スマホ決済システム

テーマ:

9/23

本日の日経MJのニュースです。
ヤマトHD オフィス菓子宅配参入

あのヤマト運輸がスマホで決済ができるシステムを開発したそうです。
売上を決済する仕組みは私たちが推進しているセルフサービス型のサービスで一番課題となっているところです。

もしかしたら当社が開発をしているシステムとの連動ができるかもしれません。

これから伸びる市場ですので楽しみです。

そしてちいさなコンビニにもご期待ください。

AD

9/15
本日はトラックコンビニが入荷しました。

キャッチフレーズは「オフィスで買えるほっと一息」

冷たいドリンクをお届けします!

大切な商品が倒れないように棚と枠で固定されます。

インバーターの電源があるのでいろんな用途に使えます。

コンセントは4つあります。

ショーケース、ホットウォーマー、コーヒーマシン、ライトetc・・・

売上は金庫へ保管をします。

後ろの収納もばっちりです。

いよいよちいさなコンビニトラックがスタートします。

『まもなく皆様のところへ参りますのでよろしくお願いします。』

AD

9/28

若いころは夢ばかりを見ていてお金儲けに執着をしていた時期がありました。

パチンコ、麻雀、競馬、株などにお金を費やして買ったり負けたりして一喜一憂をしていました。

特に、19歳から始めた株では大儲けをして不要なお金を掴んだこともあります。

 

そのお金もどこへ消えてしまったのか・・・

昔の人は悪銭身に付かずとはよく言ったものです。

そこで、気が付いたことは汗水流して堂々とお金儲けをすることです。

そうすることで、自分が稼いだお金を大切に扱い役立つことができます。

そして、道を迷わずに進むことができます。

公明正大に利益を追求する
会社は利益を上げなければ成り立ちません。
利益を上げることは恥ずべきことでもなければ、人の道に反したことでもありません。
自由市場において、競争の結果で決まる価格は正しい価格であり、その価格で堂々と商いをして得られる利益は正しい利益です。
厳しい価格競争のなかで合理化を進め、付加価値を高めていく努力が利益の増加を生むのです。
お客様の求めに応じて営々と努力を積み上げることをせずに、投機や不正で暴利を貪り、一攫千金を夢見るような経営がまかり通る世の中ですが、公明正大に事業を行い、正しい利益を追求し、社会に貢献していくのがホームの経営です。

AD

9/25

 

前回より

マクドナルド再生計画⑬

久しぶりに黒字化となったマクドナルドです。

たくさんのお客様が戻ってきました。

私も時々朝マックを買います。

なんと!

チキンクリスプマフィンと珈琲のコンビで200円です。

妖怪ウォッチの企画や大人にも人気のバリューシリーズでファミリー客が戻ってきています。

何よりも情報をオープンにして信用を回復していることが大きな要因です。

しばらく失ってきた信用を取り戻すことができるのか?

期待しています。

見える、マクドナルド品質

 

今日は鶴橋で、、、

テーマ:

9/18

今日はいつもの仲間たちと飲み会です。

いつもの飲み会

 

飲み会の会場は鶴橋へ・・・

お店は最近オープンしたデパっ家です。

デパっ家とは大当たりという意味らしいです。

韓国料理のおいしいメニューがずらりと並んでいます。

定番のビールにはキムチです。

ここの肉巻たまごはむっちゃうまいです。

お土産で買って帰りました。

そして本日のメイン料理はサムギョプサルです。

女将さんが調理をしてくれます。

今日も仲間たちとサイコーのひと時でした。

青春時代を過ごした仲間たちとは一生の付き合いです。

プレスリリース

テーマ:

9/16

本日はプレスリリースの案内文章をたくさん印刷しました。

そして、封筒に切手を貼りました。

送り先は・・・

  • 新聞社
  • テレビ局
  • 雑誌
  • フリーペーパー
    などの各社です。

~報道関係者各位~

ぜひ当社のニュースをリリースしてください。

『よろしくお願いします。』

9/21

仕事人生の集大成を成功で終わらせようと決めてからは毎週ジョギングをしています。

その理由は健康な体力を維持すると前向きな心が育成されるからです。

 

