群馬バレー上達塾愛好者

スポーツ少年団バレーボールの指導をしています。
簡単に超速く上達させる方法を勉強しています。
その上で出会った 川端健太さんの
バレー超上達塾の愛好者です。
バレーボールの指導書には
載っていない方法で
ドンドン上達する方法を紹介していきます。


NEW !
テーマ:

こんばんは!!

 

ブログへのお立ち寄り ありがとうございます。

 

 

綺麗なフォームだね・・・

格好いい構えだね・・・

 

でも 上手いとは 言われない。

 

あなたの周りにも こんな選手いませんか?

もしからしたら あなたが そうですか?

 

私たちが求めることは

 

正確にレシーブを返球する。

スパイクを決める。

サーブを決める。

 

ある意味 結果です。

でも 結果オーライでは 駄目ですよね。

 

たまたま 決まった。

たまたた 上がった。

 

大切なのは 自分のやりたいプレーの

イメージに向かう事が 目的になります。

そのために 上達を求めていきます。

 

そのイメージに向かう 過程で

構えや フォームという手段を 身に付けて行きます。

これは 動きやすいとか スピードが速くなるとかを求めて

やっていく 努力です。

 

これは 1つの手段。

これを マスターしたら 出来た・・・と

勘違いしてしまう 間違いです。

 

ここは ゴールではなく やり方が増えただけ。

指導をする時 または 受ける時に

勘違いしてしまうポイントです。

 

例えると 回転レシーブの回転が出来るようになった。

これで 回転レシーブが出来た・・・では ありません。

練習で 上げられるようになって

 

試合で 使えるようになって

正確に返球出来る。

 

こうなって 目的に大きく近づけます。

 

理想のプレーという目的は

人によって 戦う場によって変わってきます。

 

県大会を目指しているのか?

県でベスト4なのか?

全国大会を目指すのか?

日本一を目指すのか?

世界で戦うのか?

 

今の自分の立場によって 目的は違います。

そして どんどん変化していきます。

 

私たちは 上達してもらうために

いろいろな手段の部分を お伝えしています。

あくまで 手段です。

 

これが出来たら もう完成では ないのです。

手段は あくまで 手段。

使って 磨いて 初めて 目的に近づいて行けます、

 

目的地に近づく段階で 結果が出てきます。

でも これらの結果は 修正点を探すテストみたいなものです。

 

目的地が入学試験だとすると 今伝えている結果は

学校での 中間・期末テストだと 思ってください。

修正点を探すポイントです。

 

でも 運動においての 結果は

考える必要はありません。

 

ナイスレシーブを脳が覚えていきます。

ミスレシーブは 忘れていってくれます。

 

上達に大切なことは

 

手段を使って 自分のイメージのプレーに集中する。

そして プレーによって出た結果は 確認するだけ。

 

こういう練習を続けてみてください。

 

そして 1週間とか 1ヶ月とかの単位で

それまで 出来なかった事。出来ないと思っていた事が

出来るようになった。出来ると感じられるようになった。

 

この部分を 見つけるようにしていってください。

この変化が 上達したということです。

 

この変化が 自信へとつながります。

1つ1つの結果に左右されることなく

自分のイメージのプレーを求めることです。

 

この目的地をしっかりと 持てるようにしましょう。

旅行だって 目的地が決まらないと 

どうやっていこうか?決まらないし

修正だって出来ません。

 

みんさんは イメージ出来る目的のプレーありますか?

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんばんは!!

 

ブログへのお立ち寄り ありがとうございます。

 

 

今日は 上達クラブの日でした。

やる気まんまんの 子供たちが集まりました。

 

今日は 自分たちでやる練習を行いました。

 

まずは パス レシーブ。

レシーブの基本は 対人レシーブ。

 

これが 上手に出来るようになることが

何よりも 簡単に速く上達出来るようになります。

 

時度と止めて 構えに意識を向けたり

相手が打つ瞬間に意識を向けたり

自分が上げたボールに意識を向けたり・・・

 

これまで 教えて来た内容を

確認しながらの 練習にしました。

 

構えのチェックは 自分たちで

しっかりと やっていました。

 

今日は スパイクのステップに

私の意識を向けてみました。

 

無駄なステップ。

間違ったステップに対しても

意識を使いました。

 

間違ったステップは

無意識だと 元のステップに戻りますので

特に意識が必要です。

 

意識の延長が 自然な動きへとつながります。

 

無駄なステップは 片足で立つことで

簡単に 良くなってきました。

 

癖は 意識する事でしか 変えられません。

ステップに意識を向けるのではなく

ステップを始める所に 意識を向ける。

 

準備が変われば ステップも変わってきます。

 

ステップや フォームをいくら 教えても

なかなか 変化はありません。

 

意識するポイントに 意識をむけてもらう。

ここが 大切です。

 

もっともっと いいポイントを伝えられるように

表現力と アイデアを磨きたいと思います。

 

指導も練習が必要です。

イメージトレーニングも 練習の1つ。

 

教えるイメージトレーニング 続けます。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんばんは!!

