稲田佳世の「今日はどこにいるのかな」

潜在数秘術協会認定講師、アイアイ講座認定リーダー、LilyAnトータルサポーター 稲田佳世の「自由に生きる」ブログです


テーマ:
日本トータルセラピー協会/LilyAn(リリアン)
トータルサポーターちゃりんこカヨくんこと
稲田かよのプロフィールです!


公式なプロフィールは、公式サイト↓にあるのですが
日本トータルセラピー協会/LilyAn スタッフ紹介


ここでは、も少し詳しいものを・・・。

潜在数秘術でいうところのオール「9」

LP ・・・潜在的な能力も 「9」
D ・・・使命も 「9」
S ・・・魂が求める至福の状態も 「9」
P ・・・外からの見え方も「9」
ついでに、
M ・・・人生の果実も 「9」


そんな私の人生ってこんなんだったよ~~ってとこを
書いてしまおうと思います♪


長い文章になりますが、
もし、ご興味のある方はお付き合いください♪♪

それでは、はじまり、はじまり・・・\(^o^)/


*******************************

「シンプルに生きる」

これが私の「種(Be)」です


何をするときも
「今のワタシはシンプルに生きているか?」と
自分の中にいる小さな私に、問いかけながら生きています。


得意なことは
「目に見える具体的な形にすること。」

人の思いや考えを形にするサポート
これが私の役割です。



というわけで、職業は
トータルサポーター♪(*^ー^)ノ
「奪わないでサポートする」を信条としています。


16年間の国家公務員(大学勤務)
その後フリーでIT事業、セミナー事業などを経て

2012年5月に、日本トータルセラピー協会/LilyAnへ。

そして
2014年2月設立の「一般社団法人虹の和」では
副代表を務めさせていただいております。


2012年の時点で、
LilyAnのオーナーである浅井ゆりと
「こんな世界があったらいいね~」と
話をしながら作り上げたのが


 「虹の和プロジェクト」

(この構想は、ゆり先生の中に
もう何十年も前からあったのですが。^^)

虹の7色が調和しているように

◎人々も互いに認め合い、尊重しあい、分かち合う世界

◎ご縁が繋がり美しいハーモニーを奏でる世界

◎あなたがあなたらしく存在することで、調和する世界

一人一人の心が平和で、愛と喜びに生きることができる世界
「虹の和ランド」
日本から世界へ広げていくことがテーマ♪


今でもこの想いはかわりません。(*^。^*)




でもね。
ここにたどり着くまでに、私もいろんなことがありました!

そんな私の生い立ちからをご紹介します♪♪


【産んでくれてありがとう】

1970年 大阪万博の年に、福岡県北九州市で生まれました。
父は九工大の一年生。母も、短大生。
当時珍しい学生結婚。
覚悟して産んでくれたことに、感謝でいっぱいです。


【野生児伝説の始まり】

母の実家が家具屋さんで、私の遊び場は、トラックの荷台・・・
ある日はしゃぎすぎて、荷台から転落…
ざっくり切った頭の傷は赤チンで治ってしまいました。\(^o^)/

1973年 父の就職が決まり、一家は静岡県富士宮市
日本一の富士山の麓へ。

3歳から「大地保育」の野中保育園でスクスク育ちます。
大好きな遊びは、柿の木の上に基地を作ることでした。


【野生児としてメキメキ能力を発揮】

<小学校>

放課後は、男子に混じって「石投げ合戦」「陣地取り」
ダンボールと、拾ってきたガラクタを改造し「ダンボールギーニ」制作
富士山の麓の大自然の中を、モリアオガエルの卵を求めて探検

そんな記憶ばかり…(-_-;)


<中学校…実は頭も良かった!?>

嘘です。(笑)
ただ、父が立ててくれた「ヤマ」が見事に当たり、
中1の中間テストで学年1位!
「秀才!」ともてはやされます。

しかし、マグレが続くわけがなく、
1年生が終わる頃には、後ろから数えた方が早いくらいに…(極端だな~(-。-; )

一気に評判が落ちました。
なんとなく他人の目を気にするようになったのは、この頃からかも。


<やっぱり野生児!>

勉強はあきらめて、部活のソフトボールに没頭しました。

人に嫌われるのは嫌なので(笑)、アメ役の副部長に!

