{2E8D819E-1599-4190-AF0A-6BCDB48B4B17}

 
 
 
 
 
 
 
こんにちは。

今日も、私、たかおが

徒然なるままに、感じることを

お伝えしていきたいと思います。
  
  
  
  
  
  

お子さんがいらっしゃる皆様は、
 
我が子をどのように育てておられるでしょうか。
 
 
 
 
褒めて育てる
 
 
叱って育てる・・・・・・
 
 
 
 
などなど・・・・・・
 
 
いろいろ育て方はあるかと思います。
 
 
 
 
 
 
 
そのどれもが、
 
決して間違っているという事はなく、
 
 
 
それらが、
 
 
その方に合った方法であれば良い
 
 
のであって、
 
 
 
あまり縛られる事は無いのではないか
 
 
 
と思っております・・・・・・。
 
 
 
 
 
 

一つ、私が大切だなぁと思っている事は、
 
 
 
本や、他の方が言っていることに、
 
 
あまり惑わされないようにするということ・・・・・・。
 
 
 
 
 

例えば、アドラー心理学においては、
 
子供を育てる上において、
 
 
褒めるということも叱るということも
 
してはいけない
 
 
と言われておりますが、
 
 
 

正直言って、
 
 
私はどちらでも良いのではないか
 
 
と・・・・・・(^_^;)
 
 
 
 
 
それらは、あくまでも方法論であって、
 
私が大切ではないかなぁと思う事は、
 
 
 
子供たちに、
 
 
親である私たちの気持ち、心を素直に伝える
 
 
 
と言うことであると思っております・・・・・・・。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
・・・・・・・・・・・・・
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

昨日、私のiPhoneの調子が悪かったので、
 
携帯ショップへ行って参りました・・・・・・。
 
 
 
 
 
そこで、最初に対応していただいた
 
女性の店員さんがいらっしゃったのですが、
 
 
少し、いわゆる仏頂面といいますか(ごめんなさい)、
 
 
 
「どこか調子が悪いのかな?」
 
 
 
と言うような顔をされておられました・・・・・・
 
 
 
まあ、そんなこともあるよな~
 
 
と 、そんなに気にすることなく、
 
 
私は会話を続けたのですが、
 
 
 
 
基本的に、イタイ子能天気な私は(笑)
 
 
そういった店員さんとお話をするときにでも、
 
きっと、
 
 
 
「ヘラッ(´▽`)」
 
 
 
と、笑っているのでしょうね・・・・・・・(笑)
 
 
 
 
次第にその店員さんも、
 
時折笑顔を見せるようになり、
 
 
 
最後私が帰るときには
 
 
とても素敵な笑顔になったのでした・・・・・・(*^^*)
 
 
 
 
 

私がココロを開けば、相手もココロを開く
 
 
 
 
 

目の前にいる人は、
 
 
 
 
緊張しているのかもしれない
 
 
真剣なのかもしれない
 
 
体調が悪いのかもしれない
 
 
人見知りなのかもしれない
 
 
 
 

でも、私が心を開くことによって、
 
 
 
そんな固い相手の心も、
 
 
こんなふうに、
 
 
 
徐々に開いていくものなのですね・・・・・・・(^-^)
 
 
 
 
 
 
 
 
 

・・・・・・・・そして、
 
 
 
 
それは我が子を育てる時も
 
 
きっと同じ・・・・・・・。
 
 
 
 
しつけやマナー、方法論も
 
とても大切なことだと思いますが、
 
 
何よりも私たち親が
 
 
 
子供たちに対して、心を開く
 
 
 
ということが大切になってくる
 
のではないでしょうか・・・・・・。
 
 
 
 
 
そのためには、
 
 
 
 
素直な私たちの気持ちを
 
 
子供たちに伝えると言うこと・・・・・・・。
 
 
 
 

目の前の子供がしたことが、
 
 
 
とても良いなぁ・・・・・・
 
 
 
と思ったら、
 
 
褒めてあげると言うことではなく、
 
 
ただ素直に私が感じたままに、
 
 
 
 
すごいね!!
 
