コバヤシさん

テーマ:
メンタルトレーニングをすればするほど人間って良く出来てるのか出来てないのかわからなくなります。
 
フィジカルトレーニングをしていてもそう。
 
上手くやろうとすると逆に出来なくなる事多いですよね。
 
脳、つまり自分の意志は上手くやりたい、そう思っているのになぜか本番になると出来なくなる。
 
オリンピックを見ているとそういう場面を良く見ます。
 
不思議ですよね。何故こうしたいと思った事を脳は正確にやってくれないのか。
 
筋トレもなんでわざわざ沢山負荷かけないと体力アップしないのか。
 
筋肉大きくなーれ、身長伸びろー!と願えばその通りになればいいと思いませんか?
 
脳=自分なのに、自分=体なのに実は全くコントロール出来ない。
 
人間ってやつは不思議です。
 
結局のところ自分の事はコントロールできるようで出来ない、自分であって自分ではないのです。
 
そんな意固地な小林さんの脳みそと体を小林さんが正確に動かすためには土下座しかありません。
 
小林さん、ちゃんと動いてください。。。。
 
しかし意固地な小林さんの脳みそと体はそんなにすぐには動きません。
 
天邪鬼でもあるようです。
 
なので体さんには土下座をやめて負荷をかけていじめます。でも本番前には優しくします。
 
実はツンデレみたいです。
 
脳みそさんにはひたすらごますりです。
 
余計なプレッシャーや不安は全部ワタクシ小林が引き受けますから小林さんは運転に集中してください
 
これが今年の小林さんと小林さん(ブログ書いてる私)の集合体、小林選手のレースへのアプローチです。
 
真面目な話感情というのはパフォーマンスを下げます。少なくとも僕の場合は。
 
乗っているときに勝ちたいと強く願っても、プレッシャーや不安を感じても低下してしまいます。
 
乗っていて反応時間の低下を明らかに感じます。
 
だから乗っている間は無心になりたい、そう願うわけです。
 
しかしながら小林さんと小林さんがいて片方は不安だとか勝ちたいとかいろいろ考えてパフォーマンスの低下をまねく。
 
この小林さんは邪魔なのでどうにかしないといけないのですが小林さんは小林さんの一部なので取り除けません。
 
黙ってもくれません。

なので今年はもう一人小林さんを用意する事にしました。
 
小林さんのおもりをする小林さんです。
 
小林さんのおもりを小林さんがしている間に小林さんが運転に集中し、結果勝つ。
 
それを今年は目指します。


AD

コメント(2)