(だから今でも「副」のつく役職が多いのかな~~(笑)

昼も、夜も、休日もソフトボールにあけくれ
静岡県の東部大会は、いつも優勝でした。p(^_^)q


<高校生…野生児が、屋内でも大暴れ!>

高校にはソフト部がなかったので、直感で柔道部へ。
面白くて没頭し、インターハイでは愛知・岐阜・三重・静岡の
東海四県大会52kg級準優勝。

全日本チームの合宿にも参加することになり、
山口香さん、古賀稔彦さんに投げられて、快感でした。σ(^_^;)

高校時代にどの試合でも、決勝で対戦していた「溝口紀子さん」は
その後、バルセロナ五輪の銀メダリストに!

彼女との対戦ではいつも、畳に立った瞬間に「負ける」と思っていた
最後までメンタルの弱さが、克服できませんでした。(-。-;



【野生児の恋愛事情】

初恋から、好きになるのは全て女の子でした。(* ̄Oノ ̄*)

とはいっても、小中学校では「友達」と「好きな子」の境がなく
深く悩むこともなかったですね。

思春期になると、男性とも付き合ってみるけど、
違和感いっぱい・・・。 (・・)ナンカチガウ?

「やっぱり女の子の方が好きだな」と気づきます。

でも、それが理由で悩むことはなかった。
悩みは普通の人の恋愛と一緒だったんじゃないかな。\(//∇//)\



【野生児なのにお嬢様大学へ】

体育系大学への推薦を断って、なぜか大阪のお嬢様大学へ
(; ̄ェ ̄)シタゴコロ ナイヨ

児童文学科で、ファンタジー、絵本、詩を学びました。
今も「はてしない物語」「ゲド戦記」などのファンタジーが大好きです。

当時、大学職員だった9歳年上の女性に一目惚れ
そして、猛烈アタック!(笑)
ちゃんとお付き合いするのは、女性では2人目でした(//∇//)


(結局、彼女は結婚してしまったのですが・・・
 これが後々見えないところで影響を・・・(-。-;)



【野生児が国家公務員に!】

本が好きで、司書になりたかったこと、
大学の雰囲気が好きで、大学職員を目指します。
あとは彼女が大学職員だったから(*^。^*)

一念発起して、国家公務員試験を受け、大阪大学に採用。

面接室に入った時の「失礼します(^○^)」の笑顔だけで
採用が決まったことを知り、【笑顔の威力】を痛感しました。


そのまま人事課に配属。
公務員生活16年のうち、12年は人事担当。
主な仕事は「採用時の面接」
コミュニケーションで人を見分ける大切な仕事でした。


【大好きな人を応援する「楽しさ」を知る】

仕事も頑張っていたけれど、
なぜか「C.C.ガールズ」にハマり、追っかけに。

あ~!これかっこよかったな~♪
とにかく COOL で CLASSY な4人


そんな彼女たちを応援するために、
北は北海道、南は沖縄、時には海外まで、
休みになれば出かけていました。

公務員の給料全て、つぎ込んだと思います(; ̄ェ ̄)

このとき、「大好きな人を応援する」という快感を知りました。

C.C.ガールズの追っかけは、なぜか女性が9割!
同性愛の子が半数以上。
(ちなみにメンバー本人たちは普通です!)

今思えば、「生き難い」と感じていた人たちの
集まりだったのかも。

新宿二丁目で働くようになった子や
おなべとしてテレビに出ていた子、
素性を隠して結婚する子もいたなあ、

私は、どちらかというと、
ニュートラルに生きることを選びました。

…というか、深く考えていなかったかな。

いまだに「男性性、女性性」と言われても

?????

どちらでもいいんじゃないかな~という感じです。
こんなところも「9」ぽいのかな。



**************

長くなってしまったので、続きはまた次に・・・
読んでくださってありがとう!!


もし興味をもっていただきましたら、
続きもどうぞ♪♪⇒ちゃりんこカヨのプロフィール 2012年版(2015年改訂!) その2
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

稲田かよ@自由に生きてますさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。