前回に続き、今回は入園入学グッズ
第二弾「シューズケース」のレシピをご紹介させて
いただきますね
桜咲く

こちらは現在、当店でお買い上げいただきました
お客様にご希望で、無料レシピを差し上げております。

こちらもレッスンバッグ同様、今回ご紹介する作り方は
レシピとは違った
作り方になります
標準のヵォ(?

レシピのほうでは初心者の方が失敗しにくく
比較的作りやすい方法で記載しており、
こちらは一般的によく紹介されている方法に
なっております
shokopon

作り方が違うだけで、生地の必要サイズや
出来あがりサイズに変わりはございませんので、
作りやすい方法で作っていただけたら・・・と思います。



出来上がりはこちら



では手順です
おんぷ

まずは材料の準備から。

※出来上がりサイズ:たて25cm×よこ17cm マチ6cm


ご用意するもの
 

■表布・・・58×25cm

■裏布・・・58×25cm

■切替布・・・20×25cm

■かばんテープ・・・25mm幅 36cmと6cm

■Dカン・・・(25mm) 1個


1・各パーツ(表布・裏布・切替布)の生地を裁断します。






2・表布と切替布を合わせます。

↑切替布の上下の端を1cm折り、アイロンでおさえ、
表布(おもて)の中心に切替布の中心を合わせます。




3・表布と切替布を縫い合わせます。

↑切替布の上下の端をマチ針でとめて、
端から0.2cmをミシンでステッチします。




4・かばんテープを仮止めします。

↑表布(おもて)の端の中心にかばんテープを置き、
端から0.5cmを縫って仮止めします。



5・短い方のかばんテープをDカンに通します。




6・Dカンに通したかばんテープも仮止めします。

↑先ほどの持ち手になる方とは逆の端の
中心に置き、端から0.5cmを縫って仮止め
します。


このようになります。




7・袋を作ります。

↑表布、裏布、それぞれ中心で中表に折り、
両脇をマチ針でとめます。



8・両脇を縫います。

↑端から1cmを縫っていきます。





↑裏布の片方の脇は返し口(8cmくらい)を
残してください。



9・表布・裏布にマチを作ります。

↑脇の線に対して直角に6cm線を引き、
ミシンで縫います。
約1cmほど残して、余った角をハサミで
カットします。



10・袋口を縫い合わせます。

中表になるよう裏布の中に表布を入れ
袋口をあわせたらマチ針でとめます。
縫い代はどちらも後ろ側に倒します。

(写真は「裏」になっていることをわかりやすくするため、
表布の中に裏布を入れておりますが
どちらでも作れます。ただ返し口から返す時に
裏布の中に表布を入れる方が返しやすいです)



↑端から1cmをミシンで縫う。



11・返し口から表に返します。

↑返した後は、角がキレイに出るよう、
目打ちを使って出すとキレイに仕上がります。




12・袋口をミシンでおさえます。


↑袋口の端から0.2cmをミシンでステッチします。



13・返し口を縫い閉じます。



↑手縫いでまつり終えたら、裏布を中に戻します。






これで完成です。



次回は体操服入れをご紹介する予定です
ペコリ





AD

コメント(2)