 

販売をしている商品は、

  • コーヒー
  • お茶
  • ミネラルウォーター
  • お菓子やフード類etc・・・
どこにでも販売している商品ばかりです。
また、大手企業が先行して事業化していたりします。
 
しかし、同じ商品を同じ販売方法でやれば当社のような零細企業は太刀打ちできません。
 
そこで、大手企業や先行してやっているところでは出来ないことを生み出します。
 
そのやり方は、マーケットインの考え方でお客様が望んでいることで競合他社が出来ないことを徹底して追求します。
例えば、オフィスコーヒーサービス業界では初めて次のことを実施しました。
  • 適正な在庫管理
  • マシンのメンテナンス
  • 訪問マナーの徹底
販売価格は競合他社より10%高く設定しました。
 
『創業以来30年以上経った現在でも生存して事業をやっている要因となっています。』

 

独創性を重んじる
ホームは、創業の時から独創性を重んじ、人の模倣ではなく、独自のサービスで勝負してきました。
他社ができないといったものを喜んで受けて、全員が必死の努力でこれをつくり上げ、結果として独自のサービスを次々に確立・蓄積してきたのです。
何としてもやり遂げなければという強い使命感をもち、毎日毎日創意工夫を重ねていく、その一歩一歩の積み重ねが、やがてすばらしい創造へとっながっていくのです。
 

ビジネスチャンス発掘フェア

テーマ:

11/20

当社では主力事業のちいさなコンビニを積極的にPRしています。

今回は少しでもたくさんの企業の皆様へ知っていただくために展示会へ出展します。

                      ↓

            ビジネスチャンス発掘フェア

 

    大阪の成長している企業や団体が200社以上出展をします。

    出展ブースは2階の14番です。

 

そしてちいさなコンビニ事業の発表を行います。

 

 ぜひお時間がある方はお越しください。

 

『たくさんの出会いとビジネスチャンスがあるので楽しみです。』

11/14

当社には個性のある社員たちがたくさんいます。

それぞれ、年齢、男女、生まれ育った環境などが違います。

 

ですから、各自が自分のやりたいことを好き放題やれば組織はバラバラとなります。

そこで、理念やビジョンを共有して同じ方向を向く必要があります。

社員同士がお互いの考え方を理解し認め合うことで少しずつ方向が定まってきます。

 

 

そのためには価値観を合わせて会社が発展しるために力を合わせることが大切です。

少しずつベクトルがあってきたような気がします。

 

 

ベクトルを合わせる
人間にはそれぞれさまざまな考え方があります。
もし社員一人一人がバラバラな考え方にしたがって行動しだしたらどうなるでしょうか。
それぞれの人の力の方向(ベクトル)がそろわなければ力は分散してしまい、会社全体としての力とはなりません。
このことは、野球やサッカーなどの団体競技を見ればよくわかります。
全員が勝利に向かって心を一つにしているチームと、各人が「個人タイトル」という目標にしか向いていないチームとでは、力の差は歴然としています。
全員の力が同じ方向に結集したとき、何倍もの力となって驚くような成果を生み出します。
1+1が5にも10にもなるのです。