 

ブログへのお立ち寄り ありがとうございます。

 

先程 メール講座の内容を送信しました。

届いていない方は 連絡ください。

 

さて 日曜日の上達クラブ。

参加者が 少なかったのもあり

全員の手首に あることをやりました。

 

その結果は まず セッターの選手の

トスが 高く上がるように変わりました。

 

本人たちは あまり 感じていませんが

周りで見ていると 前より 飛んでいる。

 

次にスパイク。

 

明らかに ボールの音が変わりました。

これまた 選手は 気付いていません。

 

でも 気持ちよくは 打てたようです。

 

本人が感じていないということは

意識していないということです。

 

バレーに集中するという意味でも 大事なポイントです。

 

みなさんも 上達クラブに参加して

無意識に上達していく方法を 知りたくはありませんか?

 

毎週日曜日に 高崎市内で開催しています。

参加出来ない方には 教えた内容を メールで届ける

メール講座というシステムもあります。

 

7月から 次のシーズンに入ります。

興味をお持ちの方は

 

今のうちに・・・・

 

kyosukes2@yahoo.co.jp  末光まで お問合せください。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんばんは!!

 

ブログへのお立ち寄り ありがとうございます。

 

 

今日は 1週間ぶりに

お手伝いのつなぎ指導者として

練習試合に同行しました。

 

練習試合は 勝ったり負けたりでした。

 

最初に私は 宣言しました。

私は監督ではないので 勝ち負けにはこだわりません。

ただ 上達してもらうのが 私の仕事だから

上手くなるように 意識してやってもらいます。

 

今日は セッターをチームとして育てよう。

相手チームは ブロッカーが3人います。

 

指導しているチームは 両サイドからスパイクが打てます。

 

そこで セッターへの課題は

ブロックが 1枚になれば いいよ。

2枚飛ばれたら 考えよう。

 

これまで あまり バックトスを上げなかったセッターなので

意識して バックトスを上げるように指示をしながら

ブロックの動きを セッターとして感じる意識を持ってもらいました。

 

もちろん ミスもします。

 

でも やろうとしていることは間違っていないから

どんどんチャレンジしてみよう。

 

レシーバーにも セッターがブロックを振れるように

正確にセッターに返す意識を もってレシーブしてもらいました。

 

なかなか 面白いトスワークが 出来るように変わりました。

ミスをすると 安全牌・・・になってしまいますが

チャレンジの意識を 持ち続けてくれるように なりました。

 

2ヶ月前 この繋ぎ指導を始めた時には

コートにボールが ポトポト落ちていたチームが

繋いで トスにして 攻撃出来るように変化しています。

 

まだまだ レシーブを弾きます。

でも 触っていれば 次の段階として正確に返すへと

変化することが出来ます。

 

ボールを落としている選手に 教えることはありません。

でも 触って弾いているんなら

教える事も 伝える事もたくさん出てきます。

 

午後 監督もコーチも みんな来てくれて

いつもの 形に変わりました。

 

監督が来てから ミスは減りました。

ただ スーパープレーも 出なくなりました。

 

監督が 勝敗の責任を持ちます。

だから これで いいのです。

 

ただ 終わった後には 選手たちに伝えました。

監督が来てから それまでの意識と違ったよね。

 

それは 当然なので責めてはいるわけでは ありません。

私から言われて アッと 気付いた顔をしていました。

 

出来るようになったことを もっと使えるようにしていくこと。

大事にしていこうね。

 

今日使えるようになったプレーは

 

オーバーレシーブ。

バックトス。

軌道の低いサーブレシーブ。

 

最後まで 続けられなかったけれども

ブロックを振る感覚のトス。

 

監督にもちゃんと 今日教えたことは

最後に 伝えておきました。

 

僕の指導は 上達。

 

今日も 楽しく指導をさせていただきました。

みなさん ありがとうございました。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんばんは!!

