テーマ:フォトリーディング・速読・学習法
2011-12-11 21:43:23

本は読むものではありません!??? キッパリ

★本は○○するものではありません


こんばんは。宝地図の望月俊孝です。
今日のメッセージをお届けします。

★本は○○するものではありません

『本はどうするものですか?』という当たり前の質問をよくします。

 すると答えは当然
『本は読むもの』と
ほぼ100%の人が最初は答えます。

 では
『本は内容を理解するのと、
 内容を人生に活かすものとどちらが大事ですか?』と聞くと

 またまた当然ながら
『理解するのも大事だけど、
 人生に活かせたらいい』と皆さん答えます。

 何を知っているか、理解しているか、はとても大事ですが、
それ以上にそれを活かしているか? 行動しているか? がやはり大事ですね。

 『本は読む以上にそれを活かすことを前提に読むもの』ですね。
特にビジネス書やノウハウ書は・・・。

 すると読み方が変わってきますね。

 4時間かけて240ページの内容を理解することも大事ですが、
もしかしたら、その一部だけでも深く知って、
それを活かすために何をするか? そんなことを
考えるようにしてくれたのが、フォトリーディングでした。

実際、それまでの私の場合は、
本はたくさん読んでいましたが、
人生は全く変わっていませんでした。

それだけの時間をかけるのならば、
その本で大いに学んだことを活かす、
生きることが重要になりますね。

 ところが本の中には
『これをしたら人生が変わるだろう』というものが
1冊の本の中にもあふれ出るほどあります。

その結果、
焦点を絞って何か一つを変えるということができないものです。

 200ページの本から
たった一つのことを変えるだけでも人生は動きだします。

 そして、次の本の中からまた一つ変えるだけでも
さらに人生が加速しだします。

 理解するだけの読書から、
自分にとって重要なことを絞って理解し、
人生を変えていく読書・・・・
そんな能動的な読書に取り組んでみませんか?

★12/24-25(土日)フォトリーディング集中講座を
9カ月ぶりに開催します。この機会にどうぞ!
 http://www.takaramap.com/pr/
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
テーマ:フォトリーディング・速読・学習法
2011-02-06 22:51:38

人生の質を決定的に決めてしまう2つのこととは?

こんばんは!。
宝地図の望月俊孝です。 


ご存知かも知れませんが、
私は『読書中毒』です(*^_^*)


それは『学べば学ぶほど人生の質が高まってくる』
『成長していく』ことを実感しているからです。


そして、高度情報化社会と呼ばれる現代、
優れた情報収集能力と情報活用能力は欠かせませんね。

『情報格差』と『情報リテラシーの差』は
決定的な差となって人生の質を決めてしまいます。


『情報格差』はそのまま収入や地位を決定するポイントにもなります。

そのために私はこんなことをやっています。
⇒ http://www.takaramap.com/pr/


さて、
私のように講演をしたり、執筆をしている人間にとっては
他の人が知らなかったり、気づかなかった
人生に役立つ情報を提供することが
大きな成功のポインとなります。

つまり『情報格差』があるところに
ビジネスが成立しているとも言えるでしょう。


もちろん会社でもトップと新入社員の
『情報格差』は歴然としていることでしょう。
そしてリーダーになる人とそうでない人とでも、、、。

高度情報化社会の持つ特徴と言えるでしょう。


次に
『情報リテラシー(information literacy) 』とは
情報をあなた自身の目的に適用・応用して使うことができる能力のことです。

つまり、「情報活用能力」や「情報加工能力」「情報統合能力」と言ってよいでしょう。


ただ、本をたくさん読んだり、
知識をたくさん取り入れても、
それを活用することができないと意味がありません。


ところが私はセミナーや執筆という情報産業に関わっていながらも、、、、
しかも、たくさんの本を読んだり、
人と会ったりしていたのですが、
この『情報リテラシー』能力が低く、
その情報力を十分に発揮することができなかったのです。

