買えなかった宝くじ

テーマ:

今日気になったニュースがありました。

これです。



その賞金額が日本のものとは比較にならないほど巨額な海外の宝くじ。数十億円はおろか、数百億円の当選が話題になることも珍しくありません。米国もそうした高額当選の宝くじがある国ですが、販売されているのはスクラッチ式と数字選択式(ロト6のようなタイプ)が主流。専用の売り場ではなく、スーパーやガソリンスタンド、コンビニなどで購入するのが一般的です。

インディアナ州インディアナポリスに住む70歳のチャールズ・アンドリューさんは、そんなコンビニでの宝くじ購入に絡むトラブルで販売店を提訴しています。


米放送局FOX59やブルームバーグなどによると、問題が起きたのは2年前のある日のこと。アンドリューさんは数字選択式の宝くじを購入するためにコンビニ「スピードウェイ」を訪れました。しかしその時刻は販売締め切り(午後10時40分)の直前、あと数分しかないというタイミングだったのです。

それでもまだ購入できるだろうと、アンドリューさんは予め選んでいた数字を購入用紙に記入し、レジに持って行きました。しかし、レジの係員はアンドリューさんへ宝くじの販売を拒否。ほかのお店に行く時間はもう残されておらず、結局、彼は宝くじを購入できませんでした。

これに憤慨したアンドリューさんは、もし番号が当たっていた場合の証明用として購入用紙に自分の氏名をサイン。それを店員に渡して店を後にしました。そして翌日、再びコンビニを訪れた彼は、選んでいた数字がジャックポット、すなわち一等が当選していたことを知ります。金額はなんと1,150万ドル(約10億8,000万円)。


これは確かに訴えたくなる気持ちはわかるね。

だってこの人、世界一運の無い人になっちゃうw

でも、訴えて見事勝利を勝ち取れば、

10億円。


まさに天国か地獄。

AD