 

ブログへのお立ち寄り ありがとうございます。

 

 

昨日 ファミリーマートカップ全国大会の

県予選が行われました。

 

昨年の暮れまで 指導して

私のチーム事情で移籍した教え子のチームが

見事 優勝で 切符を勝ち取りました。

 

このブログで たびたび登場した

私のお手伝いチームが このチームです。

 

私が手伝ったのは 本当に指導者がいない時でした。

だいたい 土曜日を担当。

 

監督さんもコーチ陣も 昔からお付き合いのあった方々で

暇なら 来てくれ・・・

こんな会話からスタートしました。

 

父兄さんたちも あたたかく歓迎してくれて

すきま指導が 始まりました。

 

4月からなので まだ 2ヶ月です。

私は ベンチにも入りません。

監督と話をするのは たまに お酒を飲むとき。

 

こんな状態でも アイデアを出し合い

監督のイメージを 子供たちに伝えてきました。

 

このチームは 毎年 全国 関東へと進む

常連チームですが 夏の全国は 初めての出場になります。

 

3年前は 私のチームと決勝戦で対戦して

私のチームが勝ってしまったので 行けませんでした。

 

そんなライバルチームのお手伝いをしているのが

不思議ですけど 指導者同士は お友達です。

 

このチームは 不思議なほど 練習試合をやらない。

私もやらない方でしたが ここは もっとやらない。

ずっと 練習をやっています。

 

体力作りにも 時間を掛けています。

2ヶ月で 私が参加した練習試合は2回だけ。

 

その間 大会もたくさんありましたけど。

たくさん練習していました。

 

どちらかというと 量を重視する練習。

そんなチームのすきま指導・・・という事で

逆に 私は私の練習を取り入れました。

 

とにかくつなぐ・・・意識。

 

ライバルの時から ここが弱点と感じていました。

今もその伝統が 生きていると感じたので

ボールは少なく 落とさないようにつなぐ。

 

もう一本お願いしますという感覚の練習をやっていた

選手たちでしたので 不思議な感覚だったようですが

最初の頃に とても 大事な事を教えられるチャンスがありました。

 

それは チームでのシートレシーブを

200回繋ぐという 練習。

 

打つ方も数に数えるので 一番触るのは 私ですけど・・・

 

この練習で 200回目の時

何でもない 簡単なボールが

ポトリと落ちてしまいました。

 

昔の私なら 雷・・・の出来事ですが

そこは すきま 指導者。

 

もうすぐで 200回終わると 思った人?

全員が 手を上げました。

 

良かったね!練習で・・・・

これ大事な試合だったら このプレーで負ける事になったかもよ・・・

 

もう一回には ならないんだよ。

最後まで 気を抜いたら いけないんだよ。

 

試合で 最後の笛が鳴って 挨拶するまでが試合。

集中する事が 大切なんだよ。

こんな事を 話す機会もありました。

 

昨日は 試合の応援には 行けませんでしたが

朝 練習していく・・・とのことだったので

朝練だけ 付き合いました。

 

前の練習の時に 背中にテープ教えていました。

試合までに 貼ってね・・・と お母さん方に 伝えたら

僕に貼ってくださいと 言われたので

貼ってあげました。

 

決勝戦は これまでの予選で全部負けて来た 

高崎のトップチームだったのですが

素晴らしい試合で 勝つことが出来たようです。

 

本当に おめでとうございます。

 

夜 祝勝会に呼ばれて 参加させていただきました。

嬉しそうな笑顔 お母さん方の涙・・・

本当にがんばった結果だったんだと 感じました。

 

準優勝のチームも 高崎のチームです。

新人戦から ずっと一番だったので

とても 悔しい気持ちだと 思いますが

 

まだ 次の関東大会の予選が残っています。

今回は うまく行かなかっただけです。

 

次に照準を合わせ直して 立て直しを図ってくださいね。

 

私は 監督として 本気で全国を狙った時が 2回ありました。

1度は 行けましたが その前の時は 2回戦で負けるという

最悪な結果を 残してしまいました。

 

その時 がっかりしていた自分に対して

本気で怒ってくれた 先輩がいました。

 

お前が 駄目だったから 負けたの。

でも 次にもう一度関東のチャンスがあるんだから

しっかりと 立て直せと激励されました。

 

その後 しっかりと優勝することが出来て

関東大会に進むことが 出来ました。

 

私が負けを引きずっていたら

この関東はなかったと 思っています。

 

負けは負け。これは 結果です。

 

結果は 誰にも解りません。

もう一度 目標を立てて

次の頂点を目指してくださいね。

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。