7/20

私たちは、サービスを通してお客様へ感動を与えることを約束します。
 

たくさんの人に喜んで頂きながらお給料をいただけるとは本当にありがたいです。

また、「お疲れさん」「助かってるわ」などと声をかけていただけると嬉しくてやりがいがさらに大きくなります。

 

その原点お客様へ感動を提供することです。


お客様はちょっとした親切や気配りで喜んでいただけるものです。 

 

例えば「ついでの時で良いから届けてね。」

とお客様からお声掛けいただいた時も・・・

「本日お届けしました。」と急いで納品へお伺いすると。

うれしそうぉーに「ついででよかったのに・・・」と言いながら喜んで頂けます。

あたり前のことを提供をしていると感動が生まれません。

 

お客様が予想している以上のことをて提供することで感動をしていただけます。

 

私たちはこれからも一度でも多く「ありがとう」を言っていただけるように努力していきます。

 

『サービスの仕事に携わっていることはすばらしいことですね!』

 

AD

7/18
いよいよ夏本番です。

そこで、社屋の入り口にミストシャワーを取り付けました

操作は簡単です。

蛇口をひねるだけです。

営業から帰ってきた皆さんはご利用ください。

ささやかな癒し空間です。

『扇風機もあるよ!』

AD

私達は、いつも情熱の心を持ち未来に向かって進むことを約束します。

 

資金も実績も能力も何もない当社が30年間事業を継続できた大きな要因はやる気です。

 

やる気は未来に夢と希望を描くことで大きく継続をすることができます。

そして、誰にでもすぐに起こすことができます。

『これからも全社員が熱い気持ちを燃やし続けて仕事に取り組んでまいります。』

AD

今日は七夕です。

テーマ:

7/7

今日は七夕です。

中之島センタービルのエントランスでは笹の葉を展示しています。

短冊にはたくさんの願い事が書いていました。

今日は34回目の結婚記念日です。

『毎日美味しいごはんを作ってくれてありがとう。』

『今まで色々とありましたが一緒になってよかったです。』

『これからもよろしくお願いします。』

 

7/5

経営理念を実現するには全社員が同じ目的に向かって行動を起こさないといけません。

当社では7つの行動指針があります。

その1番目は⇒1.私たちは、仕事を愛し社員全員が幸せになる会社を作ることを約束します。

 

私たちが毎日行っている仕事にプライドを持ちながら大好きになることから始めます。

 

もしも、イヤイヤ仕事をやっている人がいれば当社の社員ではありません。

当社の仕事はサービス業です。

お客様から喜んで頂いて売上というお金をいただいています。

決して楽な仕事ではなく、雨の中でも、寒い中でも、暑い中でも、重い商品を運んだりして四六時中走り回っています。

しんどいことは日常茶飯時ですので良い事ばかりではありません。

しかし、たくさんのお客様から喜んで頂きながらご支援をいただいております。

自分たちの仕事に全力を打ち込んでやり遂げれば、大きな達成感と自信が生まれ、また次の目標へ挑戦する意欲が生まれてきます。
その繰り返しの中で、さらに仕事が好きになります。

そうなればどんな努力も苦にならなくなり、すばらしい成果を上げることができるのです。

 

7/1

いよいよちいさなコンビニが一番忙しい季節となってきました。

 

サマータイム応援キャンペーンを開催します。

 

 

今年はぷらちなサンクスカードの景品にビールを追加しました。

 

もちろんアイスクリームもあります。

ただいま増量中です。

 

お腹がすいた時はお菓子で癒してください。

 

 

『今年も全社員が一丸となって暑い夏を乗り切りましょう。』

 

6/30


私たちはをサービスしていきます。
お客様をはじめ私たちに関わりあう人たちを愛することを第一に考えて、全社員の夢が実現できる会社にしていきます。

 

これが当社の経営理念です。

 

