1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017年12月12日(火)

熊本・熊本市 熊本ラーメンの本店に乗り込む(桂花本店)

テーマ:九州

トンコツや鶏ガラでとったスープに揚げニンニクやマー油(ニンニクを揚げた後の油)を加えることでトンコツ臭を抑えたマイルドな味が特徴の熊本ラーメン

 

その元祖のひとつ、と言われるのが昭和30年創業の「桂花」(マンモスラーメンチェーン店幸楽苑とほぼ同時期の創業)。

 

今や、熊本県内より東京都内の方が店舗の多い桂花ですが、初めて本店に行ってきました。

 

会長の経験では、チェーン店のラーメン店の本店は、メニューやスープの味が支店のモノと異なることが多い(かつ、旨い)ので、なるべく訪問するようにしています。

飲食店街のスナックやラウンジなどがひしめく雑居ビルの1階にあって、飲み屋帰りのオッサンが吸い込まれそうなシチュエーション(笑)。

 

会長も典型的なそのひとりです。

金曜日ではありましたが、この時間(夜10時半前)は意外と空いていました。

 

ラ-メンを待つ間、くまモンラベルの芋焼酎(350円)の水割りをチビチビと舐めます。

 

おっ、生ニンニクが無料で付けられるのね。これは、ゼヒ、頂きましょう。

 

注文したのは、煮込んだ三枚肉(豚バラ肉)に茹でキャベツを乗せた、太肉(ターロー)麺(950円+味玉100円)。

白濁した、スープが見えないほど具沢山でボリュームMAXです。

 

味玉は別皿だったんだけど、

 

生ニンニクも絞って、味玉も全部投入しちゃいましょう。

これで、ボリューム∞。酔っ払いでも少々キツイかな、と思ったのですが…、

 

スープは、東京の桂花よりも味がハッキリしている(しょっぱいとか、クドいという意味ではない)けど、臭みはほとんどありません。

 

ホントは脂分が強いんだろうけど、不思議とスーッと自然に入っていきます。

 

写りはボケているけど、麺は太麺。

これが、九州北部の豚骨ラーメン系との違いのひとつですが、これもスープと一緒に頂くと食べられちゃう。

 

具の三枚肉もキャベツの健胃効果もあって難なく胃袋へ。

 

結局、麺は少々残しましたが、後は頂いちゃいました。

 

25年以上前、同じく元祖のひとつといわれる、こむらさきで頂いてから熊本ラーメンのファンになったけど、九州北部の代表的な「長浜(博多)ラーメン」よりもこちらの方が好みです。

 

…翌朝、朝ご飯はパスしましたが(笑)。

 

 

大変美味しかったです。

 

ご馳走様でした。

 

 

 

桂花本店

熊本県熊本市中央区花畑町11-9 K-1ビル 1F

電話 096-325-9609

営業時間 月~木:11:00~23:45(L.O.) 金・土・祝前日:11:00~翌1:45(L.O.)
日・祝 11:00~20:00(L.O.)

定休日 年末年始のみ

どくしゃになってね!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。