そのジョギング中にいつも感じることがあきらめない精神です。

いつ辞めてもいいトレーニングなのでつらくてしんどくなったら、辞める理由を見つけ出します。

そこで、自分との戦いが始まります。

情熱の強さが勝つとゴールまで到達をして充実感が生まれます。

そして、1日1日自分で決めたトレーニングメニューをやりきることで自信が生まれます。

 

成功するまで諦めない
成功するかしないかは、その人のもっている熱意と執念に強く関わっています。
何をやっても成功しない人には熱意と執念が欠けているのです。
体裁のいい理由をみつけ、自分を慰め、すぐ諦めてしまうのです。
何かを成し遂げたいときには、狩猟民族が獲物を捕らえるときのような手法をとることです。
つまり獲物の足跡を見つけると、槍一本をもって何日も何日も追い続け、どんなに雨風が吹こうと、強敵が現れようと、その住処を見つけ、っかまえるまでは決して諦めないというような生き方です。
成功するには、目標達成に向かって粘って粘って最後まで諦めずにやり抜くということが必要なのです。

会社の前で・・・

テーマ:

9/17

仕事を終えて帰ろうとしていると、、、

会社の前の駐車場が騒がしいです。

レッカー車が来て慌てふためいています。

近くへ行って見てみると・・・

『えらいこっちゃぁー』

『車が落ちてきれるでぇ~』

『横の車に当ってるでぇー』

『人が乗ってなかっよかったでぇー』

『いつ、何が起こるかわからんなぁ~』

『事故にはくれぐれも注意せなあかんでぇ―』

 対岸の火事ですね。
『今回の事故は、わたしたちには被害がなかったがだからといって対岸の火事と思わずにじゅうぶんに注意しましょう!』

 

今週のおすすめ商品①

テーマ:

9/15

セブンイレブンへお昼ご飯を買いに行ったら・・・

『あれ?珍しく段ボールで陳列してるでぇ~』

『どこかで見たパッケージやでぇー。』

『がぶ飲みレモンクリームソーダやぁー』

『ちいさなコンビニで売ってますよぉー』

『なんと!100円ですよぉー』

【9月のおすすめ商品②】


『がぶ飲み レモンクリームソーダ』

「関東・栃木レモン」&「がぶ飲み」、飲料同士の初コラボが実現!

「がぶ飲み」では今年6月より順次、各地で親しまれているご当地商品とコラボレーション「がぶ飲み 白くまソーダ」「がぶ飲み パインサイダー」を発売しており、そのユニークさなどにご評価をいただいています。

今回は新たに、北関東を中心に人気の高い、レモン風味の乳飲料「関東・栃木レモン」をイメージした懐かしい味わいの炭酸飲料「がぶ飲み レモンクリームソーダ」を商品化しました。

パッケージは「関東・栃木レモン」ブランドが持つ、どこかレトロなデザインを参考に仕上げ、側面には「レモン牛乳物語」など「関東・栃木レモン」に関する説明を掲載しています。

「関東・栃木レモン」をイメージし、ソーダで仕上げた新しい味わいを、「がぶ飲み」ブランドのユニークな世界観と共にお届けします。

 


~レモン牛乳物語~

通称、レモン牛乳。

正式名は「関東・栃木レモン」といい、栃木産の生乳に砂糖やレモン香料などを加えたレモン色の乳飲料です。

昭和の戦後まもなく誕生した乳飲料で、懐かしい栃木の味として長い間親しまれてきた商品です.

 


ご案内期間:9月12日(月)から9月23日(金)まで


販売価格:100円(税込)

9/15

今月の重点方針のひとつです。

②商品の置き場所と保管ルールを守る。

簡単なことですがなかなか実行ができません。

私たちはお客様へ商品を提供するしごとです。

良い商品を良い状態でお届けすることが原則です。

 

そのためには全社員が心を一つにして商品を整頓をする必要があります。


環境整備を常にやる
私たちの使命のひとつに快適な職場作りを作り上げていくことがあります。
一般的な会社では社内の清掃を外部の業者へ依頼をすることが多いのですが、ホームではすべて自社で行うことにしています。
自分たちの環境は社長以下全員で作り上げることで、社員皆さんのサービスする心を養うとともに、社内はもちろんのこと社外の人たちの信頼を勝ち取ることにもつながるのです。
ドアの開け閉めひとつや文房具がある場所まで理解しあえるようになるには、それぞれの気配りが必要です。
さらにそのようなことが全社員の心がひとつになる風土を創りあげていくのです。