ところが、この10年、この両方のスキルが急激に高まりました。

その秘密が『フォトリーディング』という

人間の脳をフル活用した、まったく新しい情報収集・情報活用法に出会ったからです。

半年ぶりに 私が『フォトリーディング』の講座を行います。
お蔭さまで【20名・定員】のところ既に14名がお申込みいただき、

【残席6名】となっています。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
http://www.takaramap.com/pr/


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

お蔭さまで来週末の
2/11(金・祝)『宝地図・徹底活用セミナー』と
http://www.takaramap.com/seminar/

2/12(土)『著者・講師になって自分ブランドを築く法』は
⇒ http://www.takaramap.com/2010ss/

それぞれ、24名、36名と
満席となりました。
キャンセル待ちが若干出る可能性もありますので、
ご希望の方はメールにてお申し込みくださいね。


今回も最後までお読み頂き、ありがとうございます。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
テーマ:フォトリーディング・速読・学習法
2010-08-03 16:01:21

★どうせ40ページ読むならば・・・

こんにちは。望月俊孝です。
先日TVの番組内で、フォトリーディングという
速読法のひとつを紹介していました。

 私はそのインストラクター資格を持っていることもあって、
あちこちで質問を受けることが多くなりました。
ちょっとしたテクニックで、読書が楽しくなりますよ。

ヴォルテックスで開催のフォトリーディング集中講座は、
私望月と、井元のダブル講師でお伝えしています。

夏季キャンペーンやってます!
使える速読ここにありますよ。

通常価格 105,000円のところ

 【今回限り】9/22-23
 ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★
 特別キャンペーン実施期間中限定
 特別割引 85,000円(税込)
 https://www.lskk.jp/order/form/2705/
 ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

月日: 2010年9月22日(水)
    2010年9月23日(木)
時間: 10:00-19:00
場所: 東京・吉祥寺 ヴォルテックス
※電話( 0422-40-6270 )での、
お申込みは、平日10:00-17:30で受付しています。

TVでも放映された【ミカン集中法】を
使ってビジネスに勉強に
目いっぱい楽しみましょう!


フォトリーディングの創始者ポール・シーリィ氏は
『あなたもいままでの10倍速く本が読める』
(フォレスト出版)の中でこう書いています。

『買った本を第一章より先まで読む人は、
全体の一割にも満たない』と。

つまり二章目に突入しない人がほとんどだ、
と言うのです。

実際に90%の本がそうかはわかりませんが、
確かにいわゆる積読であったり、
ちょっと読みかけてやめてしまっている本も
確かに多いことでしょう。

 さて、仮にあなたが200ページ程度の本を
平均すると40ページほど読んでいるとしましょう。

多分、95%以上の人が、
1ページから40ページまでを読んでいることでしょう。
私も8年前まではそうでした。

でも冷静に考えれば、
同じ40ページを読むとしても、
次の二つの選択があるとしたら

あなたはどちらを選ぶでしょうか?

(A)自分にとって重要か、どうかわからない、
  また面白いかどうかわからない、
  最初の40ページを読む。


(B)200ページの中で、自分が興味を惹かれたり、
 今抱えている課題に対するヒントと思われるところを
 40ページ、ピックアップして読む。

言うまでもないですね。

誰だって冷静に考えれば、
後者(B)を選ぶのではないでしょうか?


 でもそんなことは考えないで、
1ページ目から一言一句読んでいくことを小さい頃から
疑わずに今日まで来ているのではないでしょうか?

そのように信じ込まされているのが
大半の人ではないでしょうか?

さて、とは言っても、
自分の関心が深いところを
カンタンにピックアップはできない。

 もし、その本が面白い本で、
最初から最後まで読みたくなる本かも
知れないではないか、、、
そうなったらどうするの?

ところどころを拾い読みしても、
全体像が頭に入らないから理解が難しいのではないか?

などと言う疑問が出てくると思います。

そんなことにもフォトリーディングは
応えてくれる講座です。



◎9/22-23(水木)東京・吉祥寺で
フォトリーディング集中講座を開催します。
講師は私望月と、井元のダブル講師です。
そして、この月日は特別キャンペーンとして割引対象講座です。
https://www.lskk.jp/order/form/2705/
電話申込は平日10:00-17:30で受付中。 0422-40-6270
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)