 
 
 
と伝えてあげること・・・・・・。
 
 
 
 
いけないこと、嫌だなぁと感じた事は、
 
 
私が感じた、
 
 
 
 
私は悲しい
 
 
私は嫌だよ
 
 
 
 
ということを子供に伝えてあげること・・・・・・・。
 
 
 
 
 
 
 
 
そして・・・・・・・
 
 
 
 
私が申し訳ないなぁと感じた事は、素直に
 
 
 
 
 
 
 
ごめんね・・・・・・
 
 
 
 
 
 
と伝えること・・・・・・。
 
 
 
 
 
 
 

きっと子供たちは、
 
 
 
 
どんな素晴らしい言葉や、
 
 
どんな素晴らしい考え方よりも、
 
 
 
 
そういった私たち親のココロを感じて、
 
 
育っていくものだ
 
 
 
と、私は考えております・・・・・・・。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
{0D8BAEAF-77C5-4531-9808-B8ACCA41B1A2}

 
 
 
 
 
 

そして、
 
 
とっても大切だなと思う事は、
 
 
 
 
子供たちに何かをしてあげよう
 
 
 
 
と思って接するのではなく、
 
 
 
 
子供たちに、ただ同じ人間として
 
 
私たちの気持ちを伝えよう
 
 
 
 
と思って接すると言うことです・・・・・・。
 
 
 
 
 
 

親として、子としての立場の違いはありますが、
 
 
あくまでも、親子といえども、
 
 
 
1人の人間同士・・・・・・・
 
 
 
 
 
1人の人間としての尊厳を大切にし、
 
 
子供よりも私は少しだけ人生の先輩
 
 
 
 
というような気持ちを持って、
 
 
 
親子でも、対等なんだ
 
 
 
と言う気持ちを、
 
心のどこかに持つということが、
 
 
大切なのではないかなぁ~
 
 
 
と、感じております・・・・・・(*^^*)
 
 
 
 
 
 
 
 
 

小高い丘の上にある景色は見えないように、
 
 
 
私たちの心が、
 
子供たちよりも高いところにあると、
 
 
そんな私たちの気持ちや思いも
 
 
子供たちにとって見えないのではないでしょうか・・・・・・・。
 
 
 
 
 
 

小高い丘の上は、眺めも素晴らしく、
 
 
風が心地よいかもしれませんが、
 
 
 
 
そんな丘の上から少し降りてみて、
 
 
 
 

土の香りや、風にそよぐ草や花を眺め、
 
 
 
草花にそっと話しかけてみるのも
 
 
 
 
 
良いのかもしれませんね・・・・・・・(*^-^*)
 
 
 
 
 
 

そんな草花の様子を見てあなたが喜ぶように、
 
 
 
 
その草花たちも
 
 
きっと喜んでいるに違いありません・・・・・・。
 
 
 
 
 
 

しかし、
 
 
 
 
子供たちと接すると言う事は、
 
きれいごとだけではなく、
 
 
 
ときには腹が立ったり、
 
 
イラついたりすること
 
 
 
も、もちろんありますよね・・・・・・(^^;
 
 
 
 
 
 
ですので、
 
 
 
いつもそんなフラットな自分でいる
 
 
ということができないかもしれませんが、
 
 
 
 
 
少しずつ、
 
 
 
できることを、できる時から
 
始めてみるのが良いのではないかと、
 
 
 
思っております・・・・・・・。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

子供たちはとても純粋で、無垢な存在・・・・・・・
 
 
 
 
 
そんな無垢な存在である子供たちは、
 
 
私たちの心を敏感に感じ取り、
 
 
 
 
そして
 
 
 
その奥にある私たちの想いに
 
 
気づくことができるものだ
 
 
 
と感じております・・・・・・。
 
 
 
 
 
 
 

真っ白な子供たちの
 
 
 
 
『ココロと言う名のキャンバス』
 
 
 
 
に、彼らは一体、
 
 
どんな素敵な絵を描くのでしょうか・・・・・・・?
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そんな子供たちに対する、
 
 
素敵なサポートができたら、
 
 
 
 
とっても良いですね・・・・・・・(´艸`*)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

そんな子供たちがキャンバスに描く、
 
 
 
ココロの絵画・・・・・・・
 
 
 
 
 
 
 
 
きっと、ステキな絵になりそうです・・・・・・・
 
 
 
 
 
ね・・・・・・・・
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
{6DE61297-5147-4BE3-827B-2B6FDB5C1AE2}


  
  
 
 
 
 

  
  
  
  
 今日も、最後までお読みいただきまして、ありがとうございます。
  
  
 皆様が、暖かい光に包まれますように・・・・・・
 
  
  


人気ブログランキング

AD

コメント(3)