{72DC8236-60E3-4CD2-A30A-1370A773F2EA}

 
 
 
 
 
 
 
こんにちは。

今日も、私、たかおが

徒然なるままに、感じることを

お伝えしていきたいと思います。
  
  
  
  
  
  
『怒り』というものは、
 
 
全方向、360度に対して、
 
攻撃性があると思います・・・・・・・。
 
 
 
 
 
『怒り』の本質的は役割は、
 
 
『破壊』・・・・・・
 
 
 
 
良い悪いではなく、本質的に『破壊』を
 
もたらすもの・・・・・・。
 
 
 

『怒り』のエネルギーを持ち続けると、
 
 
あらゆるものを、
 
最後まで破壊しつくします・・・・・・。
 
 
 
 

あらゆるもの・・・・・・
 
 
 

そう、
 
 
その怒りを発している
 
『自分自身』までをも・・・・・・
 
 
 
 
 
「その怒りをぶつけて、エネルギーに変えろ!」
 
 

という言葉を聞いたことがありますが、
 
 

『怒り』そのものがエネルギーであって、
 
そのエネルギーを、
 
ぶつけたい対象にぶつけたら、
 

そのものを破壊してしまいますね・・・・・・・(^^;)
 
 
 
 
 
 
 
{4C6CADB7-0035-4251-8D84-AAFF99BDEA3A}

 
 
 
 
 
 
 
 
私が思う、『怒り』の
 
 
もっともいいなぁ~、
 
 
と思う活用の仕方は、
 
 

『怒り』を原動力にするということ・・・・・・
 
 
 
 
 
つまり、
 
 
今ある、自分自身の『殻(から)』を打破し、

そこから飛び出るために使う
 

ということが、もっともよいのではないかなぁ~、
 

と思っております・・・・・・・。
 
 
 
 
 
動き出そうとする、『きっかけ』
 
 
できるといいのではないでしょうか・・・・・・・。
 
 
 
 
 
 
『怒り』はコントロールすることが

難しいもの・・・・・・。
 
 
 
 
そんな怒りの発し方は、人それぞれ、
 
 
また、時と場合によって
 
違っていいと思いますが、
 
 

できるだけ、
 
 
その怒りをコントロールすることができたら、
 
きっといいですよね・・・・・・(*^^*)
 
 
 
 
 
一つのコントロールする方法として、
 
 

「この怒りは、どこに向かっているのだろう」
 
 

と、内観(ないかん)してみると、
 
いいのではないかと思います・・・・・・。
 
 
 
「なんだ、バカヤロー!」
 
 
と、思っているときは、
 
なかなかそういう風に思うことは
 
難しいかもしれませんが、
 
 

少し落ち着いたときに、
 
 
自分自身のココロに対して、
 
振り返ってみるのが、いいのかもしれません・・・・・・・。
 
 
 
 
 
何に対して怒っているの?
 
その怒りの裏にあるものはなに?
 
どんな気持ち?
 
悲しみ?
 
孤独?
 
寂しさ?
 
 
 
 
こんな風に、感じてみると
 
いいのではないかなぁ・・・・・・・
 
 

と、思っております・・・・・・。
 
 
 
 
 
 


その怒り・・・・・・
 
 

許せないという気持ちは、
 
 

自分自身のココロの中の、
 
どんな感情に対して持ったものなのか・・・・・・
 
 
 

その気持ちに対して『怒り』は、
 
 
きっと『打破』するきっかけを
 
与えてくれているのだと思います・・・・・・・。
 
 
 
 
 
 
怒りは、私たちが動きたいという
 
ココロの動きの現れ・・・・・・
 
 
 
 
 
すさまじいエネルギーを持った
 
その怒りのパワーは、
 
 

私たちの人生を
 
 

『大きく変化させる』
 
 
 
きっかけを与えてくれることが
 
きっと、あるのではないでしょうか・・・・・・・。
 
 
 
 
 
そして、そのきっかけによって、
 
 
自分自身の気持ちに気付き、
 
歩みだそうとしたら、
 
 

なるべく、その怒りをすみやかに手放すこと・・・・・・
 
 
 
 
料理をするときにつけていた火は、
 
いつもつけっぱなしということはなく、
 

火を消し、火事のものにならないよう、
 
元栓を閉めるように、
 
 

 
その『怒り』という燃えさかる炎は、
 
 
ややもすれば、引火し、
 
他のものに延焼しかねません・・・・・・・。
 
 
 
 
 

そのためには、『怒り』というものの
 
本質に気が付くこと・・・・・・・
 
 
 
 
 
怒りの本質は『破壊』であり、
 

そのような破壊が
 
『創造』をすることはありません・・・・・・
 
 
 
 

しかし、その怒りが手放せないからと言って、
 
焦る必要もないのかと思います・・・・・・。
 
 
 

もし、怒りが手放せないのであれば、
 
 
まだ、『打破』すべきものが、
 
残っているということ・・・・・・。
 
 
 
 
 
そのような時は、有効な外からの力を借り・・・・・・
 
 
 
好きな場所、好きな人、好きな時、
 
好きなこと、好きな食べ物・・・・・
 
 

などの力を借り、
 
 
 
なるべく、怒りが燃え広がらないように、
 

その炎を少しずつ、おさめつつ、
 
 
 
焦らず、ゆっくりとその『怒り』を

解放していけたら
 
 
いいのではないでしょうか・・・・・・・。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
{BFF65D30-FBD6-4471-9094-210129D6A563}

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

『創造』の前には
 
 
『破壊』がつきものですが、
 
 
 

『破壊』のための『創造』もいいのかもしれません・・・・・・。
 
 
 
 
 
 
そんな『破壊』によって、
 
 

いろいろな『創造』が生み出され、
 

世界が広がっていくということもある
 
 
 
のかもしれません・・・・・・・ね(#^^#)
 
 
 
 
 
 
だから・・・・・・
 
 
 
『破壊』と『創造』・・・・・・
 
 
 
 
どちらが先で、どちらが大切ななんて、
 
気にする必要はなく、
 
 
 
本当は、
 
 
それぞれの後ろに、
 
それぞれが、控えている・・・・・・
 
 
 
 
 
つまり、『破壊』『創造』
 
 
 
 
『表裏一体』の関係
 
 
なのではないか・・・・・・・
 
 
 
 
 
そのように感じております・・・・・・・。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

私たちが感じるすべての感情は、
 
 

何一つとして、無駄なものはありません・・・・・・。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
すべてが、
 
 
 
その時々で必要と感じているからこそ、
 

そのような感情が沸き上がってくるもの・・・・・・。
 
 
 
 
 
『怒り』
 
『恨み』
 
『憎しみ』
 
『憤(いきどお)り』・・・・・・
 
 
 
 

それらは、
 
 
私たちの『ココロの動き』があるからこそ、
 

沸き上がる感情の一つです・・・・・・・
 
 
 
 
 
 
 
 
そして・・・・・・
 
 
 
 
 
 
 

なにより、
 
 
 
『怒り』というものは、
 
 
 
 
 
もっと愛してほしい
 
 
 
 
 
 
という、ココロの叫びなのです・・・・・・・
 
 
 
 
 
 
 
ね・・・・・・・
 
 
 
 
 
 
 
 
  
 
 
 
{7ECF086A-14C0-41C4-AAD9-EED6B2E1F8A7}

 
 
 
 
 
 
 

  
  
  
  
  
 今日も、最後までお読みいただきまして、ありがとうございます。
  
  
 皆様が、暖かい光に包まれますように・・・・・・
 
  
  
  


人気ブログランキング

AD