創業当初は、毎日自転車で飛び込み営業(1日200件)に汗だくになってやっていました。

しかしながら結果が出ずに何度も、何度も、あきらめてしまいそうになりました。

『もぉーあかん』『やめよぉーか?』
一番の思い出は、差し出した名刺を目の前で破られたときです。

本当に悔しくて表へ出て泣いたこともあります。

そして、ある時は飛び込み訪問先の社長さんがあまりにもだらしがないので見るに見かねて名刺交換のやり方を教えてくれたこともありました。

さらにご契約をいただきたくさんご利用をいただいたことを今も忘れません。

そのときには本心から『お客様って暖かいものだなぁー』と感じました。

 

この時はビジネス抜きで精一杯サービスして喜んで頂こう!と思ったものです。
これが人を愛して好きになる最初の考え方です。

そんな毎日の仕事の中で、朝は一人で出社して鍵を開け、夜は営業から帰って来ると電機(粗大ゴミでひらってきた)をつけて寂しい日々が続きました。

 

その時に思い描いていた夢が、いつかはたくさんの人が集まってわいわいとにぎやかに仕事をしている会社の姿です。

 

人間は孤独なのでたくさんの出会いと勇気が夢につながると感じていました。

「日本で一番たくさん人が集まる会社にしたい」のが当社の夢です。
仕事のテーマはたくさんあります。

  • たくさんのお金がほしい。
  • 世の中の役に立ちたいetc・・・

しかし、まずはその環境を作ることです。

リフレッシュルームや屋上ビアガーデンはそのスタートとして社屋移転の時思いを込めて作りました。

これからは、社員のみんなでたくさんの夢を描きながら実現をしてほしいです。

 

 

今日は父の日

テーマ:

6/21

今日は父の日です。

息子夫婦からプレゼントをいただきました。

箱の中身は大好きな焼酎です。

『金の霧島はむっちゃうまかったです。』

 

いつの日から、父親の存在が世の中から薄くなってきました。

 

昭和の時代は、毎月給料日にお父さんが一生懸命働いたお金を現金で持ち帰って来ました。

『お父さん、今月もお疲れ様でした。』

と家族から感謝をされ、、、

それぞれの家庭で団らんの日を過ごしていました。

そして、平成へとなり

  • 女性が社会へ進出をし
  • 男女が平等となり
  • 給料はすべて振込となり
  • あるお父さんはリストラされ
  • 熟年離婚され
  • 加齢臭がきついと言われ

今の世の中からお父さんが抹殺されようとしています。

 

 

『世の中のお父さんがんばれ!!』

『まだまだ、活躍の場面があるよ!!』

7/22

ビジネスの世界はいろんな要素があって

  • 成功をしたり失敗をしたり
  • 儲かったり損をしたり
  • 喜んだり悲しんだり

     

します。

そこで、いろんな戦略や方法を考えて工夫をします。

時々考えすぎて行き詰ったりします。

そこで、すぐに解決をするやり方は

シンプルにものごとを考えることです。

  • お客様が喜んで頂くこと
  • ロスを無くす
  • 無駄なことはやらない

そして、商品やサービスをお買い求めいただくだけです。

ものごとをシンプルにとらえる
私たちはともすると、ものごとを複雑に考えてしまう傾向にあります、しかし、ものごとの本質をとらえるためには、実は複雑な現象をシンプルにとらえなおすことが必要なのです。
事象は単純にすればするほど本来の姿、すなわち真理に近づいていきます。
たとえば、一見複雑に思える経営というのも、つきつめてみれば〔売上を極大に、経費を最小に〕という単純な原則に尽きるのです。
ホームの〔時間当り粗利益金額制度もこの単純化してものごとをとらえるという考え方をベースにしています。
いかにして複雑なものをシンプルにとらえなおすかという考え方や発想が大切なのです。

 

フードBOX開発中です。

テーマ:

 

6/20

私たちのビジネスモデルはセルフ型サービスドリンク&フードサービスです。

オフィスで手軽に購入できるドリンクやフード類を提供しています。

ドリンク類の商品は品ぞろえも多く充実しているようですが・・・

フード類の商品と品揃えがまだまだのようです。

そこで、新しくフードBOXを企画します。

 

  • こんな商品があればうれしいな?
  • こんなで並べ方をすれば楽しいな?
  • こんなコンセプトだと買ってしまうよね?

『皆さんからの御意見をお待ちしています。』